リラの花を抱えて

DSC03421.jpg

日本から戻って最初の週末。

まだ時差を引きずりながら、早起き。

家の近く、モンパルナス近辺をお散歩してきました。







DSC03399.jpg

家の裏道から線路の高架をくぐって14区へ。

昔ながらの石釜で焼き上げるパン屋さんで歯ごたえ抜群のバゲットを。

バターの風味が上品なマドレーヌも息子が小さい頃、公園の帰りによく買いました。


DSC03397_20120414203058.jpg

店の外で、おとなしく待っているワンコ。


DSC03400.jpg

教会のそばの、白い桜。


DSC03459_20120414202818.jpg

黄色の花も植え込み一面に。


DSC03456.jpg

ロータリーを横切るときに遠くに見えるエッフェル塔。

この場所からパリ祭りの花火を見たこともありました。


DSC03407.jpg

フランスのポストは黄色。イギリスは赤。


DSC03408.jpg

空港からのリムジンバスの発着所前を通り過ぎ、


DSC03419_20120414203749.jpg

モンパルナスタワーの下で、水曜日と土曜日に開かれるエドガー・キネの朝市。


DSC03414.jpg

野菜を見ると元気が出ます。


DSC03411.jpg

葉っぱのついたニンジンや、


DSC03412.jpg

アーティチョークもまるまると。


DSC03413_20120414203746.jpg

黒大根、中身は真っ白。

日本のような白い大根は中華や韓国系スーパーで手に入ります。


DSC03416_20120414204327.jpg

枝つきのレモンや、


DSC03423.jpg

香りが個性的なフヌイユ(ういきょう)、


DSC03417_20120414204325.jpg

カタチがアートな、ロマネスコ。


DSC03428_20120414204325.jpg

ザクロの赤も、


DSC03429_20120414204548.jpg

イチゴの赤も、自然の赤は優しい。


DSC03434_20120414204323.jpg

八百屋さんの裏に止められたトラックには空いた籠が山積み。


DSC03433_20120414205011.jpg


5月にはカーネーションを遠くの母へ。


DSC03422_20120414205010.jpg

LILAS、ライラックの花束を持ちたくなり。すごいボリュームで5ユーロ。


DSC03425_20120414205009.jpg

肉屋の行列に並ぶワンコ。


DSC03430_20120414205009.jpg

コットン&レーヨンのストール屋さん。

1番手前のマスタード色を購入。これも5ユーロなり。


DSC03426_20120414205008.jpg

この壁画を見上げるたびに、この界隈がもっと好きになる。


DSC03442_20120414205007.jpg

小劇場がたくさんある通りをあるけば、


DSC03438_20120414205718.jpg

アコーディオンひきのおじさんと目があって。

「マドモアゼル、好きな曲を弾いてあげるよ」


DSC03439_20120414205717.jpg

おばあちゃまと小さな子供にも、鍵盤を触らせてあげていました。


DSC03443.jpg

カラフルなテーブルで陽射しを浴びながらロゼを飲む日も遠くない。


DSC03444_20120414205716.jpg

飛行機グッズ専門店の前の、絵葉書ラック。


DSC03445.jpg

こんな絵葉書が届いたら、どこに旅行しているのかがわからない。


DSC03449_20120414210230.jpg

ゆっくり歩きながら建物を見上げ、朝の風を味わう。


DSC03453_20120414210229.jpg

帰り道に残されていた春のカケラ。


DSC03465_20120414210228.jpg

家に戻ってリラを窓辺に置いてみる。

ぽろぽろこぼれていく小さなむらさき。





いつもの暮らしを、いとおしむ。

春に溶け込みながら、初夏を待つ。




自分のために花を飾り、次の夢を見よう。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

偶然o(^-^)o

ピノちゃんこんばんはv-483

今日も楽しいパリ散歩させて頂きましたv-391
パリではライラックv-351がもう咲いているのですね、
こちらはこれから、まだ名残の桜v-252を楽しんでいます。

parisatukoちゃんのブログの記事の中にエドガー・キネのお話があって、
昨夜それに反応したばかりなんですよv-411

さるママちゃんにそば粉のクレープv-271のお店に連れて行って頂いた時、
メトロのエドガー・キネ駅で待ち合わせましたv-441
モンパルナスタワーv-495にも上りました、
あーまたパリv-498に行きたいですv-398
今夜も貯金箱に500円玉をチャリーンv-61

リラ大好き!

『パリの街角編』は一緒にお散歩したみたいな気分になれて嬉しいです!
時差で早起きしたときパリは朝市があるし、町並みが絵になるしお散歩が
楽しいですね。
あんなに沢山のリラの花束が5ユーロなんてステキ!リラ色大好きです。
♪もういくつねると~パリの街♬
心はすでにフライング(笑)
ミホちゃん、一緒にシャンドマルス、ランニングしましょう

楽しかった

一緒に朝市いって、散歩したみたい。楽しかったわ!!

ライラックの色って、とっても優しくって大好き。
道に落ちてる桜の花びらも絵になるね。

パリからの風を感じながら・・・楽しい気分になりました。
いつもありがとう。元気パワーもらった気分。

No title

春ですね~なんだかキラキラしていて華やかな気持ちになりますね♪
お店の前で待つワン子もかわいくて大きな犬、いつか飼いたいなぁ・・・
そして、ライラックの花そんなお手頃で買えるのですね~いいなぁ・・・
ライラックは大好きな花の一つです✿我が家のベランダにも苗木で買ってきたライラック4年目にしてやっと蕾をつけてくれました(涙

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

イイなぁ~パリの朝市はやっぱり最高♪
パリを出て一番不便なのが、近所に朝市が無いこと。。。
バラエティに富んだ品揃えが羨ましいかぎりです

また冷え込んでいます

☆小鞠ちゃん

名残の桜も味わい深いですね。パリ郊外のソー公園の八重桜も昨日がお花見のピークだったようです。

パリはまだまだとても寒くて、昨日もマラソンの応援でみかちゃんにホカロンをもらったぐらいです。

小鞠ちゃんにいただいたあの白いウインドブレーカー、昨日も着ておりました。



シャンドマルス

☆ Melissa さん

マルシェはそれぞれの地区ごとに味わいがあり、楽しいです。
今回もたくさん堪能なさってください。

リラ、紫のグラデーションが美しいです。
グルネルのマルシェもお花がお手ごろと聞いてます。ぜひアパルトマンにもたくさん飾ってください。

シャンドマルス、ランニング了解です。3キロぐらいで、すぐお茶になりそうですが♪

並んで歩きましょう

☆さつきちゃん

一緒にお散歩、できるできる。朝市、蚤の市、古本市、どこも楽しいからいろんな市に出かけましょ。

パリからの風、まだ気温はとっても低いけど20度を超えたら本気の春をお届けできるようにどんどん歩くから待っててね。

元気玉を送りあえるように、明日もあさっても頑張る。



春のベランダ

☆belle-vie さん

日本のワンコもパリのワンコも、それぞれのお国柄もあり、よく見かける犬種も違うようです。

このワンコは本当におとなしくて、近寄ってもぜんぜん吠えませんでした。

ベランダにライラックがあるなんて、すてき! うちは冬の間、ベランダの鉢もプランターもすべて凍って枯れて全滅で今寂しい状況です。あとちょっと気温が上がったら、ベランダ環境整備に励みます。



ご近所さん

☆鍵コメ miyayaさん

どきんちゃん、あくびちゃん、触らせていただけるなら遊びに行きます!ぜひお願いします。うれしいなあ、また帰国の楽しみが増えました。

大通公園沿い、すごくご近所さんですね。miyayaさんちのすぐ近くの中学が私が通った母校です。

ミルキーソフト&スープカレー情報もありがとうございます。次回はセットで挑んでみます。地元話、ぜひじかにいろいろ教えてください。

ドイツの食事情

☆マダムKさま

ドイツにも朝市は立つのかと思っていました。パリのマルシェが懐かしくなったら、またすぐに遊びに来てね。

ドイツで、スーパーをじっくり見たことないけど、この前理子ちゃんとベルリンに行ったときに大きなデパート(カウホフかな)の食料品売り場はとてもきれいで充実してました。

日本食は入手可能なのかな?マダムはよく巻き寿司も作っているからあれこれ調達可能なのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楽しい時間

☆鍵コメ y-じゅんちゃん

そのランチ、みんなの様子が目に浮かびます。みんな、ちっとも変わってなかったってことなのね。20年ぶりでも夜通し話せるくらいに記憶は鮮明、思い出たっぷりなんだね。

機内でもマジメに働いたけど、ステイ先でもいろんなことがあったね。

夏はみなさんに会えますように。あとでラストフライトやブラジルステイの写真、見ておこうっと。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク