チーズの勉強会 2012年6月

DSC00751_20120703135336.jpg

6月30日の17時から、パリ1区の久田先生のサロンでチーズの講習会に参加。

MWちゃんは飲食関係の仕事ではありませんが、チーズプロフェッショナルもワインエキスパートも所有する
「食マニア」。

パリでチーズの勉強が出来るのをとても楽しみにしていました。







DSC00756.jpg

今月も「AOCチーズを食べ尽くす」特集。今回は11種類のチーズを勉強します。

「PICODON」と「CHABICHOU DU POITOU」の食べ比べ。


DSC00757.jpg

早苗先生が、ボードを掲げてご説明。


DSC00762.jpg

木炭の灰をまぶし、ワラを1本通した「ST MAURE DE TOURRAINE」


プロヴァンスのロゼでカンパイ!


DSC00761.jpg

栗の葉に包まれた、「BANON」 ここまで4種類がシェーブルタイプ。


DSC00764.jpg

かつおぶしのような香り、紀元前2000年から存在するフランス最古のチーズ、

「CANTAL VIEUX」


チーズを持つ美和ちゃん

「ABONDANCE」の塊を持つMWちゃん。


DSC00766_20120703140707.jpg

大好きな山のチーズ、「REBLOCHON」。


DSC00758.jpg

テーブルに置かれた緑が美しいミント水。


DSC00769_20120703140707.jpg

ハートの形が有名でも、実は6種の形がある「NEUFCHATEL」。


DSC00770.jpg

AOCの中で最も生産量の少ない、「BLEU DE GEX」。


DSC00773_20120703140706.jpg

「PONT L’EVEQUE」の仲間で少し厚みのあるタイプ。



DSC00774_20120703140706.jpg

泉と呼ばれるくぼみにシャンパーニュを注いで食べたい「LANGRES」。

DSC00840.jpg


この日もたくさん勉強させていただきました。 


先生の「熟成士」の視点からの講義とまろやかなお人柄に、MWちゃんは大感激。


DSC00777_20120703140706.jpg

エメンタールのランプシェードの階段を下りて。




MONOPRIXに立ち寄って買い物をし、15区までバスで戻って近くのカフェで白ワイン。

21時半でも明るいパリの空。





MWちゃんのパリ滞在1日目、元気に終了。翌日日曜日は朝市&古本市へ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはよう
私も、毎回楽しみなチーズセミナー。
本当に魅力的なチーズばかり!!
チーズも全部美味しそうですが、きれいな色のミント水にめが釘付けになりました。

こちらは、フレッシュミントを入れただけなのかな?
とっても涼しげでおしいそう。
夏にぴったりだわ。

お誕生日おめでとー!

って、原文を無視していますが、この場を借りて、ピノ様生誕記念おめでと~!

チーズって奥が深いよね。作り手さんだけではなく、熟成させる人の腕前が重要ですものね。
私はチーずはベベなので、チーズ屋さんに”まだ出来ていないチーズくださいとお願いして嫌われてるー!
もう少しチーズ通になりたいものですが。。。とりあえず、山羊チーズ克服せねばね。

美味しそ~

どれも美味しそうなチーズ! 11種類なんて量も多いですね~ 私もラングルの泉にシャンパーニュを注いて食べたいな♪

ミント水

☆さつきちゃん

この日は猛暑で、途中までバスで行ったのだけど、サンジェルマンデプレでゲイパレードがあり、道路が大渋滞。あわてて、メトロへ走ってぎりぎりセーフで駆け込んだのでミント水をがぶがぶといただいて生き返りました。

ちょっと甘かったから、ミントシロップとお水と生のミントだと思います。

一緒に参加しよう

☆ミヌちゃん

グルメなミヌちゃんが苦手なチーズがあるとは意外。まだ出来ていないチーズ、すごーく若い、赤ちゃんみたいなチーズが好きなの?

山羊もいろんな種類があって、食べやすいものから入っていけばよいと思います。

セミナーは土曜日の17時から、7月も21日で私は申し込みました。ミヌちゃんも一緒にいかが?そしてそのあと、飲みに行こう!

多種類&多量

☆ michiko さん

MWちゃんも一切れの大きさに驚いていました。
トータルでいただける量も普通の日本のチーズセミナーとはまったく違うらしいです。

私は早苗先生のセミナーしか参加したことがないので、かれこれ6年お世話になっていますが、いつもこの量をモリモリといただいています。夕御飯は食べられないぐらいに、本気で満腹になります。

michiko さんとFさんも次はこのセミナーに一緒に参加しましょうね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク