親しさを深めるお皿たち

DSC01974_20120228165808.jpg

日本からいらした友人をご案内するのは、いつも行き慣れたお店。

自宅から徒歩圏のビストロ、パリ14区の「LES PETITS PLATS」。

夜のコースは前菜、メイン、チーズ、デザートの中から4品選べる自由なシステム。

前菜4つでも可。


この日は前菜2皿、メイン1皿、デザート1皿をいただきました。




DSC01978_20120228165807.jpg

スタートは、いつもコレ。ドラピエのBRUT ZERO、超辛口のシャンパーニュをボトルで。


DSC01977_20120228165807.jpg

Pちゃん、Kちゃん、あらためてパリへようこそ。

地元横浜の仲良しMWちゃんのお友達。 前日はチーズセミナーにご一緒しました。

日本のCEPAGEにもご参加いただいています。


DSC01979_20120228165807.jpg

アミューズは優しい味付けのリエット。


DSC01980.jpg

Pちゃんの最初の前菜は、レンズ豆のスープ。 


DSC01981_20120228165806.jpg

気さくでハンサムなオーナーが、話しかけながら注いでくださいます。


DSC01983_20120228171217.jpg

Kちゃんは、パテ・ド・カンパーニュ。スパイシーなチャツネが添えられて。


DSC01982_20120228171217.jpg

私は白身魚のマリネ。オレンジ色の野菜は薄切りの生のかぼちゃ。中にはクリームチーズが巻き込まれています。



DSC01988_20120228171216.jpg

2品目の前菜は、3人とも同じ選択。今日のおススメの「子牛のタルタル」。


DSC01976_20120228171708.jpg

グラスワインも小さな黒板に。

迷っていると、オーナーがそれぞれのメインにあわせた1杯を運んできてくださいます。



DSC01996_20120228172007.jpg

Pちゃんのメインは、リ・ド・ヴォー。


DSC01993_20120228172006.jpg

Kちゃんは、マルセイユ出身のシェフの郷土料理、臓物の煮込み。


DSC01991.jpg

私はスズキのポワレ。お魚の下には、そば粉のクレープに包まれた野菜。


DSC01998.jpg

お水のボトルはアメリカのデッドストック。


DSC02002_20120228172005.jpg

KちゃんとPちゃんがめいめいに選んだのはガラスのポット入りのプリン。

ピスタチオのガナシェと一緒に。

日本でいただくデザートの5倍入っているような量。


DSC01999.jpg

私は、パリブレスト風エクレア。キャラメルソースがほろ苦くて絶品。




翌日から二人はロワール地方へ旅立っていきました。

友達の友達は、新しい友達。

知り合いで止まらずに、友達の域へ。





ご縁があって出会えたなら、もっともっと仲良くなろう。


同じお皿をつつきあって、目と胃袋で会話して。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お会いしたいです!

☆鍵コメ みのりんちゃん

いつか機内でばったり再会してから、またもやご無沙汰でごめんなさい。みのりちゃんが繋げてくれたJ子ちゃんとの縁もしっかり深くて
横浜でいつもカズタがお世話になっているのよ。双子のM子ちゃんもCEPAGEに来てくれています。

みのりちゃんの妹さんも、お父様もお母様もみんなお元気?

イースターにパリ?私、ちょうどその頃日本から戻ります。
みのりちゃんにたくさん可愛がってもらったカズタも大きくなりました。今、みのりちゃんの息子さんがそれくらいの年だなんて、驚きです。みんなで再会したいね。ぜひ日程やホテルがはっきりしたら連絡ください。

このお店は14区のアレジアからちょっと入ったところにあるの。
15区、14区、いいお店が続々出来てます。

いつか。。。

ピノちゃんこんばんはv-483

ピノちゃんの行き付けのお家近くのビストロv-271に連れて行って頂いて、
ピノちゃんのブログに手だけで登場したいなーv-441
夢が叶うよう思い続けて、じゃなくて今夜も貯金箱に500円玉をちゃり~んv-61です。

5倍のデザートv-274はちょっと無理かもしれないですが、
乾杯v-306は何度でもv-396

手だけと言わず。

☆小鞠ちゃん

乾杯写真にご登場いただくのは、もちろん大歓迎です。

最近では「さて、乾杯」の前にさっとカメラを出してパシャっと撮ると「え、そんなにさっと撮ってたの?そのカメラなの?」と言われることが増えました。

このお店、お料理も美味しいけどデザートもどれをいただいても感激です。

壁一面の大きな黒板にもワインリストがびっしりなので、小鞠ちゃんなら何時間でも飲めると思います。

No title

暖かい感じのするビストロですね!
私も4月末にパリに行かれるように頑張ってます。
もしいけたら、連れてってくださいね~♪

チーズのお教室も、パリのCEPAGEも~~と妄想が止まりません(笑)

待ってます!

☆likisukeちゃん

連休のパリ、実現しそうな感じですね!

チーズ講習は月末、CEPAGEももちろんご参加お待ちしてます。
ビストロもいろいろ行きましょう、2週間ぐらい来たらいいのに。

追浜マラソン、おつかれさま。そのあとの中華の食べっぷりを見て安心しました。私もいよいよドキドキ感が高まってきた。こうなったら、なるべく足を使わず休ませて、若干の減量を数日間でやってみるわ。





プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク