次世代の乾杯

DSC00103.jpg

長い長い夏休みも終わりに近づき、息子は明日ひとりでウイーン経由でパリに帰ります。

親子で日本の夏を食べる時間も、あとわずか。













DSC00104_20120827143743.jpg

8月25日土曜日のお昼は、横浜中華街の老舗「一楽」へ。

高校1年の同級生hajiちゃんと文子お母さんと一緒に円卓を囲みます。


DSC00107_20120827143742.jpg

名物の炭火焼チャーシューは息子の大好物。


DSC00109.jpg

「夏野菜のイカの詰め物」は、さっぱりとしたドレッシングで。

ふかひれ餃子や、ショーロンポー、シューマイなど点心をつまみながら、おしゃべりも途切れない。


hajiちゃんにもお母さんにも、息子は赤ちゃんのときからずっと身内同様に可愛がっていただいています。


DSC00114_20120827144901.jpg

スブタやエビチリなど定番のお料理の合間に、一楽のマダムがサービスで出してくださるモダン中華。

「自家製ハムの蜂蜜煮 蒸しパンを添えて」

揚げたゆばも一緒にはさんでサクサク・ふわふわ・とろとろの3拍子。


DSC00115_20120827144900.jpg

「空芯菜のにんにく炒め」で香港の夜を思いだす。


DSC00117_20120827144900.jpg

こちらもマダムから、「赤ハタと夏野菜のうす塩炒め」

とうもろこしの甘みが揚げたお魚と仲良く絡み。


DSC00119_20120827144900.jpg

土鍋で登場の「四川風麻婆豆腐」は御飯と一緒に。

32年以上昔にhajiちゃんの家に泊まりに行っていた頃の私は、今のカズタよりも若かった。

思い出は何晩でも語り合えるぐらいに膨大。


DSC00122_20120827144900.jpg

「なめらか杏仁豆腐」もマダムから。


一楽で4人で

カズタが成人して、社会人になって、いつか結婚するとき最前列に座っていただくお約束。

ほがらかで大らかなお母さん、足をお大事にしてください。


DSC00149_20120827151755.jpg

翌日8月26日日曜日のお昼は、中学1年の同級生マサヨとご長女リナちゃんとランチ。

みなとみらいのフレンチ、ロティスリー・ティーズレイ。


リナちゃんがおなかにいる頃、1歳半のカズタを連れて里帰りした時にマサヨがうちに来てくれたね。

こんな乾杯が出来る日が来るなんて。


DSC00152_20120827151755.jpg

目の前でガラスの球状の蓋を開けるスモークサーモンの前菜や


DSC00150_20120827151755.jpg

キッシュやレバーペーストがいろいろ盛り込まれたサラダ。

県内屈指の優秀な高校に通うリナちゃんは、どんなときでも素直で可愛い。

私の友達の前では、いつもとちょっと違う顔を見せる息子も嬉しそう。


DSC00154.jpg

フランス風のハンバーグ。つなぎに野菜を使わず、ごろごろと肉がまとめてあります。


DSC00156_20120827151754.jpg

マサヨと私が選んだメインはお魚のポワレに茄子のソース。

「ししとうをオクラに代えて、お魚もから揚げにして、このソースを米茄子で作ってみてもいいよね」

マサヨが応用のヒントをくれます。


DSC00158.jpg

デザートを食べながら、大きなガラス張りの窓からみなとみらいのビル群を眺める。昼と夜は別の顔。


マサヨとリナちゃんとカズタと私

ずっと友達、これからも友達、親子で友達。


希望が丘プチ女子会


ランチのあとは、すぐ近くの横浜美術館のフレンチへ。

高校の友人たちのプチ同窓会にお茶から1時間半ジョイニング。

1983年の卒業アルバムを持ってきてくれていた。ずっと前なのについ昨日のよう。


DSC00165_20120828062930.jpg

家に戻って息子と再び合流後、すぐに再外出。

港南台の友人の美容院で息子がカットしてもらい、閉店後にみんなで大船へ。

予約してくれてあった個室でカンパイ。

「カズタ、免許取得おめでとう!」「目印のポールがないと縦列できないよ」


DSC00166_20120828062930.jpg

海鮮コースのスタートは、「生しらすとごま豆腐とさしみこんにゃく」。


DSC00168_20120828062930.jpg

巨大なお刺身盛りあわせの中心にさきほどまで水槽に泳いでいたイカが。

タコイカ好きの息子、大興奮。

DSC00182.jpg

「どんどん食べなよ、もういっぱい追加するよ」 ありがたく、追加も完食。



DSC00173_20120828062930.jpg

「カニとあわびの陶板焼き」 バターとおろしポン酢のソースで。


DSC00183_20120828062929.jpg

海老と神奈川の地野菜のせいろ蒸し。


DSC00185_20120828064216.jpg

たっぷりの容器に出汁のしっかりきいた海鮮茶碗蒸し。海草のネバネバ感が絶妙。


DSC00190.jpg

天ぷらがどーんと登場し、そろそろおなかが飽和状態。


DSC00191_20120828064216.jpg

シメはお寿司4貫。イワシが特に気に入りました。


DSC00194_20120828064215.jpg

マンゴのふるふるゼリー。 ひろしさん、よしこちゃん、いつも本当にご馳走様です。


よしこちゃん、ひろしさんと大船で

お店のサービスで、その場の写真をメッセージ付きでカードにしてくださいます。





息子と二人で大船駅からJR、地下鉄と乗り継いだ帰り道。


「志を高く持ち、お世話になっている方々にいつか必ず礼を尽くすようにね。」


いつもなら逆らうばかりの息子も、素直に頷く。






9月からはリセの最終学年。


お台場で買ってきた新しい長袖の服を着て、未来に繋がる学びの日々を。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわっ、なんて早いUPなんでしょっ^^
改めまして、「先日はありがとうございました。」
お料理も景色もおしゃべりも最高♪
生カズタ君にも会えて楽しかった~^0^
そっ、それにしても、勢いがありすぎる。パワフルだわっ^^
  このブログを読んでいるみなさーーん!
中華の記事より後は、たった1日の出来事なんですヨ!
それも昼12時以降の!!(お色直ししてますね~)
・・・・と大声で叫んでみました^0^
カンパイ生活もぼちぼち終盤にさしかかってきていますが、
まだまだ楽しみにしています。

飲んでも飲んでも

☆diadian ちゃん

いえいえ、こちらこそ、貴重な休日に横浜まで来てくれてありがとね。
日本のCEPAGEを開催できるのもdiadian ちゃんのおかげです。これからも親子でよろしく。

土曜日の中華の後、夜は銀座でした。飲んだものがどんどん汗と脂肪になっていくー。

今日はさっきお墓参りから帰ってきた。根岸の墓地、逃げ場がなくて本気で怖い陽射しだった。
もう少ししたら支度して、夏を締めくくるお仕事にいってきます。diadian ちゃんも今週もがんばってね。

No title

こんにちわ~♪

わっ、いその爺さまのブログでも
時々お見かけする
あの「一楽」さんですね~♪
やっぱり美味しそうなものがいっぱいですね^^v
今度いその爺さまにおねだりして
おごってもらおうかしら~(笑)

横浜の中華☆

ピノちゃんこんばんはv-483

やっぱりピノちゃんパワーv-91凄いですv-424
そして今夜もお仕事を楽しまれたのでしょうねv-441

一楽さんv-354いつもここで拝見する度に
いつか連れて行って頂きたいと思っておりますぅ~v-398

ピノちゃんが旗を振って下さったらいつでも馳せv-29参じまーすv-411

No title

diadianさんのところから「、面白そう♪」と思って飛んできました~
うわぁ リナちゃんが写ってる~^^

って、本当にmihoさんはスゴイ!!
前日の中華から~のザギンから~の、翌日はフレンチ~→お茶を挟んで→和食・・・ああ。
これだけのフル&フルコースをお腹に入れときながら、一体どうやってそのスタイルを
保っているのかしら・・。
でも、そうやって食べ歩きをしながら
すべてを学び取って、仕事につなげて縁もつないでいるんだなぁ。ホレボレ・・

カズタ君、免許取得おめでとうございます。
助手席に乗せてもらえる日も近いですね!

No title

楽しそうで美味しそうな写真だわ。
沢山食べて、沢山の友人に会えたのね。

それにしても、diadian さんの
>中華の記事より後は、たった1日の出来事なんですヨ!
思わず大笑いしちゃった(笑
もうすごすぎる!!

みほちゃんもdiadian さんも、さすがお料理のアイデイアがすごい。
次のセパージュも楽しみよ。

最後に・・・エビ好きの私には酷すぎる画像続出だよぉぉ。
エビのせいろ蒸しみて、倒れそうになったわ。たべたい・・・
今度今度あったら、えび食べ行こう!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あっ!!一楽~~~~~
今年の2月に初めてmiyayaさんや猫友さん達と
円卓グルグルしましたぁ~
美味しかったです!!

「よだれ鶏」でしたっけ?
今度は、それ食べたみたいです。。。v-410

横浜美術館のフレンチのお店って
昔。。。元町の裏通りにあったお店ですかね?
確か。。。T'sブラッセリーって言うお店だったような。。。
1度行ったコトがあります。。。

ご一緒しましょう!

☆マムチさん

毎日暑いですが、マムチさんはどんなときでもしっかりお食事を作っておられてご立派です。
私は横浜のキッチンをほぼこの夏、仕事の仕込み以外では使わないままでした。

「一楽」、そうです、いその爺さんにご紹介いただいて、もう数年時々うかがっています。
マダムとオーナーのお人柄が素晴らしく、いつ行っても気持ちのいい笑顔で接してくださって
つい長居になります。

マムチさんと私で、いその爺さんをはさんでみんなで食事会したいですね。食いしん坊万歳の円卓はきっととっても楽しいはずです。

旗振り

☆小鞠ちゃん

おかげさまで、昨日の仕事も楽しく盛り上がって無事に終了いたしました。
明日通院して注射を打てば、この夏の山を越えられると思っています。

一楽さん、小鞠ちゃんもきっと大好きになってくださると思います。
コースもたくさんありますし、マダムとその日のおすすめを相談していただくのも良し。

大きな旗を振れるように、いろいろ考えておきます。

スタイルも何も

☆yukapi ちゃん

終盤戦、いつになく食べ続け、現在怖くて体重計には乗れない状態です。
スタイルを維持もなにも、ただ元からカラダが大きめということに上乗せして、さらに2回りぐらい巨大化した感じ。

久々に会う友人たちが、苦し紛れに「それだけ食べているんだからしょうがない」と言っています。しょうがない・・・いえ、しょうがなくないですよね。パリへ帰ったらなんとかします。

yukapiちゃんもまだまだワンちゃんたちのお散歩もあつくて大変だと思いますが、がんばってくださいね。いつか、私も女子会混ざりたいです。ワンコは居ないけど~。

続く、続く。

☆さつきちゃん

日曜日は朝はウチで食べたけど、昼から夜にかけての食べ続け&しゃべり続け時間はいつになく濃かったと思います。

いつもは通院の前は体重を落としていくのだけど(血液検査の数値のため)、今回はMAXな状況。主治医の先生も苦笑いまちがいなしだと思う。

エビのせいろ蒸しも巨大エビ天もエビのお寿司もみんな良かったです。さつきちゃんエビ好きなのね。甲殻類って何でこんなに美味しいんだろうね。

おかげさまです

☆鍵コメ いその爺さん

一楽のマダム、いつもご親切です。今回久しぶりに伺って、「元気そうでほっとしたわ」と言っていただきました。 マダムの明るさもお料理の味を引き立てていますね。

いその爺さんにご紹介いただかなければ、中華街でどこにいったらいいのか、わからなかったと思います。今は息子も一楽の大ファンなので、中華と言えば一楽。

↑マムチさんも一楽ご希望のようですので、いつか横浜オフ会お願いします。

帰国まであと少しとなりましたが、胃拡張のまま飛行機に乗る予定です。

No title

エビ大好きなのよ。甲殻類全部大好き。

みほちゃんは苦手なものはある?
私はね、豚肉がちょっと苦手なのよ。
アレルギーがでちゃうの。
でも、餃子みたいにちょっとはいってるとか、ハム系はアレルギー大丈夫んだけどね。

甲殻類のアレルギーがなくてよかったわ(笑

明日、痛いだろうけど・・・後二回!!
ファイト!!

よだれ鶏

☆うめ吉さん

一楽、みなさんでいらしたんですね。2階の窓際の円卓がよいので、次回はぜひご一緒しましょう。よだれ鶏、ほどよい辛味と蒸しあがった柔らかい鶏のうまみが抜群の人気前菜です。

ティーズミュゼは元町にあったころは私は行ったことがないのですが、美術館に併設されてランチもディナーも時々通っておりました。miyayaさんもよくお仕事でご利用なさってるようです。

ミュゼもレイも、スタッフがみなさん丁寧で、空間もたっぷりしているので、ゆったり食事したいときには最適だと思います。同系列のイタリアン、アッティモも眺めがいいのでオススメです。

食べ物の好み

☆さつきちゃん

豚肉にアレルギーね、承知しました。事前に伺っておけばCEPAGEの時もアレンジ可能なので。

私はアレルギーも何もないです。以前は甘いものはほとんど食べなかったけど、実は苦手というのではなく。ケーキバイキングよりも、中華食べ放題のほうがいいかな、というレベル。シュークリームとかモンブラン、ロールケーキ類はいくらでも食べられる。しかし、基本酒飲みなので、お酒のアテのほうに興味が大きいのです。

昔、CEPAGEのパンフレットを作ったときに、プロフィールの「好きな食べ物」という欄、迷いに迷って「明太子、あんきも、もずく」って書いてオヤジっぽいといわれたことがあります。

今日、注射してきました。病院から戻って3時間ぐらい昼寝して、具合が悪いのは回復。
数日間は患部がしこりますが、だいじょうぶ、食欲が落ちる気配はありません。
心配してくれてありがとう。 

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク