いつもの店のいつもの幸せ

DSC01351.jpg

少しずつ育っていたヒヤシンスの球根が勢いよく開花した朝。


光の差し込むほうへ、重なり合って寄り添ってハートを形作っていました。




DSC01314_20120209031835.jpg

仕事のあとで、家の近くのおなじみのビストロBELISAIREへ。

この日は息子も一緒に会食に参加。 


レストランからメトロの駅へみんなを迎えに行くのはもちろん彼の役目。


DSC01316_20120209031835.jpg


奥の部屋に案内されて。


DSC01317_20120209031835.jpg


グラスとカトラリー、糊のきいたリネン。にぎわいの前の整列。

華美でなくても、温かみのあるテーブル。


DSC01320.jpg

7人が着席して、乾杯! この日も精力的にパリを動き回ったみなさん。


DSC01330.jpg

白ワインはビストロのソムリエ氏の出身地、ブルゴーニュのサンブリ。

シャブリ地区の2003年AOCで、品種はソーヴィニョン・ブラン。


DSC01322_20120209031834.jpg

黒板の手描きのメニューから、それぞれに好きな前菜を。

私が選んだのは「サーモンと鯛とアボカドのタルタル」


DSC01327_20120209033516.jpg

手長エビのリゾットや、イバイオナの生ハムや、フォアグラのビーツなど、みんなで分け合って。


DSC01339_20120209033516.jpg

赤ワインはロワールのソーミュール・シャンピニィ。


DSC01333_20120209033515.jpg

地鶏のローストはズッキーニのピュレと共に。


DSC01336.jpg

フランス産の巨大な牛フィレステーキ ベアルネーズソースのボリューム感に大喜び。



DSC01344.jpg

デザート、イルフロッタン。キャラメルとアーモンドが香ばしい。

中から木苺のクリームが流れ出るモワルー・オ・ショコラも人気。


ベリゼールでの集合写真

わいわい、にぎやかな大テーブル。 


ムッシューも交えて

お店のムッシューは息子が小さいときから知っています。



DSC01363_20120209034827.jpg

翌日も19時半にモンパルナスに集合し、まずはブルターニュのクレープ屋さんへ。


DSC01357.jpg

シードルは1リットルの水差しで、どーんと。

可愛いカップに注いで、カンパイ! あっという間に3リットルが空っぽに。


DSC01361_20120209034827.jpg

サクサクに焼きあがったそば粉のクレープ。 中にはベーコン、玉ねぎ、チーズと卵。

それぞれが好きなものを1枚ずつ。



DSC01364_20120209034826.jpg


小麦粉のおやつクレープも3種類をみんなでつついて。


DSC01368.jpg

モンパルナス墓地の横を足早に、ビストロCHEZ PAPAへ。

見上げた夜空に、狼がほえそうな月。


DSC01371_20120209035846.jpg

南西地方のマディラン。 体の芯から温まろう。


DSC01369_20120209035846.jpg

艶やかな渋みでカンパイ!


DSC01374_20120209035711.jpg

名物、シェ・パパサラダ。

砂肝やレバー、シェーブルトーストやニンニク風味の揚げたじゃがいもがサラダ菜の上に積み重なって。

「このボリュームは日本では無いですね」


DSC01375_20120209035845.jpg

バベットのステーキ・胡椒のソースや、ピペラードをモリモリと。


DSC01378_20120209035845.jpg

ハム、サラミ、田舎風パテの盛り合わせも。



雪の中で


真夜中、雪が舞う店の前で固く握手をしてお別れ。

3日間、夜の胃袋を共に満たした友達。

今頃は、機内でぐっすりでしょう、パリに来てくれてありがとう。








初夏には新たなコラボを一緒に企画する予定です。

息子と私、横浜とパリの「いつも」を広げていける喜び。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薄紫&ブルー

ピノちゃんおはようございますv-481

ヒヤシンス、Rikoちゃんv-300からのプレゼントですよね
Rikoちゃんのお好きな色v-351が美しいv-411

私の部屋の水栽培のヒヤシンスは今花芽がふっくら膨らみ始めた所ですv-433

パリv-498の素敵な時間を拝見するたび羨ましくて溜息v-355です。

最後の雪v-276越しの写真、凄く綺麗v-352

食べっぷり

モンパルナスの月が、ミステリーの始まりのようです。
本当にいい食べっぷりですね~☆
食べることが大好きな人たちと囲むテーブルは力が沸いて、生きてるって感じます!
雪が降って寒そうですが、これだけ食べてたら大丈夫ですね~・・~!

サクサククレープ、食べてみたいです。

楽しそう!!

またまた楽しそうで、美味しそうすねぇぇ。

サーモンと鯛とアボカドのタルタル、「もうこの組み合わせなんなのぉぉ!!たべたーーい」と叫んでしまいそう(笑

ヒヤシンス、私も育ててみたくなっちゃいました。とっても可愛い可憐なお花ですねっ。
愛が沢山詰まっている感じ。

こんばんは。

雪が舞うパリで撮る集合写真、凄くステキですね~♪
思い出の1枚ですね!
夜の胃袋を満たした3日間・・・これまた思い出の3日間!
楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
クレープも美味しそう♪

りこちゃんヒヤシンス

☆小鞠ちゃん

じーっとおとなしくしていて、朝、ぱーっとひらいている姿を見て感動でした。
理子ちゃんはピンクだと思い込んでいたようでしたが、淡い紫がしっとり、香りはひときわ華やかでした。

小鞠ちゃんのブログも以前の勢いを長編で、美味しそうなボトル、ご馳走の数々に楽しませていただいています。

最後の雪の集合写真、お店の方に撮っていただきました。あとから見て、こんなに降ってたのね、と驚きました。
体の中から温まるごはん、この冬もまだまだお友達と食べ続けます。



胃拡張

☆likisukeちゃん

月と雲、確かにミステリーっぽいです。現実は大食いフードファイターバラエティのような物語が展開されていました。

この3日間の夕食で、また贅沢なお肉をずっしり身にまとってしまいました。

そば粉のクレープ、日本のものよりもだいぶ大きく、食べ応えがあるということでした。
モンパルナス界隈にいいお店がたくさんあるので、ここも一緒に行きましょう。
シードル、いくらあっても足りないと思うわ。

アボカド

☆さつきさん

タルタル、お魚の新鮮さもよかったし、アボカドの熟し具合も絶妙でした。この店は重たくなくて、気さくなお皿がいろいろあります。

ヒヤシンス、全部開いて茎も伸びて、今はちょっとおじぎしながら窓辺でいい香りを放ってくれています。ベランダは凍っているから「趣味の園芸」はとうぶん出来ないけど、室内には
いつも花をおきたいです。



本日は快晴です

☆kashちゃん

この日は本気で寒かったです。帰り道、カズタと途中まで小走りで、タクシーを見つけて飛び乗りました。いつもなら余裕で歩ける距離が、この日は頭がきんきんするほど寒くて。

クレープは前菜扱いで、メインはビストロの大盛りの料理でした。さすがにみんな後半はフォークを持つ手が止まっていました。

kashちゃんも次のパリはこのコース、ご一緒しましょうか。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク