生きること 創ること

P1030415.jpg

パリへ戻る3日前のお話です。

横浜のお隣、川崎市の生田緑地にある日本民家園へ。


青空が広がるのどかな平日、逆光にすすきが輝いていました。








P1030378.jpg

そう遠くないのに、旅行に来た気分を味わえる。

遠足の子供たちや、カメラを手にした定年後らしき年配の方々がそれぞれの楽しみ方を。


P1030389.jpg

緑地の一部に1967年に開園した「日本民家園」。

300年ぐらい前の、東日本の代表的な民家、水車小屋、船頭小屋、高倉、農村歌舞伎舞台など
20数軒の興味深い建物を見ることができます。


P1030388.jpg

現在改装中のいくつかの民家の先、最初に向かった山下家住宅は飛騨白川郷の合掌造り。

川崎市で観光料亭として活用していたものを再移築したもの。


P1030390.jpg

内部はそば処になっています。軽めのお昼に山菜そば。


P1030403.jpg

昔の民家生活を偲べるよう、内部にも自由に出入りできます。


P1030404.jpg

特に昔の「土間」での炊事用具、農作業の道具が充実。


P1030424.jpg

日替わりで、いくつかの民家内で実際に囲炉裏に火が起こされて。

ボランティアの方から丁寧にお話を伺うことができます。


P1030426.jpg

空はこの日もまっかっか。



P1030427.jpg

丘を下って、同じ緑地内にある岡本太郎美術館へ。

前日に青山の記念館を見て、すっかり岡本太郎さんとパートナーであった敏子さんのファンになりました。


P1030435.jpg

絵画や彫刻、椅子もおもしろい。 「自分の中に毒を持て」 岡本太郎さんの言葉。


P1030434.jpg

既成の概念に囚われないカタチ。爆発しつづける、見事な生き方。


P1030442.jpg

常設展のほかに、企画展として、ロートレックに影響を受けた小野佐世男の~モガ・オン・パレードという
展覧会も見学。

小野氏は太郎氏の父で漫画家岡本一平氏と交流がありました。

館内のティールームで、マロンカフェオレ。


P1030444.jpg

甘さ控えめのケーキで、ガラス越しに見える彫刻を眺めます。


P1030448.jpg

青空に映える「母の塔」。

内部見学の小学生が残したリュックサックが塔の下、あちこちに置かれていた。

母に守られ、また母の元に戻ることの象徴のように。




ふと手にとって購入した岡本敏子さんの随筆に、

「自分らしくなんて、ヒマ人の寝言だ」という言葉が。




よくも悪くも、覚悟を決めて自分ととことんつきあうこと、向き合うこと。

絵筆や彫刻刀、ペンや包丁を持たずとも、「作る」行為は何でも可能。





横浜からすぐに行ける小さな日帰りの旅。

お江戸と神奈川を区切る多摩川沿い、文化意識を高める散歩道。

四季毎に訪れたい場所が,またひとつ増えました。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

川崎はすぐ近くなのに、全く知らない街です。
ピノミホさんの記事を見て、行ってみたくなりました!

「自分らしくなんて、ヒマ人の寝言だ」って
厳しいけど、その通りです。耳が痛い(笑)




楽しかったです!

先日はありがとうございました!
来週引っ越しでバタバタしており、お礼のコメントが遅くなってしまいすみません!

川崎でのCEPAGEとコラボCEPAGEの違いを楽しませていただきました~☆
笑って飲んで・笑って食べて・笑って勉強という良いリズムでした♪

私も早くエッフェル塔を3つ集めたいです。
次回はシルバーでお願いします。(金と銅を今年はゲットしました!)

おすすめです。

☆likisukeちゃん

この生田緑地、川崎の子供たちは遠足で行く場所らしいです。平間の旭屋のおかみさんdiadianちゃんのブログで見てから、いつかいってみたいと思っていて今回やっと叶いました。

横浜にも三渓園という素敵な場所があるけれど、ここも見ごたえたっぷり。ご両親といくもよし、デートにもぴったりだと思います。カメラは忘れずに。

岡本敏子さんの言葉、響くよね。「いま、生きる力」っていう文庫が青春文庫から出ています。
ハっとするようなことがたくさん書かれています。
甘えるんじゃないよ、ってビシっと言ってもらってる気がするよ。機会があれば読んでみて。
岡本太郎さんにたいしての愛にも驚かされるから。

江ノ島のおせんべい

☆かれんままさん

こちらこそ、先日はコラボにご参加ありがとうございました。いただいたおせんべ、猛烈に美味しくて次から次へと袋が空いてしまいました。さすが湘南。さすが江ノ島。

コラボのリズム、気に入っていただけてよかったです。昼間と夜の違いもありますが、皆さんがあのドアを押した瞬間からすでに盛り上がる空気。

エッフェル塔ですが、次回のコラボは金色が置かれる予定。川崎は何色か未定です。エッフェル塔の下で、どっさり購入するときに色指定ができるかどうかにかかっています。
かれんままさんはシルバーが足りないのですね、ひとつだけでも持って帰ります、待っててね。





No title

素敵な写真がずらり。
奥行きをしっかり感じることができて、囲炉裏の火から温度まで伝わってくるよう♪
いい所でしょ。ばら苑も素敵です。
ワタシが行った時はあやめ?しょうぶ?かきつばた?がたくさん咲いていました。
季節ごとに訪れたい場所の1つです。
「ヒマ人の寝言」かーー!
確かに、自分は自分でしかないし、他人と比べて自分のあり方を変えるのもねーー。
とは言え、自分を貫き通すのも。。。。
ワタシってグラグラ揺れ揺れです^^;

教えてくれてありがとう

☆diadianちゃん

ようやく行けました。想像以上に良かった。遠くまで行かなくても、ここで旅行した気持ち。

写真の上手いdiadianちゃんにほめてもらうと嬉しいな。難しいよね、100枚撮ってもちょっとイイナと思うのは4、5枚だから。

岡本敏子さんの言葉は、ストレートに響く。自分を大事にしすぎていては、爆発なんてできないんだって。

恋愛感も激しくて「解りあっているなんて、甘っちょろい錯覚だ」と書いているよ。

美術館の売店でこの文庫本売っているから、いつか手にしてみてね。本の帯に「たるんでなんかいられない」って書いてあって、それもドキっとしました。私、全身ダルダルにたるんでますから・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

可愛げ

☆鍵コメ かれんままさん

いえいえ、とんでもないー。いつもかれんままさんは、とっても可愛いですよ。シルバー10個さしあげたくなります。

たこせんべい、またいただけるなんて大感激。楽しみにしています。えびせんとちょっと違って
あのたこせんべいはスパイシーなところが好き。二日酔いの寝起きにも、ばりばり食べてました。

パリと神奈川県、近いですね。乗り継ぎなしで羽田まで行けるし。こうやって、ブログでも時差がないぐらい、身近です。これからも、湘南の海がすぐ頭に浮かぶぐらい、近距離感覚でおつきあいください。

No title

先日はありがとうございました。とっても楽しかったです。

私も高校まで川崎だったので、民家園、プラネタリウムに
よく行きましたよ!
そして夫の実家がここからすぐ近くにあるので、
息子が小さい頃はお散歩に連れて行きました。
リニューアルしてきれいになったそうですね。
また行ってみたくなりました。
懐かしく、ほっとする場所です。

川崎の人

☆midori さん

こちらこそ、いつもありがとうございます。コメントもいただけてとっても嬉しい!
真夜中になってしまいましたが、お帰り、ご無事でしたか?

midori さんが川崎のご出身とは知りませんでした。プラネタリウムも凄いらしいですね。いつかまた生田緑地、くまなく歩いてみたいです。
大学時代、登戸を経由して通っていたのに、このあたり、ぜんぜんなじみがありませんでした。横浜ばかりではなく、地元神奈川を広く探検したいなあと思い始めました。

まずは、ハコちゃんのいる二宮遠征でしょうか~。midori さんと戸塚あたりで飲みたいです。

タイトルは?

岡本敏子さんの随筆

私も読んでみたくなりました。

タイトルを教えてもらえますか?

敏子さんの本

☆おかみさま

「いま、生きる力」 岡本敏子著 青春文庫です。

どのページから開いても、「ほおー」と思える竹を割ったような性格の明快な言葉がたくさん載っていて、読み終わったあとでものすごくエネルギッシュになれる本。

うだうだ言い訳して何もやらないより、迷うことなく進め!といわれているような気分になれます。

ぜひぜひ手にとってみてくださいね。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク