紅色の海 黄色の海

P1030413.jpg

昨日の早朝、気温2度のパリへ戻りました。

日本滞在後半、目に焼き付けた秋の色々、もう少しだけおつきあいください。









DSC01151_20121203170331.jpg

みなとみらいでCさんとランチ。乾杯のアワはロワールのクレマン。


DSC01154_20121203170331.jpg

日本のフレンチは、シーフードの火入れと色使いが魅力。


DSC01157_20121203170331.jpg

和風ステーキは、もちろんパンではなくライスを選択。

揚げたたまねぎとみりんが効いたソースで200gも余裕で胃袋へ。


DSC01162_20121203170331.jpg

満腹の後は、脳への刺激。横浜美術館で、浮世絵を観賞。

「はじまりは国芳 ~ 江戸スピリットのゆくえ」。


P1030207.jpg

神奈川県庁前の日本大通のいちょう並木。


P1030255.jpg

山下公園前も銀杏の香りに包まれて。


DSC01265_20121203164628.jpg

先週月曜日、茗荷谷でJALの同期3人でランチ。牡蠣フライがのったパスタ。


P1030278.jpg

先週水曜日は青山の岡本太郎記念館へ。


P1030285.jpg

天井も床も壁も、作品を包み込む赤。


P1030306.jpg

続いて、根津美術館へ。柴田是定の漆工、漆絵、絵画を鑑賞。お庭散策。


P1030322.jpg

どこを向いても「和」の世界。



P1030328.jpg

紅色、萌黄色の中に静かに佇む苔色の仏様。


P1030341.jpg

「NEZU CAFE」でランチ。


P1030364.jpg

神宮外苑はいちょう祭り開催中。


P1030367.jpg

夕暮れの空が見えないほど、黄色の世界。


P1030375.jpg

お祭り会場で長崎の鰯げんこつ揚げと生ビール。


DSC01333_20121203164500.jpg

焼き塩サバに、納豆ドレッシングのお野菜がこんもりと。


DSC01334.jpg

日本滞在中はせっせと日本酒をいただきます。


DSC01347_20121203165033.jpg

帰国前夜は大好きなお寿司屋さんのカウンターへ。

香箱ガニは、松葉ガニのメス。卵がみっちり、搾りたてのゆずで。


P1030305.jpg


緑濃い松に受け止められる紅葉。





今回、滞在後半は東北の母を見舞う予定がありました。

叔母に電話したら、「様子に変わりないから、だいじょうぶ。自分の心と体を休めなさい。」と。




元気だった頃にはコーヒーを飲まなかった母が、最近ではカフェオレを少しだけ口にしているようです。

母には静かに生きていてほしい。そして、母より長生きすることが私の務め。





2月後半には石巻へ必ず行きます。 白い世界と海風が待っているはず。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボルドー色のネイル・・・一緒に歩いたこと思い出しちゃった。
パリは寒いですか?
もうすぐレッスンも始まり、忙しい日々になるでしょうが、風邪などひかないように・・・ね。

いよいよ12月だね。
また泡をいただく日がふえるのでは?

またね。

秋色ネイル

☆さつきちゃん

今回のこのボルドーフレンチネイル、まったくどの指先も欠けることなく、いまだにいい状態を保てています。明後日からレッスンスタートで、水仕事が増えればまたお手入れに行く予定。

パリは寒い。でも、屋内の暖かさは横浜以上で、家の中では半そでです。昨日の夕方、オペラ座のほうに出かけてきたけど、レストラン内はとっても暖かくてヒートテックを脱ぎたいぐらいでした。

12月、泡でカンパイの予定がいっぱいあって嬉しいです。さつきちゃんも師走の寒さに負けないで元気でいてね。


美味しかった

あのレストラン、とっても美味しかったので、また行ってみたいです。
良かったらお付き合いくださいね。

根津美術館  まだ行ったことが無いけど、行ってみたい所のひとつ。
時間を見つけて、私も苔むした仏様に会いに行ってみます。

落ち着く場所

☆おかみさん

横浜までいらしていただき、あの日はありがとうございました。小川ソムリエのにこやかなサービスを受けながらのランチ、久々に向かい合って楽しい時間でした。

またぜひいきましょう。夜もとっても美しい場所です。

横浜美術館も思いがけず一緒に歩けて、よかった。美術館の静けさ、アートとの対面、いかなるときでも精神安定には最適です。

根津美術館、展示もいいですがお庭がなにしろ見事です。お着物姿の妙齢の女性を多く見かけました。ぜひ行ってみてください。都会の喧騒をすっかり忘れられる格別な庭園です。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク