いつでも夢を

DSC04479.jpg

好きなワインと好きな人。

どちらも私を心から酔わせてくれる大切なお薬。



「ELEMENTS」・・・地球を構成している8つの要素。

FIRE,LIGHTS,WATER,TIMBER,STONE,ATOMOSPHIRE,SOUNDS,

そして、HUMAN。

素晴らしい名前の上質なレストランで開かれた大人のランチ。




























DSC04480.jpg

長いことお会いしたいと思い続けた「さち姉さん」、先日に引き続き今日のランチも極上の場所へ導いてくださった「流木民」のMさん。


美しいお姉さま二人に挟まれて、わくわくする乾杯を。

Mさんはオーストラリアのメルローを。さち姉さんはウーロン茶。

そして私は「軽めの赤を」とグラスでお願いしたら

カリフォルニアのCALERAのピノノワールが。



グラスワインにCALERA。。。

ランチへの期待が瞬間的に最高潮に膨らみました。


DSC04482.jpg


前菜は マグロとアボカドのサラダ。 玉ねぎのまろやかなソースにとびこがかかっています。



DSC04483.jpg


「お皿の上の一期一会ね」とMさんがおっしゃった あわびのチャウダー。


こちらのお店の顧客であるMさんと私たちのためにシェフが特別に作ってくださいました。



DSC04484.jpg

牛フィレのステーキ カベルネソース。

お肉のジューシーさもさることながら、驚かされたのは添えられたお野菜の食感。

つけあわせじゃないつけあわせ。




DSC04486.jpg


デザートは 洋ナシのムースの上に抹茶のジェラートが。
銀のスプーンにはハイビスカスのジュレ。


すべてを少しずつ合わせていただくことで、安らぎの甘みが広がります。



ジュレを乗せたスプーンの下にチョコがうっすら塗られて、スプーンをお皿に固定する役割だけでなく、
そのままスプーンを口に運んだ場合でもジュレと混じってバランスが取れる御配慮。


プロの技というのは、見えない場所にもこうして存在します。




シェフと


シェフがテーブルまでご挨拶にいらしてくださいました。

実直なお人柄がお皿の上に表現されていたとおりの、ほれぼれする笑顔。

Mさん、大事にごひいきになさっておられるレストランに連れてきていただき、本当にありがとうございました。



DSC04489.jpg


さち姉さんからいただいたベネティアングラスのブレスレット。

私の好きな色ばかりです。

足利、ココワイナリーのそばにお住まいのさち姉さんからは、長い間、たくさんの贈り物をいただき続けています。この夏もワインを何本も横浜へ送って下さいました。

さち姉さん、いつまでも元気でいてください。気負わない、しかし負けない姉さんが大好きです。




DSC04494.jpg


おなかも気持もいっぱいになりながら、3人で東京メトロに乗り、中目黒に移動。


パリの大切な親友mikaちゃんの妹さんがこの夏、東京・大阪で開催中のガラスの展覧会におじゃましました。

目黒川のすぐそばの真っ白なギャラリーへ。


DSC04496.jpg


小さい小さい作品たちはすべてガラスで手作り。

同じものは世界にふたつとありません。



DSC04500.jpg

一見、完全に金物に見えるこのハサミも、わずか3cmぐらいのガラス製なのです。


懐かしいお顔のお友達にも再会し、mikaちゃんともまた秋のパリでのにぎわいを約束しました。





夢の時間はあっというま。

お茶を飲んで、ずっとずっと語らい続けたい夕暮れ。



「これから、新しく出来ることを見つけるとすれば・・・」

射撃に興味を持っているとおっしゃるMさんがきらきらとお話します。





人は、今、自分が出来ることを守り続け、それが出来なくならないように維持を心がける。






でも、それだけではなく・・・・・





明日の自分が何に挑戦してみたいのか。

何が出来るようになりたいのか。





考えてみたら、生きることが怖くなくなりました。






さち姉さん、Mさん、今日も人生の指針をありがとうございました。






















































































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

再開と再会を楽しみに

今日もステキなブログ、ありがとうございます。
この夏のたっくさんの思い出を持って帰って、フランスでも頑張ってくださいね。
そして、また10月に元気に会いましょう。

昨日はミホさんに教わった「はんぺん」作ってみました。
アスパラが無かったので代わりにインゲンを入れてみたんですが、子供たちにも好評でした。あとズッキーニとツナのサラダも好評でした。ズッキーニで作ると水分が出過ぎないので、とっても良いですね。
次回のメニューも楽しみにしています。

今日の関東は涼しくて爽やかで「なんだかパリにいるみたいだね」と、子供たちと話していました。明日は気をつけてお帰りください。
無事に到着してブログが再開されるのを楽しみに待ってます。

No title

日本で暑い夏を過ごしたmiho、たくさんの乾杯をしたんですね♪
どの乾杯も、mihoのたくさんの思いと、未来への期待があふれていて胸が熱くなりました。
この日もステキな人との満ち足りたひと時を過ごしたんですね♪
ベネティアングラスのブレスレット、光を浴びてキラキラしていつも輝いているmihoにとっても
お似合いです。
ガラスの野菜たちかわいい表情をしているね^^

いよいよ、今日1日となってしまいましたね… 
今回は2度も会えて嬉しかったヨ。ありがとう^^
気を付けて帰ってネ。 そして、またね♡



Life is Beautiful

楽しく美味しく、素敵な時間をピノちゃんと「一緒に」過ごせたことは
いつまでも想い出に残る、この夏の奇跡の時でした。ありがとう!
素敵なお店でしたね~!シェフはイケメンだったし。なんとシェフは姉さんと同い年だったわ!

ピノちゃんに「夢はなあに?」って聞かれた時に「なんだろう?」って考えちゃった。
手術から5年生きることが夢でした。夢見る頃は5年経ってブログを始めた頃でもあります。
それから2年が過ぎて、今の夢はなんだろう・・・と考えたの。
普通の生活を続けることかな?パリに行くこともそうかも。
波乱万丈はそれなりに楽しいけど、小さな幸せを積み重ねて生きていきたいわ。

ピノちゃんは美しい人ね。もちろん見目麗しく、姿かたちもとても美人だけれど
あふれ出る美しさが尚いっそう貴女を輝かせていて、本当に美しい人でした。
次回はもっともっとおしゃべりしましょ!お気をつけて、良い旅を!

どちらも早急に。

☆おかみさま

いただいた葡萄柄のマットを抱いて欧州へ帰ります。
「再開&再会」、ええ、すぐにその時が来ます。

はんぺんや、ズッキーニなどなど、CEPAGEレシピをご家庭で活用していただきありがとうございます。パリでのレッスンの毎月のレシピもご興味のあるときには遠慮なくリクエストしてください。  

秋も好スタートが切れるよう、残りの夏をおかみさんもお元気で!
本当にこの夏、いろいろありがとうございました。




錆びない人。

☆diadianちゃん

こちらこそ、この夏濃厚な2回の楽しい時間をありがとう。
キラキラ・・・は無くなってても、ほら、化粧品のコマーシャルでもあったようにいつまでも「さびない人」っていいよね。
diadianちゃんはいつも潤いのある人だから、きしまない、さびない。

ガラスの野菜たち、他にも小さな蜂とか、ハートとか、みんな素晴らしかった。アーティストの方が丹精込めて生み出す作品は無二のものだね。
また来年もあるみたいだから、一緒に行こうよ。

10月はこの夏以上にたくさん会えそうで今から楽しみよ。




夢はいくつでも。

☆さち姉さん

姉さんはみんなに夢と幸せを与え続けている人。
実際にお会いして強くそう感じました。

母が昔、台所に立つといつも歌っていたのが「いつでも夢を」だったので私も自然と好きになり、姉さんのブログの「夢見る頃を過ぎても」と重なって。

夜風が涼しい今夜がいつまでも続けばいいなあと思いながら、数時間後には空港へ向かいます。

醒めない夢を追いながら、秋のパリでも頑張ります。
























また、ね!

どんなにお忙しいスケジュールであっても、目の前にいるピノちゃんは
それを感じさせず、楽しい時間がずっと続くような気持ちになれました。

楽しい!美味しい!だけではなく、たくさん教えて頂けた夏でした。
ちょっとだけワインの名前も覚えられました。ありがとうございます。

射撃が好き、だなんて、滅多な人には言えない“野望”ですが、
サラリと受け止めてくださって、感謝です。“あちらで”楽しんできます。

降り立つ空港で、ヨーロッパの優雅な空気が待っていますように!

いってきます。

☆mother-of-pearlさん

おはようございます。荷造り万全、今から羽田~関空~パリの航路で欧州へ戻ります。

この夏は大変お世話になりました。地球は小さい!と感じるような心の距離がとっても近い出会いに感謝いたします。

mother-of-pearlさんも秋のバカンス、たくさん楽しんでいらしてください。春には太平洋を越えた場所で集合ですね!



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク