チーズの勉強会 2012年1月

DSC01150_20120129125624.jpg


日本から戻って1週間、1月最後の土曜日のパリは分厚い雨雲、灰色の空。

暖冬と言われる今年でも、この日は手が少しだけかじかみました。


メトロの雑踏に紛れると、わずかな緊張感と自立心が芽生えます。










DSC01146_20120129125625.jpg

午後一番にヴァンセンヌのネイルサロンへ。

逆フレンチ、シャンパーニュカラーにシルバーとゴールドのラメで泡を散らしていただきました。

ネイリストMさんとおしゃべりが弾む2時間半。

手に触れていただくことで、人の手にかかる、不思議な「気」を感じる空間。


DSC01149_20120129125624.jpg


黄色い水仙がお花屋さんの店先に可憐に並んでいたので、久田先生へのご挨拶に1鉢。

抱えてメトロに乗ると、「それ、僕にくれるの?」と見知らぬ人から話しかけられます。


DSC01151_20120129125624.jpg

17時から、数ヶ月ぶりにチーズ王国熟成師久田早苗先生のチーズセミナーへ。

文豪モリエールの像がそびえるリシュルー通り。



早苗先生とりくちゃんと

先生は髪の毛が伸びてアップにしておられました。 変わらない温かい笑顔と再会を喜びます。

お孫さんのRくんも大きくなっていました。


DSC01154_20120129125623.jpg

桜かな?と思ったのは、アーモンドの枝。

この日は早苗先生セレクトの、新春にふさわしい10種類のチーズをお勉強。


DSC01156.jpg

テーブルにセットされたペーパーナフキンもチーズの柄。


DSC01161.jpg

「SAKURA MOCHICO」

ネーミングがほほえましいフロマジュリー・ヒサダオリジナル開発のモッツアレラ。

つきたてのお餅のような感触と、桜の葉の上品な香り。


DSC01166.jpg

「BROCCIU FRAIS」と「BROCCIU AFFINE」

コルシカ島の山岳地帯を走り回る足腰の強い羊の乳から作られます。


DSC01167_20120129131556.jpg

食べ比べると違いが歴然。

フレッシュタイプはミルクの甘味、乳糖=ラクトースをはっきりと感じます。


DSC01168.jpg

貝殻でスタンプされた「LE COMPOSTELLE」

ミディ・ピレネの巡礼地、逸話の残るご利益がありそうです。

禊のロカマドールを大きくした状態。


DSC01158_20120129133448.jpg




白ワインは、日本・山梨県の白百合酒造の甲州。

明確な酸のキレが、ロワールのソーヴィニヨンにも似た味わい。


DSC01170.jpg

「EMMENTAL NOIR」

砂岩熟成と呼ばれる、天然の洞窟で育つスイスのチーズ。

フランスのエメンタールとは異なり、砂岩に含まれる菌の働きで外皮が黒くなるとか。


DSC01171.jpg

「PETIT COMTE」

通常のコンテが40キロ、これはわずか7キロというミニサイズ。

12ヶ月の熟成でも、通常サイズの24ヶ月をしのぐSEC。


DSC01172_20120129132525.jpg

ハートが可愛い「NEUFCHATEL AU LIN」


DSC01173.jpg


白カビチーズの中に、麻の実が入っています。


DSC01174.jpg

ここでボルドーのまろやかな赤ワインに切り替わり、


DSC01175.jpg

「BRIN DU MAQUIS」

外皮にローズマリーや唐辛子がまぶされたコルシカの羊のチーズ。

外側と対極の、中は色白。


DSC01176.jpg

砂をまぶしたエポワース、「AISY CENDRE」

ねっとりしたオレンジ色のリナンス菌の発生が砂の効果で止まった状態。


DSC01182.jpg

最後は青かびチーズの王様、「ROQUEFORT」。

現在はわずか6社の独占。そのうちの3社を食べ比べ。

ソシエテ、パピヨン、リベラシオン。

青かびの密度も、色も、表情がまったく異なる3タイプ。


DSC01187.jpg

2時間、チーズに集中。 脳だけでなく、胃で学ぶ楽しさ。

早苗先生、パワフルなレッスンをありがとうございました。








木曜日からパリでのCEPAGEも始まりました。

毎日8人の輝く瞳と唇がテーブルを盛り上げてくださっています。








1月の日本でのCEPAGEの様子を、川崎・旭屋マダムのマサヨが楽しいブログの記事にしてくれました。

にぎやかな乾杯写真、裏で支えてくれる友達の有難みをあらためて感じます。



元気を飲み食べ、発信する。

今年も仕事をもっと好きになろう。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗なネイル♪

 ミホちゃんの白魚のような指に、逆Frenchネイルがとても綺麗ですね、私もまねっこしちゃってもいい?ネイルが決まると、テンションあがりますよね。ネイルサロンやヘヤーサロン自分磨きの時間は本当に癒されます。
 私もヒサダのチーズ大好きです!ワインのお勉強の一環でチーズのお勉強も欠かさず(ただの食いしん坊なわじゃないし)偉い!ワイン関係って考えると関連したことがたくさんあって楽しいですね。一つ知るとその先が知りたくなり、そのまた先へと、向学心が進み勉強は終わりがありませんが、それも楽しみかな? 今年もみほちゃん絶好調でスタートですね。風邪引かないように気を付けてくださいませ。

待っていました!!

チーズセミナーの様子、楽しみにしていました!!

>ご挨拶に1鉢
ミホさんのお人柄がうかがえますね。
さりげなさがとても素敵。

アーモンドの花、初めて拝見しました。私も桜かと思ったしまった。
可愛いですねぇ。

ナプキンも目が釘付け!!可愛いい。
わたし、ナプキンを集めるのが大好きなんです。

そして、拝見するのが楽しみだったチーズ。
ハードタイプから、ウォッシュまで、お味をみるのが楽しそうですねぇ。
こちらのモッツァレラ、一度味わってみたいです。すごくおいしそう。

目の保養、ありがとうございました。

レッスンも始まりましたね。頑張ってくださいね。

おそろいで♪

☆Melissa さん

逆フレンチ、今回初めてお願いしてみました。ぜひご一緒に。Melissa さんが過去になさったネイルは写真には収めてないですか? あれば、いつか見せてくださいね。
おしゃれなMelissa さん、ネイル情報だけでなく、化粧品やエステ事情も教えてください。

「食」の勉強、ワインもチーズもその土地の表情が味わえる楽しい教材だと思っています。

こうして書いていると、またMelissa さんを笑いあって飲みたくなってきました。


ペーパーナフキン

☆さつきさん

私もずいぶんと集めています。葡萄柄やワイングラス、コルクの柄など。日本にもいろいろありますね。

「さくらもちこ」のモッツアレラは、来月の日本酒CEPAGEで生徒さんたちと一緒にいただく予定です。

2月のチーズセミナーはオーベルニュ地方だそうです。ちょうど日本から来る友人たちと一緒に参加予定です。さつきさんも来ればいいのに♪


No title

行っちゃおうかなぁ・・(笑

息子が独立したら、こんな風にぶらっとミホさんのところに行きたいなぁ。

ブドウの小物、今度から私も目が行きそう。なにかあったらゲットしておくますねっ。

No title

みほさん

 貧乏暇なしで、このところ仕事を掛け持ちしていてPCの前に座るのも久しぶり。
みほさんは、もうパリに帰ってたんですね~(@_@;)

 アーモンドの花、素敵ですね。実はよく食べますけど、花のことを考えたことはなかったです。
勉強になります!

 もう1月も終わりますね。まだまだ寒い日が続きますが、お身体ご自愛くださいませ!

                                                  y-じゅんより

キラキラ

キラキラの爪が美しいです☆
先端がキラキラしてるのって大事ですよね~髪の先とか・・睫毛の先とか・・。

チーズセミナーの記事、毎回写真と説明を楽しんでます☆
想像するだけでも、涎がでそうです。
牛の置物みたいなのがかわいいです。




ぶどうの小物

☆さつきさん

毎日寒くて今朝も凍えておりますー。日本も雪が多いみたいですね。

いつでもぶらっと来て下さい。息子さんが独立したらなんて先の話じゃなくても、明日にでも♪

葡萄の小物、さつきさんのセンスでぴぴっと来るものがあったらぜひお願いします。

驚いたこと

☆y-じゅんちゃん

1月21日土曜日に羽田からパリへ戻る機内で、N野さんと偶然の再会を果たしました!
ぜんぜん変わってなくて、R4のドアサイドで声をかけてもらってびっくり。

みんなも元気だってことを聞いて、ますますあの時代が懐かしくなりました。

何年何十年のブランクがあっても、またすぐに手を取り合える、抱き合える関係って嬉しいね。

日本も寒そうだけど、風邪引かないでお仕事頑張って。3月に会えるのが今からとっても楽しみです。





チーズの小物

☆likisukeちゃん

横浜も冷えているようですね。本気おしゃれするには、今の季節は大変だ。

キラキラ、ツヤツヤ、努力しないと自然発生しない要素なので、まだまだ頑張りますよ。

がちゃがちゃと忙しい毎日の中で、ケアを怠るとすぐに手先もささくれるし、髪の毛も枝毛になる。かさかさにならないように、落ち着いてハンドクリームをすりこんで自分の手を眺めてみる余裕が必要かもしれません。

このチーズセミナーはお店の2階での開催で、牛の小物、チーズの置物、チャーミングな雑貨があちこちに配置されています。
ワイングッズと一緒で、チーズも可愛い!








プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク