パリの中の西班牙

DSC02257.jpg

陽が落ちた後、夕闇を超えて街灯がオレンジに輝く夜が始まる時間。

人気のない静かな細道があちらこちらに伸びる巴里16区。




DSC02258_20120313162252.jpg

「みほちゃん、週末ごはんにおいで」


優しいお誘いを今まで何度も何度もいただいているM家。


DSC02259.jpg

温かみのあるオフホワイトのテーブルに、シックな紫のナフキンが待っていてくれました。


DSC02261.jpg

巴里の大家族のような親しい仲間たちでカンパイ!


DSC02267.jpg

ピノノワール100%の迫力カヴァ。


DSC02260.jpg

みんなのアニキSちゃんの作ってくれるスペイン料理は巴里で一番。

「まずは豆のスープでおなかを守ってから、飲むように」


DSC02265.jpg

プロが歩くイエナのマルシェで仕入れた食材で、丁寧な下ごしらえ。

ソラマメと手長エビのマリネ。プチトマトもしっかり湯剥きされて。


DSC02266.jpg

小さくカットされたスパニッシュオムレツ。塩の旨味が輝いています。


DSC02270.jpg

南米育ちのSちゃんのスペシャリテ、本日のセビッチェは大きな大きなスペイン産ムールで。


DSC02271.jpg

色よく揚がったアツアツのまんまるクリームコロッケ2種。 手長エビ入り&白身魚入り。

レモンを絞って、ハフハフいただきました。


DSC02272.jpg

衣はカリっと、イカは柔らかく。フリットにかぶりつきながら、みんなの正直な会話に笑い転げ。

次から次へと登場するお料理。Jちゃんの気配りのおかげで居心地最高。


DSC02275.jpg

あさりの濃厚なだしがソースに泳ぐひらめのPILPIL。

ポアレとは少し違うやや温度の低い油で火を通す調理法で。


DSC02282.jpg

マカベオとグルナッシュの個性的な白ワインに続いて、赤ワインも。

ワインの写真を今回はかなり放念してしまったのが悔しい。 

M家のスペインワインはすべてSちゃんの信頼できる舌からセレクトされたもの。


DSC02283_20120313164002.jpg

ベーコンと子牛の腎臓の串焼き。VIVA臓物と叫んでしまう。


DSC02284.jpg

甘味たっぷりの赤ピーマンムースで隠れているのは、子牛のレバーの串焼き。

昇天寸前のとろけるようなマリアージュ。


DSC02285_20120313164002.jpg

チーズが巨大な塊でドーンと登場。

バスクのオッソイラティと、モンドール。私の大好物、カリンのパテもたっぷり。


DSC02289.jpg

たくさん飲んで、最後はシャンパーニュに戻る。

そんなオトナの飲み方も大好き。


DSC02287.jpg

お土産にお持ちした15区のパン屋さんのプチフールをつまみながら、気がつけば真夜中のシンデレラ。






仏蘭西から西へ、ピレネー山脈を越えれば情熱の国、西班牙。


M家のテーブルは、巴里の永世中立国。





Sちゃん、Jちゃん、チューリップ越しの春をありがとう。















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

M家興味津々♪

 いつもM 家のSちゃんのお料理はステキ!Jちゃんのセンスもすばらしくブログの写真楽しみです。お料理上手な人は器用で頭脳明晰で応用力、決断力、モチベーションの高さすべてもっているから、人物として間違い無しって言える気がします。そして,その作品を美味しいって食べる人はなくてはならない重要な存在。作るのも面白いけれど、色々な人の色々なお料理を体験出来るって幸せ!
 何時もミホちゃんはステキな人に囲まれていますね、引力で引き合うのでしょうね

夜のパリ。・:*:・゚'★,

ピノちゃんこんばんはv-483

パリの夜の街角の素敵な事v-354
一枚の絵のようですねv-339

そしてお家の中でゴージャスに素敵なパーティv-314
ピノちゃんの周りにはいつもいつも素敵な方々v-352いっぱいですねv-391

>昇天寸前のとろけるようなマリアージュ
あーーー体験してみたいv-398

No title

うわ~!!なんて美味しそうなんでしょう!!
パリでスペイン料理♪なんだかオシャレですねぇ・・・
マレーシアにいた時はスペインの小皿料理を出してくれるお店に夜な夜な遊びに行っていましたが、日本に帰ってからはてっきりご無沙汰です(涙
素敵なお友達がいらっしゃるピノミホさんがうらやましいでございます。
美味しい幸せのおすそ分けをありがとうございます♪

うらやましすぎる~!

ずるい~!! (笑)


なんて、幸せな日々だったんだろうと、
毎夜 終電で想いをはせる今日この頃…

今日も これから帰りです。

あ~、ミホさんとSさんとJさんと。
みんなで パリで、ごはんたべたい~!

繋がる楽しさ

☆Melissa さん

ステキな言葉をいつもありがとうございます。「引力」、きっと出会いにはあるのだと思います。
見えないチカラで、縁が繋がる何か。

SちゃんとJちゃん夫妻は、Melissa さんをご紹介いただいた「酒の神」とも最後の最後にパリで友達になり、日本でも交友を続けておられます。

人間味あふれる魅力的なふたりです。Melissa さんにもお引き合わせしたいです。

夜の魔力

☆小鞠ちゃん

青空のパリももちろん美しくて大好きですが、私はどちらかというと何かに覆い隠されたような夜が好きなのかもしれないです。

見たいものにだけ、光があたっているかのような路地、この日もしばし立ち止まって眺めていました。

ネオンの灯りの飲み屋街をスキップしている時も、こんな石畳をゆっくり歩いている私も、どちらも違う魔法にかかっているようです。



小皿の幸せ

☆ belle-vie さん

少しずつ、何種類も、というのがなんとも楽しくて満腹なのにどこまでもイケる。そんな夜でした。気がつけば次のお料理がアツアツで仕上がっていて、Sちゃんは魔法使いのようです。

小皿料理のお店は私の地元横浜にも探せばあるのかも知れないですが、家庭で靴を脱いで気持ちを全部開放していただくお料理にぬくもりを感じます。

belle-vie さんも愛情あふれる宴の席におられますね。ご主人の買って帰られるケーキもうっとりでした。

いいでしょ

☆りえこちゃん

りえこちゃんとりゅうちゃん、くやしがるだろうなあと思っていました。案の定でうふふ。

Sちゃんごはん、Jちゃんのおもてなし、あの家でのんびり笑ったことのある幸せな人々は
あの記憶をずっと胃袋と脳に抱えて生涯をすごすはず。

ほかにも「あの席に居たかった!」っていう人が多数いるわ。

またパリに来たら、みんなで押しかけてしんちゃんにお願いしよう。みんな待ってるよ。
ガッツで働いて、休みもどーんと取って、パリへ戻っていらっしゃい。

No title


や゛

い゛

風流なコメント

☆馬ッ鹿スさま

秀逸なハンドルネームをお考えになりましたね。

ブログ始まって以来の縦書きコメント、ありがとうございます♪

もっともっと悔しがっていただけるように、元気に飲み歩き食べ歩きを心がけます。

この日も「酒の神」を偲ぶ面々が集っておりました。無理やりにでも出張を作って、どうか欧州へお戻りくださいませ。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク