鉛筆をグラスに変えて  其の参

DSC03014_20121011234512.jpg

セーヌに吹く風は、いつの季節も甘美で切ない。


鉄のレースに見とれながら、船の往来で揺れる水面にあの日の影を探す。













DSC02981_20121011234512.jpg

日曜日の朝市へ、Yくんをご案内。

翌日からの仕事の買出しをしながら、まだ混雑前の道をカートを引きつつ歩く。



DSC02979.jpg

魚屋さん、この日は品数豊富。鯖は少し小さめだけど、サーモンもマグロも生きがいい。

午後はYくんは美術館めぐり。 私は家で翌週からの仕事のテキスト作り。



DSC02983_20121011234511.jpg


19時にホテルへお迎えに行き、タクシーでアルマ橋のそばのバトームーシュ乗り場へ。


DSC02988.jpg

乗船前にもバーでアワモノを飲み、席についてからもさらに乾杯! 

アワのボトルはブランケット・ド・リムー。


DSC02985_20121012000256.jpg

小さなタラマのアミューズに続いて、


DSC02990_20121012000253.jpg

Yくんの前菜は、「鴨のフォアグラ ハイビスカス添え バルサミコソース」。


DSC02991_20121012000255.jpg

私は「黄金ウズラのロースト フォアグラ添え」を。


DSC02995_20121012000253.jpg

出航は20時30分。 アレクサンドル3世橋をくぐり、


DSC02996_20121012000252.jpg

ルーブル美術館を通過して、


DSC03023_20121012000920.jpg

赤ワインは、ボルドー・ポムロールのメルロー主体のものを。


DSC03002_20121012000920.jpg

Yくんのメインは「牛フィレのポワレ」で、私は、この「ガチョウのささみ エシャロットコンフィ」。


DSC03004_20121012000920.jpg

ミッテラン図書館の手前で、船は大きく旋回し、


DSC03007_20121012000919.jpg

季節のチーズ3種盛りはサンネクテールと、ブルードコルスと、モルビエ。


DSC03011.jpg

22時少し前、デッキに上がってエッフェル塔を眺めているうちに、


DSC03017.jpg

5分間のキラキラ点滅が始まりました。 Yくんは動画撮影に一生懸命。


DSC03025_20121012001648.jpg

グルネル橋の自由の女神を見ながら、再び船の向きは変わり。



DSC03024_20121012001648.jpg


デザートとコーヒーをいただいて、2時間15分のセーヌクルーズ終了。

タクシーでホテルへお送りしてお別れ。





モンマルトルから見下ろすパリ、エッフェル塔から眺めるパリ、セーヌを滑るパリ。

歩きながら、食べながら、何をしていても、誰といても、パリの魔法は無限大。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鉄のレース、光のレースの貴婦人の足元を、イカ釣り船...
じゃなかった、セーヌの遊覧船が行き交う。

ミラボー橋の下をセーヌは流れ
遠いイマージュ水面におとす

ん?
なんか混ざっちゃってる...!?

No title

お約束の黄金の泡がグラスに煌めいていますね。
エフェル塔のダイアモンドクラッシュも、ピンボケだと、シャンパンの泡のようにも見えてきます。

ここでひとつの疑問が....
Yさんはともかく、実保先生は、今グラスをあげてるのと同じくらい、当時鉛筆を持っていたのだろうか...!?

No title

キラキラきれい!!
ロマンチックな私は、うっとり見とれてるわよぉ(笑

東京タワーもこんなにライトアップしたらいいのにねぇ。

デザート、奥の△のも気になる。おいしそうううう。

Yさんがいらしている間、私も行動を共にしたみたいな感じです。
外野でちょっと騒ぎながら、楽しかった。

ブルゴーニュからローヌへ

☆シャトーレイヤス さん

♪たとえ異国の・・・、この日、お江戸の屋形舟でお座敷天ぷらを食べたこともあったなあ、と
社会人時代を思い出しておりました。

エッフェル塔が間近に見えるレストランで飲んだヴィオニエや、サントノーレの庶民的なビストロなど、私が愛するブルゴーニュ以外のワインを飲んだ究極の記憶もたくさんあります。

♪けれど傷つく心持ち続けたい 歌詞は2番がいいよ説。 またカラオケも行きましょう。

タイトル

☆ 鶴男さん

ピンボケのキラキラもなかなか良いかなあと載せてみました。この日は目がシバシバして老眼気味で、コンデジを使いこなせていませんでした。

疑問点にお答えすると・・・タイトルは「鉛筆を」ではなく「ラケットを」に変えたほうがいいのかも知れません。
わたくし、高校時代はテニスをしに学校に行っていたようなものです。
とことん体育会系で、朝練、昼練、夜間照明の時間まで、泥だらけで白球を追っておりました。

Yくんは昔と変わらずマジメで賢くて、同じクラスに居たとは思えません。
いろいろいたから、楽しかったのかなと540人の個性的集団を今も大好きです。

ライトアップ

☆さつきちゃん

セーヌ沿いの建物は、それ自体もほんのり明かりはついているし、セーヌを渡る船からも
建物に向かって強い光があたるしかけになっているの。

次から次へ、モニュメントが現れて退屈しないし、ずっと楽しんでいられる。

さつきちゃんとダーリン、そして、私も一緒に乗船するから、写真たくさん撮ろうね。

エッフェルラブ♡

 エッフェルラブの実保ちゃんのショットは何時も素敵!
このブログだけでも何十枚と見ているけれどいつ見てもうっとりしています。
 いつか、エッフェルだけのブログ作ってみて!そう私の誕生日にプレゼントとかで…
 GWにモトピケのマンションで10日間毎日、朝昼晩とエッフェルを眺めて過ごせたのも
実保ちゃんのブログのショットからでした。

 また、一緒にエッフェルを眺めながらシャンパングラスで乾杯しましょうね。
そのまえに11月に我が家でTokyoタワー眺めながらが先かな?
さつきちゃん、Tokyoタワーもエッフェルにはほど遠いけれどライトアップが数通りあり楽しめます。
 Tokyoにいらしたら是非我が家からみてください♪

ありがとうございます

Melissa さん

とっても嬉しいお誘いありがとうございます。
いつか、皆さんと一緒に東京タワーを眺められたら・・・想像するだけで幸せな気分になりました。
私世代は、新東京タワーよりも、やはり芝の東京タワーの方が存在感があります。
いつか、ご一緒でするのを楽しみにしています。

Melissa さんも、ぜひ広島にもいらしてください。
一緒にワインをいただきたいです。

みほちゃんを通しての素敵なご縁・・・ありがとうみほちゃん。

タワー好き

☆Melissa さん

さつきちゃんとも仲良く繋がっていただき、ありがとうございます。Melissa さん邸から東京タワーを眺めさせていただくときには、次はさつきちゃんも一緒に行けたら楽しみ倍増です。

エッフェル塔は世界一好きですが、実は私はタワーというと横浜のマリンタワーも愛しています。最近、色が塗り替えられて、昔とはだいぶ様変わりしたのですが、それでもパリから日本へ戻って羽田から横浜へ帰る高速からマリンタワーに「ただいま」を言うのがならわしです。

子供の頃から何度となく上って、数え切れない想い出があります。

東京タワーは数回だけしか上っていないのですが、昭和の象徴、スカイツリーとはベツモノの
独特の存在感。

エッフェル塔だけのブログですか。うーん!昨日もずいぶん友人とエッフェル塔にのぼりましたので、近日中に記事UPいたします。

仲良し繋がり

☆さつきちゃん

Melissaさんはパリ好きでいつもニコニコしていて、とっても上品で美人なお姉さんです。
インテリアも眺望も、すべて素晴らしいゴージャスな別邸をお持ちなので、いつか一緒に遊びに行かせていただきましょうね。

身軽に日本中飛びまわっておられるから、きっと広島にもすぐに行くと思いますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヴァンヴの蚤の市

☆鍵コメ Cさん

はじめまして。とっても嬉しいコメントありがとうございます。大感激です。
昨日、ヴァンヴで小雨の中、日本からの友人とうろうろしていたのは、私です!
見つけてくださったなんて・・・近日中にブログもUPしますが、ちょこちょこ買い物して、
たくさん写真も撮っておりました。

お天気が悪くて、足元も冷え込むような日曜日でもずいぶん日本の方も歩いておられましたね。

Cさんはパティシエさんということで、夢と愛のあるお仕事、ステキですね。
いつか、Cさんがご勤務のレストランにも伺ってCさん作のお菓子をいただいてみたいです。

次に私を見かけたら、ぜひぜひ声をかけてください。お会いするのを楽しみにしております。
これからもよろしくお願いします。

No title

こんにちわ~♪

素敵な写真を見て
私までパリに行った気分になりました(笑)

来週から放射線治療が始まります。。
睡魔に負けないように
頑張りまーーす^^

応援してます!

☆マムチさん

いつもマムチさんのブログには、免疫が上がる元気なスパイスがたくさんふりかけてあって、感心して読ませていただいています。

放射線は予定回数を最短期間で浴びきるために、体調を維持して頑張って通院してくださいね。私は5日いって2日休みを6週連続でしたが、お休みのときにマジックのマークがお風呂で消えそうであせったぐらいで、平日は慣れてきたら寄り道もしてました。

治療がひと段落したら、いつかパリにも遊びにきてください。お待ちしてます!

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ありがとうございます。

☆職歴書さん

楽しんでいただけてよかったです。ありがとうございます。

ブログを書くようになって、いろいろな専門サイトがあることをあらためて知りました。





プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク