2012年5月 フランスの庭 ロワールを旅する初夏のテーブル

DSC00010_20120530152238.jpg

前半は寒い春ても、後半はすっかり夏らしい陽気が続いた5月。

フランス一の大河ロワールをテーマに、窓からの風を感じながらの爽やかなレッスン。













DSC00071.jpg

① CREMANT DE LOIRE BRUT

② CHEVERNY 白 2011年

③ SAVENNIERES 白 2006年

④ SANCERRE 赤 2010年


DSC04345_20120530152237.jpg

4月の連休に、日本の友達とVANVESの蚤の市で見つけた茶色の角皿が主役のセッティング。

バラは、スモーキーピンクとオレンジの週が交互でした。

花瓶もVANVESで昔1つずつ見つけたドイツ製の葡萄柄。


DSC04344_20120530152236.jpg

色味を多く使わず、一見地味にまとめること。

お料理が運ばれ、ゲストが着席し、薔薇の花越しに会話が飛び交うことで完成していくテーブル。


DSC04358.jpg


シャンパーニュと同じ、瓶内二次発酵で作られるロワールのクレマンで乾杯!


DSC04354.jpg

アミューズは

「グレープフルーツとサーモンのピンクカクテル」。

角切りにして堅めに茹でたじゃがいもと、薄切りにして水にさらしたシャキシャキ玉ねぎを
ロゼ色のグレープフルーツ、スモークサーモンと合わせます。

生クリームとマヨネーズ、白ワインヴィネガーやレモン汁で味付け。



DSC04361.jpg

白2種に合わせた前菜は、

「焼き茄子と生ハム、シェーブルのサラダ」。

ケイパーやピクルス、玉ねぎやアンチョビ、黒オリーブなどの手作りの濃厚なドレッシングが好評。


DSC00051_20120530153956.jpg

サンセールの赤に合わせたメインはお魚料理。


「サーモンのポワレ クレソンクリームソース」。


DSC00067.jpg

クレソンを塩茹でし、刻んでクリームとお魚のだしでソースに。

サーモンは生でもいただける新鮮なものを、かりっと焼きにこだわって。


早苗先生

5月23日水曜日のクラスには、チーズ王国の久田早苗先生がご出席くださいました。


DSC00030.jpg

先生からお土産にいただいたロワール・ソローニュの「メロワ」。

灰をまぶした、山羊のチーズ。 


DSC04364.jpg

デザートは、

「リコッタチーズのレモンタルト」。


DSC04366_20120530162720.jpg


今回はタルト生地も手作りで。 レモンのすりおろしをたっぷりいれた酸味と香りを楽しめるケーキ。



DSC00015_20120530162719.jpg

紅茶は、日本のCEPAGEの生徒さんからいただいたもの。

鎌倉の「歐林洞」のオレンジ&ルイボスティー。



DSC00007_20120530162717.jpg

4月、5月は本帰国のお別れが続きました。

長く通ってくださった生徒さんとのお別れは切なくても、日本でまたきっと会える。

Eさんから、葡萄のレリーフのボトルホルダーを御揃いでいただきました。


DSC00006_20120530162718.jpg


Mちゃんからは手描きのチョークアート(パステル)で、CEPAGEの看板を。

元気が湧いてくる、ふっくら実った葡萄。





何年続けても、気持ちはいつも新しい。

お皿に乗せる感謝は年々濃くなっていく。

自分自身も出来ることを増やしつつ。




皐月が終われば、梅雨のないパリに水無月がやってくる。


「働く」喜びを毎日与えてくださる皆様、ありがとうございます。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ステキなテーブル♪

 いつもながらとてもステキにコーディネートされていて,購入の際に立ち会ったあの茶色のスクエアーのお皿が輝いていて嬉しいです。ミホちゃんの惚れ惚れするような男らしい(?)潔いお買い物昨日のことのようです。わたしもパリ住まいなら欲しかったな~。
 お料理も美味しそうです。参考にさせて頂きます~

初コメント。。。です。

こんにちは。。。うめ吉です。

先日は、コメントありがとうございました!!
とっても嬉しかったです!!

初夏を感じる、とってもステキなコーディネートですね!!
そして、お料理も、とっても美味しそうです~
「薔薇の花越しに会話が飛び交うことで完成していくテーブル」
素晴らしい~v-353って思いました!!
ステキなコーディネートに美味しいお料理、そして楽しい会話。。。
そのようにして。。。ステキなテーブルが完成されるんですね!!
いつか、CEPAGEに参加できたらいいです!!

今、日本でも薔薇が見頃です~v-254

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

蚤の市

☆Melissaさん

重たかったけど、買ってよかったです。また6月の後半に友達が日本から大勢来るので蚤の市レポをしますね。

日本の骨董市も歩いてみたいと思っています。夏にそういうイベントがあれば、教えてください。

横浜の薔薇

☆うめ吉さん

初コメントありがとうございます。私のブログを地元・横浜の方が見ていてくださるのはとても嬉しい。また横浜熱がぐっと上昇しました。山下公園の薔薇も綺麗な季節ですね。港の見える丘も。

ルークちゃん、お誕生日おめでとうございます。ニャンコの10歳、立派な大人ですね。

昨日、GAPでうめ吉さんオススメのクロップドパンツを探しに行きました。紺と白と黒とベージュの4色があって紺か白かなあと考え中です。元町やみなとみらいのGAPも来月チェックしようと思っています。

しらす丼も夏休みのお楽しみにしておきます。CEPAGEもぜひmiyayaさん、お友達とご一緒にいつでもご参加ください。これからもよろしくお願いします。

承知しました

☆鍵コメ うめ吉さん

了解です。お気軽にコメントくださいませ♪

私も楽しみに拝見します。


No title

なぁんだか美味しそうですね~一つ一つのお料理が丁寧でキレイで惚れ惚れしてしまいます。
リコッタチーズとレモンのタルトも美味しいのでしょうねぇ・・・
ひとつ前の記事も温かくてホッコリした気持ちになりました
カズタ君とピノミホさんはこれからも素敵な親子で仲良く過ごして行かれるのでしょうねぇ・・・
母親の愛はやっぱり偉大ですね

ありがとうございます

☆ belle-vie さん

さりげなく、センスのいいお料理でおもてなしなさる belle-vie さんにおほめいただき、うれしい限りです。

息子との記事、本人もたまーに、極たまにこのブログを見ているらしいのですが、何も私には言いません。仲が良いかといえば良いような気もしますし、天敵のようなときもあります。
ひたすら可愛がった時期はとっくの昔に終わってしまい。

belle-vie さんの扱われるアクセサリー、いつか実物を拝見したいと思っています。
常滑もいいところですね。和食器もきりがないけど、気に入ったものを大切につかいたいです。


爽やかなテーブル

チェック柄のテーブルクロスとバラが素敵です。
そして茶色のスクエアなお皿!
大包みをガシッと抱えたピノミホさんの姿を思い出しました。

CEPAGEで習うクリーム系ソースが大好きです。
この日のクレソンとのソースも美味しそう!

食器たち

☆ likisuke ちゃん

一緒に歩いたヴァンヴ、ゲストよりも案内役の私が一番張り切って買ってしまってました。
びっくりするほど重たくて、バスの中でもよろよろしながら抱えて必死で家まで持って帰ってきたお皿。

セッティングをして、日の目を見ると嬉しさが甦ります。 うちにはこんな感じにカジュアルな食器が山ほどあって、昨晩も地下の物置に中華の食器を出しにいきました。明日から6月の講習で久しぶりに使います。

クレソンのソースは日本なら小松菜とかほうれん草で応用してね。ゆでて刻んで、お鍋にあけて、生クリームとフュメドポワソン(なかったらほんだしでいい)とバターでのばしてね。濃度は少しお湯を足して加減してください。鮭のピンクとの相性が一番いいけど、マグロのレアなステーキなどもいいと思います。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク