足を止めない人々 ~2012 パリマラソン

DSC03570_20120417034709.jpg


2012年4月15日 パリマラソン開催の日曜日。

世界中から集まった40000人のランナーが花の都を駆け抜けます。

去年おととしの経験を生かして今年も全力で応援を。






トロカデロ集合

朝6時45分、メトロ6番線トロカデロ駅に集合。


応援場所


今回の応援ポイント。前回、前々回は8箇所でした。

理子ちゃんがどんどん速くなり、今回は最初の5キロポイントで全員に声をかけることから、6箇所に決定。

その分、応援の気合は増量で。


DSC03514.jpg

I村さんが作ってくださった通過予定時刻の表。 

私が考えた応援計画と組み合わされて、全員に配布。


凱旋門の前

巨大な日の丸と扇子は、3~4月の帰国時に横浜で探してきました。



DSC03517.jpg

コウノトリチームもいます。


DSC03530_20120421012847.jpg


スーザフォンという11キロもある楽器を演奏しながら走る日本人、レオさん。


出発直前

申告タイムごとのゲートへ向かう前。 ひとりひとりと固い握手で送り出します。



DSC03531_20120417043750.jpg

出発ゲートの横を通って、ジョルジュサンクからフランクリンルーズベルト駅近辺まで早足で移動。


DSC03533_20120417043749.jpg

8時45分、号砲と共に華やかにスタート!


DSC03535_20120417043749.jpg


先頭集団が瞬く間に走り去り、


DSC03537_20120417043748.jpg

同時に私たちもメトロの駅を駆け降ります。 構内を走り、電車に滑り込み。


DSC03549_20120417043747.jpg

最初の応援ポイントは5キロ地点、バスティーユ。

地上にかけあがると、すでに3時間ランナーがコースを走っています。


DSC03540_20120417043746.jpg

急いで旗を広げ、応援開始!

高らかに国旗を揚げるI村さんは2月に東京マラソンを走りました。今回は足の故障で出馬を断念。


バスティーユ応援部隊

みかちゃん、I村さんの奥様E子さん、I村さん。

日本人ランナーだけでなく、出来る限り多くのランナーを応援したい。

ゼッケンの名前をすばやく読み込み、叫びます。


DSC03539_20120417044723.jpg

バスティーユの塔の下を通って、22キロ地点へ移動。

ヴァンセンヌの森を回って戻ってくるランナーを待ちます。


DSC03543.jpg

E子さんからの配給、日本のお菓子に癒される。


DSC03544_20120417044721.jpg

ここにH子ちゃんも応援部隊として合流。

ハーフを走ってきたとは思えない、力強い足取りのランナーがセーヌ川に向かって通過していきます。


DSC03545.jpg

再びメトロに向かい、


DSC03548_20120417045502.jpg

1番線に乗り込み、日本語でのメトロの歴史の説明文を読みながら、


DSC03551_20120417045501.jpg

途中で1度乗り換えて、


DSC03552_20120417045500.jpg

パリの西側、16区、ミケランジュ・モリトールの駅から地上へ。


DSC03554.jpg

32キロ地点で声援を送ったのち、ランナーたちが森を3キロ迂回してくる間に、


DSC03558_20120417045459.jpg

応援団は徒歩で500m移動して35キロ地点で待ちます。

一番苦しいであろう上り坂を行く後姿に声をかけ、


DSC03559_20120417045458.jpg

ランナーに残された最後の7キロは再び森。

去年もおととしもメトロを2回乗り換えて最終コーナーに向かいましたが、今年は作戦変更。

みかちゃんとH子ちゃん、私は3キロを競歩で市街地を直進。


DSC03562_20120417051620.jpg

整然としたお屋敷街を黙々と歩き続け、


DSC03561_20120417051619.jpg

緑が濃くなった広い歩道で理子ちゃんとの18年間を思い出してみる。

私が人生の悲しい雨に打たれたとき、彼女はいつも傘をさしかけてくれた。

癌の手術をしてパリへ戻ってきた日、空港でくしゃくしゃに泣いて出迎えてくれた。

アルザスのレースを走り、ベルリンも共に旅し、私たちの絆は強くなっていった。



DSC03564_20120417051618.jpg

同じように、大切な人を励ますために歩き続ける応援の人々。


DSC03568_20120417051617.jpg


もうすぐ、もうすぐ、いそげ、いそげ。


DSC03567_20120417051616.jpg


42キロ地点、ゴール直前の最終コーナーに到着。


DSC03569_20120417051616.jpg

混雑を避け、いったん地下鉄へ降りて反対側の植え込みに渡ります。

今まで見た中で一番力強い走りで、理子ちゃんが目の前を通り過ぎて行きました。

きっといい結果が出ている。そう確信した瞬間。


桃子ちゃん

次々にみんなが帰ってきます。

今回初めてのフルマラソン挑戦のM子ちゃんの後姿。 


ケビンさん


ベルリンと同じく、明るい走りを見せてくださったKさん。


DSC03581_20120417053330.jpg

42.195キロを制覇した勇者が吸い込まれていくゴールゲート。


完走おめでとう

それぞれに、笑顔いっぱいの晴れ晴れとした記録で見事に完走。


DSC03590_20120417053329.jpg

近くのカフェで、乾杯!


DSC03592.jpg

クロックマダムをもりもりと。 


みんなで食事

フィニッシャーズTシャツもメダルも黄色。

「今回もありがとう」

理子ちゃんが私にもメダルをかけさせてくれました。








「がんばれ」は魔法の言葉。


口に出すことで、自然と勇気が湧いてくる。仲間にも、そして自分にも。



決して立ち止まることのない脚力と精神力で、石畳に屈しなかったすべての皆さん、

おめでとうございます。





理子ちゃん、サブフォー達成おめでとう。

応援させてくれて、心からありがとう。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みなさん☆☆☆

ピノちゃんおはようございますv-481

マラソンを走られたv-29皆さんも、
応援の為v-496負けじと走られた皆さんも
本当にお疲れ様、そして感動をありがとうございますv-406

Rikoちゃんのランナーv-30ぶりに圧倒されちゃいますが
ピノちゃんやMikaちゃん、みなさんの応援の熱さにも感動v-409
パリに厚い友情が満ち溢れた日でしたねv-432

皆さんに心からの拍手をv-424v-425v-424

日の丸がまぶしいです!

ピノちゃん、今年も応援v-81お疲れ様でした!
そしてこの場をお借りして
Rikoちゃん、完走おめでとうございますー!

応援するための「ルート説明マニュアル」がある事を知って
単なる“応援”ではなく、“チーム”を感じました。
緻密な作戦のもと、応援も走りも完璧になるのですね。

皆さん、本当におめでとうございました!

No title

ミホちゃん 何度言っても感謝の気持ちが伝わりきらないような気がする。
みかちゃんと Trocaderoの駅6時45分という早朝プログラムの最初から一緒 最後の乾杯まで しかも立っていると歯の根も合わないぐらい凍えそうな寒さの中 本当にありがとう。

3度目とはいえ 私の中で3度目の正直という緊張感があって どうしてもきちんとした結果を出したいと思っていました。できればサブ4、それが無理なら絶対に歩かないでゴール。Iさんは「恥ずかしい姿とか情けない姿なんてないんだから リラックスして走りなさい」と言ってくださったけど 一生懸命応援してくださる皆さんにできれば誇りに思えるタイムを報告したかったの。流石に35㎞からはペースがガタ落ちになり 実保ちゃんから「理子ちゃん もっと速く!」と言われた時は「も~これ以上速くなんて無理だあ~」と思いながら ゴールに向かったんだけど(爆) あとで時計のラップを見たら上がってた(爆) 走りながら 実保ちゃん・みかちゃん・Hちゃんたちにしっかり守られているような気がして辛い中にも本当に幸せな42.195でした。皆さんの応援がなかったら 私のサブ4はなかったと思います。本当にありがとうございました。

Bravo!!

みほさん、

いつも感動のマラソン・レポートをありがとうございます。

日曜ミサの帰り11時30頃に沢山のランナー達がMolitor通りを走りすぎていきました。きっと、リコさんや応援団もいるんだろうな、と観ていましたが、寒かったですね!神父様達は「マラトンのためか今日のミサは出席率低いね」と冗談言っていました。

ランナーさんたち、応援団さんたち、お疲れ様です!!!ご友人方にBravo!とお伝え下さいね。

お礼

ミホさん、いつも読み逃げさせて頂いている1ファンの者です。初めてコメントさせていただきます。
私も、今回、パリマラソンに出ました。
もう、本当に命カラガラ状態でアベニュー・フォッシュに帰ってきた時、ロータリーのところで、
ミホさんとお友達の皆様が日の丸を振って立ってらっしゃったのが見えました。
「がんばれーー!ゴールはすぐそこだよー!!がんばってーー!」と声をかけてくださいました。
最初は、「私の近くにミホさんのお友達も走っているのかな?」「その方に声をかけてるのかな?」と
思ったのですが、チラッと周りを見ても日本人は私達夫婦だけで、見ず知らずの
私たちを応援して下さっていたのだと思って、すごくうれしかったです!
本当は「ミホさーーーん!」って手を振りたかったのですが、心の中で感謝しながら
通り過ぎさせていただきました。
あの声援でどれだけ力が湧いたことか!
引きずっていた足が前に出ました。
ありがとうございました。 

本当に寒い寒い中、応援お疲れ様でした。

一言、お礼を申し上げたくてコメントさせていただきました。

今度、ぜひセパージュにも参加させて下さい♥

感動しました

 パリマラソンの完走された方「おめでとうございます!」
応援をされた皆様お疲れ様でした。感動しました。
 応援の声がランナーの力になることは解っていたつもりですが、理子ちゃんやnori-pさんのコメントを読んでこれほどのパワーを与えるものなんだと知りました。
 誰にでも分け隔て無く声援をおくる、パリの応援団はとてもすてき!
 日の丸や日本語での「がんばれ」は直球で伝わりそう、
 マラソンに参加は無理そうですが、応援の参戦してみたいな~
 サブ4?教えてください。
 

応援団

パリマラソンの応援団の熱い気合がバシバシと伝わってきます。
スケジュール表もさすがです!

フランクリンルーズベルト駅、今度の旅行の最寄駅かもと思いながら写真をみました。
カタカナ表示があるんですね!びっくりしました。

熱い時間

☆小鞠ちゃん

あいがとうございます。理子ちゃんも、そして仲間たちもみんな本当に頑張りました。

送りだすときと、ゴール後ではみんなの表情がまったく違っていて、頬の輝きも増しています。

40000人の別の人生がひとつのゴールに向かって続く光景、苦しいことを避けないでぶつかっていく根性、沿道に立つだけでこんなに熱いドラマを見せていただけるなんて、最高です。

小鞠ちゃんの拍手も、みんな喜んでいると思います。

応援計画

☆かづちゃん

ご無沙汰です、いつもパリのみんなを気にかけてくれてありがとうございます。

ひとりよりもみんなで一緒に応援することがこんなに楽しい!と今回もあらためて感じました。 強風が吹き荒れる中でも旗をご夫婦で交互に持って、決しておろそうとしないI夫妻の姿勢を見て、私ももっともっと大声を出そうと思いました。

過去のみんなのタイムから予想通過時間なども計算していただき、私がいままでしてきた「ど根性型応援方式」に、緻密なプランが加わったことで、今回も計画達成が出来ました。

みかちゃんもヤルキになっているみたいです。 来年が楽しみ。
かづちゃんもぜひこの時期のパリにいらしてください。

良かったね

☆Rikoちゃん

ガッツある走りを見せてくれてありがとう。
おととし、最初のパリマラソンのときの泣き泣き離れていったスタートと比べて、今回はみんなをひっぱり、はげます理子ちゃんを見て惚れ惚れした。

注目されること、応援されることは、決してラクではないし、期待に応えて結果をだすことも本当に苦しいこと。
それを、やりとげた理子ちゃん、毎度のことだけど胸が詰まったよ。

最後のコーナーで、「もっとはやく」って叫んだのは、予定通り。
ベルリンで最後、猛然とスパートした姿があったから、パリもイケると思っていた。

理子ちゃんがこうして頑張ってくれてるおかげで、私もこんなに楽しいよ。感謝の気持ちを何度でも伝えたいのは私のほう。

次の挑戦はどこだろう。理子ちゃんの足と、心なら、なんだってできる。あらためていうよ、かっこよかった。 ありがとう。



見守ってくださって。

☆ LazyElephant さん

いつもありがとうございます。

みんなのゴールのあとで、みかちゃんと集合場所に急ぐとき、 LazyElephant さんにみかちゃんがお会いした話を聞きました。
お子さんのお稽古で一緒なのかな?
お元気とのこと、何よりです。

この前お会いしてからずいぶんとまた時間が経ちましたが、もうちょっと気温があがったら、カフェで一杯行きましょう。

LazyElephant さんのBRAVO,みんなにも伝わっているはずです。
BRAVO!いい言葉ですね。

はじめまして♪

☆nori-pさん

とっても嬉しいコメント、ありがとうございます。
なんだかジーンときて、何度も何度も読み返しました。

沿道に立って見ていると一人で歯を食いしばって走る人も、カップルで仲良く、支えあって走る人も、チームでにぎやかに走る人も、それぞれに苦しい中でみんな頑張っておられるのを汗がかかりそうな距離で感じることができます。

コメントをいただいて、一瞬、あのご夫妻かな?って記憶が甦りました。完走、本当におめでとうございます。

私の声が、少しでもnori-pさんの励ましになったなら、良かったです。知らない方々でも、皆さん、ちょっと照れくさそうに、そして嬉しそうに手をあげてニッコリ走り去ってくださってました。

次にまた応援に立つときも、はりきって声だしします。

CEPAGEにもいつでもいらしてください。これからもよろしくお願いします。

サブ4

☆ Melissa さん

日の丸、日本語での応援に反応した外国人ランナーも大勢いらして、「アリガトウ!」と日本語で言われたりしました。

去年のパリマラソンは震災の後で、スタート前に日本に向かって黙祷もありました。今年は昨年よりも天気は良くなかったけれど、気持ちはもっともっと前向きでロンドンや日本、その他の国から集まった日本人も多数おられました。

大きな大会も、小規模な各区ごとのレースも、どちらもおもしろいのでぜひ Melissa さんもいつか応援参戦お願いします。

サブ4というのは、4時間を切る記録をだすことです。42.195km、長い長い距離を4時間以内で走りきるのは膨大な練習と、体調管理と、強い意志がなければ不可能な偉業です。

日本語表示

☆名前がないけど、おそらくlikisukeちゃん

牛久で受けた、沿道の温かいまなざしが忘れられなくて、自分が応援にまわるときも精一杯拍手して声をかけて、ガッツを出してもらえるようにと気合まんまんで出陣しました。
選手も楽しいけど、応援もホント、いい。こんな風にメトロと自分の足を駆使してまわれるコースもいい。

メトロ構内、1番線は特にあちこちに日本語表示があるから、きっと今回の旅でびっくりするのではないかしら。

もうすぐだね。今日は嵐のようなお天気だけど来週は晴天が続いて気温が上がるように祈るキモチです。

No title

みほちゃん 応援隊長おつかれさまでした。
今年は例年のごとく綿密な応援計画に、日の丸&お扇子も加わって、さすが!でした。
みほちゃんと一緒に沿道に立つのは楽しくて楽しくて。りこちゃんをはじめたくさんの人の応援ができて、皆さん完走できてりこちゃんはサブ4。本当にいいパリマラソンだったね。
nori-pさんのコメントには私もうるうるきました。あのお二人爽やかに笑顔で走ってらしたご夫婦かな?たくさんの素敵な方達の応援ができて私も嬉しかったです。
お疲れさまでした。私からもありがとう。

ミホさん、おはようございます~。
マラソン、応援するのも大勢でワイワイ楽しそうですね。

過去記事まで見ていただいてるとのこと…
うれしくもヤッツケ更新なのでこっ恥ずかしいです(^^;;

今日から上海に遊びに行くのでまた帰国したらのぞきに来させていただきますね!
残念ながら、中国からFC2ブログは見られないのですヽ(;▽;)ノ

ではでは~。

素晴らしいです!

素晴らしいですね!  見事完走されたみなさん、ピノちゃんの目に浮かぶような声援。 興奮が伝わってきますよ。 
リコさんのサブ4! スゴイの一言! 
マラソンは、色々な不思議な感動がありますよね。 スタートの瞬間の走れるありがたさと、なんとも言えない感動。 沿道の声援に対する感動。 スタッフの人たちの大会を盛り上げる一生懸命さに感動。 そして、ゴールでの達成感と安堵での感動。。 (涙)ですね。  これだから走ることはやめられません。
皆さん、本当にお疲れ様でした。

No title

応援ありがとうございました。
初めて途中で止まってしまいましたが、皆さんの応援のおかげでなんとかゴールにたどり着けました。

また皆さんのお顔を見るためにも、是非また走りたいと思います。

ピノミホさんの更なるご活躍、日本の空の下から応援しています。

次は。

☆mika ちゃん

こちらこそ、ありがとう。一緒に絶叫してくれる仲間がいてとっても心強かったです。mika ちゃんの言うように、とってもいい一日だったね。

仲良く走ったご夫妻、何組か応援したけど、nori-pさんはきっとあのお二人かなって私も記憶に残っているよ。
同じ趣味を持って、支えあって進む美しい光景だった。

さて、来春はmika ちゃんのデビュー戦かな? そのときにも体力をがっちり維持して、mika ちゃんを追いかけて地下を走れるように私も頑張っておくね。

上海

☆miyaya さん

今頃中国4000年の歴史の中で、美味しいもの満喫なさっておられることでしょう。上海は昔、フライトで行きました。黄砂で空が黄色く、
雲も黄土色に見えたのを覚えています。

マラソンの応援はとっても楽しいです。私が子供の頃は鎌倉街道も大きなマラソン大会のコースだったので、旗を振ってはしゃいでいる写真が残っています。今も昔も、私のやってることは同じなのかも♪

いつか横浜マラソンの10キロにエントリーしたいと思っています。山下公園がスタートゴールなので。miyaya さんもご一緒にいかがですか?

走れる喜び

☆カミキリヤさん

数々の大会を経験しているカミキリヤさんならではの、周囲への感謝ですね。 3月のハーフにランナーとしてコースから見た大会運営も素晴らしかったけど、今回も混雑緩和策がうまく考えられていて
時差スタートなどがありました。

気温が低かったので、スタートまでの待ち時間が長かったランナーは大変だったと思いますが、応援団はみんなを見つけやすかったです。

オトナになって、なんでも「あたりまえ」に感じてしまいがちな日常。
感動する熱い気持ち、いつまでも持っていたい。

カミキリヤさんと一緒にスタートで手を合わせて気合をいれたり、ゴールで飛びついたり、またいつか遠くない未来にお願いします!

大人気でしたね

☆走る調律師レオ さん

嬉しいコメントありがとうございます。レオさんがパリにいらっしゃる前からジョグノ仲間で「スーザフォン」という聞きなれない楽器が話題でした。

当日、あんなに巨大な楽器を抱えて、周りのランナーも応援団をも励ましておられるレオさんにお会いして、本当にびっくり。

私もハーフまでは出場するへなちょこランナーですが、小さなカメラを1つ手に持つのが精一杯。それをレオさんはあれを背負って42.195キロ。 素晴らしいです。

これからも世界中で、レオさんの奏でる「元気の音」、楽しみにしています。またパリにもお越しください。
お疲れ様でした!




42.195km

はじめまして。
miyayaさんのブログのコメント欄で手を振っていただき、ありがとうございます(照)

マラソンを走られたみなさんも、地下鉄で移動しながら応援されたみなさんも
乾杯の1杯が美味しかったでしょうね。
お疲れ様でした。 おめでとうございます。

そして。
お友達との強い絆、感動しました!

またお邪魔させていただきます。

きっとご近所

☆斉藤さん

はじめまして♪初コメントいただきありがとうございます。

miyayaさんのところで、ネコ好き繋がりでお手降りしました。きっと斉藤さんもmiyayaさんのご近所さんだとしたら、ウチとも近いですね。
年に4~5回、帰国しては昼も夜も、横浜の限られた地域でウロチョロしておりますので、よろしくお願いします。
夏にはドキンちゃんとあくびちゃんを見に伺う予定です、斉藤さんにもお会いできますように。

日本の夏は朝6時ごろからすでにむ~っと熱気がすごいですが、この夏は大通公園を走ろうと思っております。早朝歩いている人も、犬の散歩も人も多くてびっくりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

写真さしかえました

☆走る調律師レオさん

お許しいただきありがとうございます。ピンクの線の入ってない写真、掲載いたしました。

またとびきりの笑顔でパリを走ってくださいね。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク