大人の放課後

DSC02591_20120921233116.jpg

早朝の仕込から夕方までの仕事が終わり、片付けと翌日の買出しを済ませれば遊びに行ける。

日本から戻って10日、生活リズムがいつもどおりの水曜日の夜。











DSC02567_20120921233116.jpg

パリ14区、お気に入りのビストロには月に1~2回は伺っています。


DSC02565.jpg

店の前にいた、うさぎのような猫。 


DSC02573_20120921233116.jpg

カウンターにはマグナムボトル。


DSC02574.jpg

何を食べようか、黒板のメニューを見て考える楽しい待ち時間。


DSC02572.jpg

本日のグラスワインも充実してます。


DSC02576_20120921234008.jpg

JALの先輩と友人が、この日のフライトで到着。 タフな面々と乾杯!


DSC02582_20120921234008.jpg

別々の前菜をとって、みんなでつつきあう。気軽なビストロのお楽しみ。

鶏肉のテリーヌや、


DSC02586_20120921234008.jpg

フォアグラが添えられたキノコのカプチーノ仕立て。


DSC02599_20120921234008.jpg

シャンパーニュのボトルはすぐに空っぽになり、ブルゴーニュの赤ワイン。


DSC02607_20120921234007.jpg

子牛のパイ包みとマメの煮込みや、


DSC02605.jpg

柔らかい羊肉を楽しみながら、


DSC02613_20120921234544.jpg

「これで1人前ずつ?」と驚かれたチーズプレートはそれぞれに。


DSC02617.jpg

私のデザート、レモンのメレンゲはその場でフランベ。

話して笑って、飲んで味わって、気がつけば3時間半。 

ロングフライトの後、体力が残っているのもクルーの先輩の底力。



DSC02637_20120921235314.jpg

翌日木曜日の夜、20時開始で近くのワイン屋さんの試飲会へお招きいただきました。


DSC02647_20120921235250.jpg

閉店直後に、準備中のステファニー。フランスとアメリカのハーフで、日本にも1年半暮らした経験あり。


DSC02648.jpg

「ニコラ」はフランス全土にある街角のワイン屋さん。フランチャイズもあれば直営店も。

 
DSC02649.jpg

コメントチャートも用意されて、お勉強モード。(実際には誰もペンを持たず)


DSC02654.jpg

シャンパーニュ、ブルゴーニュの白2種、ブルゴーニュの赤1種、ボルドー2種を試飲。


DSC02651.jpg

乾杯のシャンパーニュはピニムニエ主体の、しっかりした1杯。


DSC02631_20120922000256.jpg

簡単なお寿司を差し入れました。フランス人はサーモンが大好き。巻いたり、握ったり。

みんなの手が伸びて、あっという間に空っぽ。

お魚のカタチのプラスチックしょうゆケース、大人気。


DSC02634_20120921235725.jpg

優しいシャルドネ、厚みのあるシャルドネ、と飲み進め、


DSC02643.jpg

私以外のゲストは、近所のお肉屋さんやカフェのオーナーたち。

こちらはお肉屋さんから差し入れの生ハム、チョリソ・・・


DSC02642_20120921235726.jpg

スモークモッツアレラも乙な味。


DSC02646.jpg

パンはテーブルにごろごろ転がしてあり、勝手に手を伸ばしてつまみます。


DSC02636_20120922000705.jpg

ブルゴーニュ・ニュイサンジョルジュ。木苺の香り。ハーブも少々。


DSC02656.jpg

2時間あまり、立食で楽しんでお開き。

ブノワ、ダミアン、マリーテレーズ、ヴァレリー、ヤニス、エルヴェ、ニコラ、ステファニー、ありがとう。






金曜日の夕暮れ、外は今、しとしと雨降り。

さきほどセントラルヒーティングのパネルがぬるく温まり始めました。

10月から5月まで、暖房が入るパリ。



9月も後半、短い秋をワインと共に。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミホ寿司おいしそう♪

 日常のパリの生活がはじまるころは、夏の名残もなくなってすっかり秋なのですね。
東京はまだ日中は30度超え、夜も蒸し暑いですが、一時期よりはクーラーが切れない
ことはなくなりました。 夏時間がない日本では秋は日の入りが早くなり、あっと
いう間に夕方になることで夏の終わりを感じます。先週まであんなに五月蠅かった
蝉の鳴き声が、ボリュームダウンし虫の声がボリュームアップしました。 まだクーラー
ともう暖房の違いはかなりの差がありますね。
 食欲、おしゃれの秋到来〜♪ ミホちゃんに会いに客様がたくさんいらっしゃるとのこと
楽しみですね。 いつもながら、ミホ寿司おいしそう、一度食べていたいです!
 CEPAGE JAPONでも、寿司教室しましょう!

No title

スモークモッツアレラ、食べてみたい。
あのプリンとした食感は変わらず? 淡白な味わいは?
少し前、ホームセンターでスモークチップ買ってフライパン使って
なんでもスモーク、マイブームでした。(いつの間にか過ぎ去ったけど^^;)

差し入れのお寿司、職人さんのように素晴らしい☆
今度教えてね!!

9月の日本

☆ Melissa さん

9月はパリは年度初めで、CEPAGEも2013年度スタートしました。まだ日本の9月は秋ではなく夏のくくりのような暑さが残っているようですね。どうか連日のお疲れが出ませんように。

夏の横浜で冷房に強烈にあたって過ごしていたとき、関節や骨がしくしく痛んでいたのですが、パリに戻って自然の気温で暮らしたら体調も戻りました。

ミホ寿司は特別なことは何もないのですが、心もち、優しく巻くことでしょうか。市販のものよりも御飯も若干柔らかめにしています。

スモーク

☆ diadian ちゃん

スモークモッツアレラは、食感はいつものと違うわ。繊維を感じるような、あっさり度が増した味わいになっていた。周りのスモークした部分を食べると風味が一層強かった。

diadian ちゃんもスモークブームがあったのね。この前、横浜で東急ハンズにいったときに、自家製スモークグッズを見て、サクラのチップとか、いいなあ、私もやってみたいなあと思ったりしました。フライパンでもできるのね、今度詳しく教えて。

お寿司ね。日本だったら商店街で気楽にお昼はパックのお寿司で~っていう気分なんだけど、
こっちはまず、それは無理だし、売っても買えない値段だから自分で巻くの。
カズタなんか、生意気でちっとも感動しないのよ。

No title

連日の楽しい大人の放課後、拝見していて私もちっょとウキウキした気分。

昔の仲間って、一瞬にしてその時に戻れるし、素の自分が出せるって感よね。
でも、みほちゃんはいつの時代も変わらないのかなぁ・・・
私は。。。ちょっとだけ猫かぶっているときあるから(笑)ねぇ。

ご近所さんとのパーティも楽しそう。
お寿司が人気だったのもすごく納得。
私も日本でお寿司レッスンお願いしたいと願っているひとりですよん。
我が家の近所の商店街の方々とくらべたら・・・みほちゃんご近所さんはとてもオシャレだわ。

パリでも素敵な人たちに囲まれてるね。

アジアンビューティ、輝いてますよぉ!!!

No title

ビストロの美味しそうな料理の数々・・・ ワインが進むこと間違いなしですね♪

昨日は、こちらでも登場した横浜美術館のレストランへ。
久しぶりに、テリーヌや鴨のコンフィを頂きフランスを懐かしく思い出しました 笑。

Foire aux vinsも懐かしいです★
某スーパーの夜の試飲会へ行ったのを思い出します。
ワイングラスを片手に、牡蠣やパテ、チーズやサンドウィッチなど沢山のおつまみを食べて飲んで・・・
今思うと夢のような企画です!!

お寿司の盛り合わせも美味しそうですね!
巻き寿司レッスン、私も是非検討していただきたいです!!!

昔の私

☆さつきちゃん

子供の頃、学生時代、社会人時代、その頃の私は今よりももっととんがっていたように思うし、
今以上にわがままだった。 そんな私を、当時も今も、「友達」として認めてくれるみんなは
本当にありがたいのです。

昨日も久しぶりに会った友達が、私が昔言った「大きなこと」を覚えていて、ふたりで大笑い。
あつかましく、思ったことをクチにするのは昔かららしい。

さつきちゃんは今もまろやか、優しくて柔らかい人だから、子供の頃から変わらないと思う。
広島に行ったら、ご主人に昔話を聞いてみようっと。


ワインフェア

☆ Bon Bon♪ ちゃん

横浜美術館のレストラン、広々、空間も落ち着きもいいよね。次回はぜひ、同系列の肉をダイナミックに焼くお店にご一緒しましょう。

パリでは今月、モノプリでもカルフールでも、フランプリでも、どこでもワインフェア。
このニコラの日も、カルフールからも招待状をいただいてあったんだけど、こじんまりしたほうに
参加してきました。

巻き寿司ね、日本ならネタもいっぱいあるし、いろいろな具材で美味しい巻物を作れそうだわ。
いつか実施できたらぜひご参加ください。

Bon Bon♪ ちゃん、お仕事、お勉強は順調ですか?ご主人はお元気?日本でもあっちこっちデートしてるのかな。横浜にも次は二人で出てきてね。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク