家族の年輪

P1020716.jpg

霜月に入ってすぐの金曜日、友人ご家族をお招きして温かな時間を。


朝市で見つけた「キウィのバラ」、少しだけふちが緑味がかっています。














P1020713.jpg

夜のテーブルは照明を少し落として、キャンドルを灯します。


集合写真

仲良しのY子ちゃんご家族と、神戸からいらしたY子ちゃんの素敵なご両親。

Y子ちゃんのご主人Kさんは残念ながらお仕事で欠席。


DSC00936_20121107061017.jpg

シャンパーニュとアミューズでカンパイ。


DSC00938_20121107061017.jpg


ホタテと銀杏の冷たい茶碗蒸し。この日の料理は和風のフレンチ。


DSC00939_20121107062138.jpg

カニミモザサラダ。 グラスにレタス、カニ、タマゴを層に重ねて。


DSC00941_20121107062138.jpg

海老と帆立のグラタン ほんのり味噌風味。


DSC00945_20121107062138.jpg


サーモンとジロール茸、クリームチーズのパートフィロ仕立て。

サクサクの巾着の形で焼き上げて。


DSC00947.jpg

牛のほほ肉の赤ワイン煮込み。 もちろん醤油も加えてあります。

ロックフォールチーズをのせて。


DSC00955.jpg

シャンパーニュから、白はヴィレ・クレッセ、赤はお土産にいただいたポマールの1級畑。

Y子ちゃんとお父様、お二人ともまったく顔に出ない、酔わないところがよく似ておられます。



DSC00949_20121107062137.jpg


ブリー、24ヶ月コンテ、コンポステル、小さなエポワースに、カリンのパテ。


DSC00952.jpg

お土産にいただいた抹茶のパリブレスト。

マンゴクリームの中にあんこも隠れていました。






世界各地での生活経験をお持ちのご両親から、Y子ちゃんの子供の頃のお話を伺う。

国際感覚あふれる血で、しっかりと繋がる親子3代。






親戚がもうひとつ出来たような、有り難く、満ち足りた会話。




これから伸びゆく「若さ」の世代、ご苦労を感じさせない「若々しさ」の世代。

楕円のテーブルに、悠久の年輪が増えていく。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ステキなつながり

 楽しい時間を過ごされたご様子が写真や言葉の端々からあふれて、読んでいるわたくしに伝わってきました。Y子ちゃんのご両親がステキだろうなというは、Y子ちゃんやRちゃん、Kくんから感じられますね♪
 こんな風に仲良しのご家族、幸せを絵に描いたような(なんてありふれた表現では申し訳無いのですが)ステキなご両親ですね。実保ちゃんは、そんな方々を引き寄せる不思議な力があるというか、類友かな?
 Rちゃん、Kくんもカズタくんのように頼もしい兄貴がいて安心でしょうね。兄貴は下の子に頼られることによってよりしっかりとたくましくなるし、家族ぐるみのお付き合いは大切ですね。人付き合いが希薄になっている昨今、当たり前のようでいて中々出来ないお付き合いの輪を広げることの大切さ我が家でも心掛けてはおりますがを改めて実感しました。
 エビのホタテのグラタン味噌風味、次回試してみたいなと思いました。
 

家族ぐるみ

☆Melissa さん

いつも温かいコメントをありがとうございます。Y子ちゃんとの出会いは今年の2月。まだ1年も経っていないのですが、ずっと前からの友達のように感じています。
Y子ちゃんのご主人Kさんと初めてお目にかかったのはIさんのお見送りの日。
たくさんのご縁で、今があると思っています。

子供も大きくなり、家に置いて出かけられるようになって大人だけのつきあいも多くなりましたが、Y子ちゃんのお宅に最初におよばれしたときに「息子さんも一緒に」と言っていただき、
そこから、ありがたいことに家族で繋がるようになりました。

年長者のお話を伺えること、故郷を離れて親戚もこの地に居ない私たちに、大変貴重です。
家庭内麻雀の話で意外に盛り上がりました。カズタが最近は麻雀に興味を持ち出したので。

Melissa さんご家族にもまたお会いしたいです。


No title

美しいバラに、素敵なテーブルセッティング。テーブルクロスもシックで美しいですね・・・うっとりしてしまいます・・・
お料理もどれもホントに美味しそう
牛の煮込みにロックフォールチーズをのせる・・・考えただけでお腹がすいてきました
まだ朝なのにワインも飲みたくなってきてしまいました(笑
でも、ここはグッとこらえて仕事を終わらせて夜の楽しみに取っておこうと思います

冬が始まりました

☆ belle-vie さん

パリの短い秋が終わり、落葉で道路は今、とてもにぎやかです。これから数ヶ月続く灰色の季節に備えて、家の中は常に湯気が上がるような食卓にしたいと思っています。

煮込みは極とろ火でお鍋におまかせで7~8時間で、堅い牛ほほ肉も柔らかくなりました。
お肉屋さんでは「ミニマム3時間」といわれますが、フランスの肉は3時間では堅いです。
ロックフォールのせは、煮込み以外にもステーキにも時々します。クリーミーな塩分がちょっといいアクセントになりますのでお試しください。

No title

バラの色合いがものすごく素敵!!
清楚な感じで、食卓にぴったりです。

お料理は、いつもおいしそうで、レストランのコース料理みたい。
全部たべたーーい。

仲良しの友人との食事、楽しさ倍増だよね。
とっても楽しそう!!

友達との時間

☆さつきちゃん

フランスのお花屋さん、バラの種類がとっても豊富で、名前もいろいろある。はっきりした色も好きだけど、今の季節はこのあいまいな感じがいいかなって。

料理は難しいことは出来ないけど、この日はレシピが口頭説明できる範囲での和風フレンチ。

今夜はY子ちゃん宅のパーティーにカズタと二人でおよばれです。ウコン飲んで、ウエストゆるゆるの服を着て、楽しんできます。

素敵な年輪

シックで素敵なテーブルに並ぶ、数々のご馳走。美味しそう。
バラの花も綺麗。(バラ大好き)

「海老と帆立のグラタン」に使われている貝殻は、もしかしてあの時のかしら?


ミホさんは親戚がどんどん増えていきますね。
年輪がどこまでも繋がって、どんな嵐が来ても倒れない大樹になることでしょう。
青々と茂る美しい葉が、目に浮かびます。

根を広げて

☆おかみさん

親戚がどんどん増える、嬉しいことだと思います。ひとりっこの自分には、周りの友人が姉で兄で妹で弟。 カズタにとってもそうなのだと思います。

グラタンの貝殻は、朝市で殻ごと買ってきて、家でワタシが剥いたものを使いました。
あの時? え、いつでしょう~。最近、激しく記憶が欠落することが多く、ちょっと前のことも何も覚えていないのです。

私の勘違い

貝殻は以前に見たことがあったような気がしたんだけど、私の勘違いだったみたいです。(失礼!)

ミホさんが自分でホタテをさばいたんですね。すごいわ~
グラタンが食べたくなってきました。

ホタテの貝殻

☆おかみさん

貝殻はいつも使うから、きっとこのブログ内で見ていただいたのだと思います。スーパーの魚屋だと剥き身で売っているけど朝市だと貝のままのほうが新鮮なので、いつもそのまま買ってきて、こうしてグラタンにして、そのまま貝も捨ててます。

9月に行った北海道で、牡蠣をあけるナイフと共にホタテ用のナイフも買ったので、それですいすい開けられます。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク