布を愛する人

DSC01403_20121206144027.jpg

パリの暮らしに自然と戻るには、朝市を歩くのが一番。

花屋の店先に積まれたクリスマスリース。









DSC01406.jpg

生のもみの木も大小さまざまなサイズで売られています。


DSC01400.jpg

1つでも可愛いひいらぎ、大集合。


DSC01407.jpg

テントの裏に無造作に積まれた野菜の木箱の文字も好き。


DSC01373.jpg

夜明けが遅く、日暮れが早いパリの冬。

真っ暗な18時前、奈良から出張で来た友人に会いにオペラ通りへ。


DSC01374_20121206144026.jpg

帰宅途中の人々が、カフェのカウンターで一息ついています。

MONOPRIXの化粧品売り場で、S美さんと無事に合流。

3月までフランスに長く住んでいた仲良し。その場で「わー」っと抱き合って喜ぶ。


DSC01375_20121206145109.jpg

マルシェ・サントノーレの一角にあるカフェバー。


DSC01377_20121206145109.jpg

こげ茶と紫が基調のインテリア。壁にはマッチョなゲイ写真。


DSC01378_20121206145109.jpg

テラス越しに外が見える窓際に並んで着席。


DSC01386_20121206145108.jpg

ロゼのシャンパーニュで乾杯! 「また会えたね、バンザイ。」

春に帰国してから、5月にもパリへ来て、8月には日本のCEPAGEに参加してくれました。

年間に4~5回は会える関係をこれからも、ずっと。


DSC01389_20121206145108.jpg

ホテテのマリネや、


DSC01391_20121206145108.jpg

シェーブルチーズがパートフィロに包まれたサラダや、


DSC01396.jpg

ナスのキャビア風をつけていただく、野菜たち。

食べるよりも、おしゃべりに大忙し。

S美さんには、いつも以上に好き勝手を言う私。大らかに笑い飛ばしてくれるお姉さん的な親友。


DSC01397_20121206145712.jpg

白ワインで再びカンパイ。 次は奈良へ遊びに行きたいな。


P1030548.jpg

S美さんは、フランスから日本へ帰国してからパリ郊外のご友人と一緒に素敵なサイトを立ち上げました。

フランスの伝統生地「トワル・ド・ジュイ」を扱うフロリレージュ

上質な美しい布にご興味のある方は、ぜひご覧ください。


こちらは、その布でS美さんのパートナーTOMOさんが手作りなさるオリジナルエプロン。

首の後ろにキュっとリボン結び、深いVの美しい開きやウエスト、布地の手ざわりも極上。
おもてなしに大活躍させたい1枚。


P1030550.jpg

大きな天板や、お鍋もしっかりつかめるミトンと鍋敷きもおそろいのクロスで。


P1030552.jpg

およばれのときに、ワインを持ち歩くためのバッグ。


DSC01409_20121208190754.jpg

「京都で見つけたの。ゆらゆら葡萄みたいだから、ミホさんに似合うかなって。」

トワル・ド・ジュイのたくさんのお土産と一緒に、いただいたピアス。

ありがとう。大事にします。






翌日日本へ戻るS美さんは、再び電車で郊外の滞在先へ戻っていきました。

雑踏の中で、しっかり抱き合ってさよなら。




わずかな時間でも会えてよかった。

フランス、奈良。 古風・新風を運び続けるたくましい仲間。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ステキなサイト

 S美さんのサイト、ほんとうにすてきです!わたくしのつぼです(笑)
上品で綺麗な色彩胸もとの深いVカットもとても良いセンスです。
 
 S美さんのパリ郊外のお宅や帰国の際の実保ちゃんのブログ印象に残っています。
どんな方なのかお会いしてみたくなりました。

トワル・ド・ジュイの魅力

☆Melissa さん

サイトの中に彼女が時々更新しているブログもありますので、ぜひ引き続きチェックお願いします。S美さんは実家が横浜なので、奈良からも時々東京・神奈川に来ます。
日本かパリのCEPAGEで、Melissa さんにご紹介できるチャンスは必ずあると思っています。

S美さんは仏検も英検も1級を所持、フランス語通訳としての経験もあるまさに才色兼備の麗しの女性。CEPAGEも8年という長い間、ずっと支えてくれた恩人です。あと、もうひとつ。
お酒がとっても強いです!

トワル・ド・ジュイの質感が非常に気に入ったので、いつかCEPAGEオリジナルの小物かエプロンをお願いしようと計画中です。

一歩ずつ。。。

ピノミホさん、

短い時間だったけれど、オーダーするのも後回しに、話しまくっていた私たちでしたね。いつ会っても、いつも会っていたみたいな気がしてしまうのが不思議です^^

トワル・ド・ジュイ生地のエプロンやミトン、素敵に撮ってくれてありがとう。
Tomoさんのエプロンにはいろいろなタイプがあるのですが、
ピノミホさんにはこのVネック、首のうしろリボンのタイプが絶対似合うはず。
ぜひ、このエプロンを着てセパージュしてくださいね。

ピノミホさんと日本で、そしてフランスで会えることが私の夢のひとつでした。
こうして小さな夢を一歩ずつ実現していけるといいな。。。
いつも応援してくれてありがとう!

ありがとうございます!

ピノミホさん、Melissaさん、

お二人にサイトを褒めていただいてうれしいです*^^*
でも、ピノミホさんは褒めすぎです^^;

Melissaさん、私もぜひぜひお会いしたいです。
いつかセパージュでご一緒させてください。
ブログもがんばって更新していきますので、ときどきのぞきに
いらしてくださいね。
奈良、ときどきパリ情報、トワル・ド・ジュイ満載のブログに
していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ~♪

素敵な布で作った
エプロンやクロスがとてもいいですね♪

>先日は放射線治療のアドバイスをありがとうございました♪
今はまだ真っ赤になって
痛痒くなっていますが
もう少しの辛抱ですね(笑)
頑張ります!!!!

エプロン

私のエプロン素敵に紹介してくれてありがとうございます。
Sさんのデザインで何度かNGを出しながらたどり着いたのがこのエプロンです。
北海道のブティックBELLEのマダムのデザインのエプロンもありますし、
今年の美術館販売のエプロンはフランス人の友人の好みです。
是非、ピノキオさんのお好みのエプロンも実現したいです。

色々な人のエプロンへの思いを形に出来たらうれしいです。
お会いできることを楽しみにしています。


話し足りないぐらい

☆Florileges*Sさん

この日もありがとう。せっせと更新しているブログを読んで、Florileges*Sさんが今回の短いフランス滞在、全力で動き回っていたことがわかりました。そんな中でも、私との時間をちゃんと作ってくれて嬉しかった。

「いつ会っても、いつも会っていた気がする」って本当にそうだね。2012年は季節ごとには会えたから、きっと来年もこのペースでたくさん会える気がする。会えるように私も頑張る。

たくさんいただいたお土産、ジュイを使った作品の数々、本当に素敵。
手触りも、デザインも、鍋つかみのサイズとか、エプロンのカッティングにこだわりを感じてさすがだと思いました。本当は着用して写真を撮ろうかと思ったのですが、ちょっと痩せてからのほうがエプロンの良さが引き立つと思ったの。 待ってね、これが似合う人になるから。

繋がってね

☆Florileges*Sさん

もうひとつコメントありがとう。Melissaさんは都内在住のファッショナブルなマダムです。
いろいろなことに興味をもたれ、食通、ワイン通。華やかなお人柄で大勢のお友達にいつも囲まれて、にこにこしておられます。

いつかCEPAGEで同じテーブルで盛り上がってください。

ブログの更新も楽しみにしてますー。

夏のCEPAGE

☆鍵コメ miyayaさん

そうです!過去のブログで思わず同じ日だったかどうか、チェックしました。
あの日、そのまま奈良へ帰るとかで、小さなスーツケースをカラカラとひいていたはず。

あのときは席が遠かったかな。ぜひぜひ紹介します。ご実家本郷台にも時々帰ってくるし、
フットワークがなにしろ軽い人なの。

わるねこちゃん用にもこの伝統フランス生地、可愛いと思います。おしゃれなmiyayaさんならいろいろなアイデアを生んでくれそうだから、よろしくお願いします。

お大事になさってください

☆マムチ (TAKA) さん

あらためまして、放射線治療おつかれさまでした。放射線宿睡で後半は眠かったと思いますし、赤くなったところも痒みも終わったあと1~2週間が山です。あとはどんどん楽になっていきますので、痒くてもかかないように、そしていっぱい食べて免疫を落とさないようにしてくださいね。

お料理上手なマムチさんは、いつもどんなエプロンを使っておられますか? 鍋つかみも、いろいろなものがあると思いますが、今回いただいたものは厚手なのに親指のカーブが手にしっくりでした。

この布でナフキンやテーブルクロスもいつか注文しようと思っています。テーブル周りの小物はキリがないですね。



手仕事

☆Tomoさん

先日は電話でお話ができて、嬉しかったです。いろいろありがとうございました。
エプロンも小物も、縫製の丁寧さ、細部の工夫が素晴らしいと思いました。
とっても気に入っています。またほかのエプロンもいつか見せていただきたいです。

エプロンが自分には重要な仕事着ですので、気に入ったものを身に着けたいと常々探していました。サイトで見てから、欲しいなあ・・・とすぐに思いお願いしようと思ったらこうしていただけて、大感激でした。

近いうちに直接お会いして握手ができる日を楽しみにしております。

お会いできる日を楽しみに

Florileges*Sさん、ピノミホさん

 ブログはハンドルネームがおもしろいですが、ついFBやメール気分でお名前出ちゃったりしますね♪
わたくしのこと、何となく褒めすぎでS美さんは、お会いしても「あれ?」って思われるかも知れませんが
機会が有りましたら、是非是非お会いしたいです。
 Handmade大好きでパリでもプロバンスでもボルドーでも(訪れた国々で必ず)生地屋さんにいき、
色々購入しテーブルウエアーやエプロン作ったりして楽しんでいます。

 実保ちゃんのエプロン姿ブログアップしたら、宣伝効果抜群だと思います!

しばしの猶予を。

☆Melissa さん

すてきなお姉さまおふたりを、いつかお引き合わせするのがますます楽しみになってきました。幸子さんのセンスのいいテーブル、おもてなしにもこのトワル・ド・ジュイをいつか使ってみてくださいね。

私のエプロン姿ですか?いや、営業妨害になってもいけないので今はやめておきます。
カラダ改造計画を進め、なるべく早急にすっきりして写りますのでしばしお待ちください。


お礼

エプロン褒めていただきありがとうございます。
1人ミシンと向き合っている日々ちょっと寂しいと感じていました。
会って話しが出来る距離でなくても、同じ場所同じ時間をともに出来なくても、
こうやって人と繋がっていられるのですね。
皆さんの応援を貰い、これからも1着1着のエプロンをいつくしみながら作成したいです。

本当にありがとうございます。

いつくしみ

☆ Tomoさん

エプロンは私にとって、包丁と同じぐらいに大切な「仕事着」。エプロンのヒモをきゅっとしめた瞬間に、自分の中でやるきスイッチがギュンと入ります。

Tomoさんに作っていただいたこのエプロン。「きれいな靴はきれいな場所に連れて行ってくれる」という言葉をきいたことがありますが、「きれいなエプロンはきれいなお皿を生み出してくれる」とも言い換えられると思います。

Tomoさんがいつくしみながら作られた作品は、使う人の手でさらに思いを繋げていきます。

キモチの入った作品は、身に纏って心地よいです。




素敵なおふたりの活躍

ピノミホさま

とってもご無沙汰しています。
いつも、拝見させていただいているので、みほさんのご活躍、いつも応援させていただいてます。先日、春から大学に進学する長女の家探しで日本に帰り、S美さんに、お会いしました。一緒にショッピングしたり、とっても楽しかったです。ブラッセルからパリまで、近い近いと思っていたけれど、やっぱり遠く、なかなか行くことができません。またいつか、セパージュに、絶対参加します!

ベルギー

☆coomamanさま

こちらこそご無沙汰続きでごめんなさい! S美さんに会った時にcoomamanさんが元気だったよって聞いて無性に会いたくなりました。私もブラッセルに遊びに行くねといいつつ、今年は行けなくてごめんなさい。 あいたい人にどんどんあいにいくつもりなので、2013年、欧州全体が春めいたときに、タリスに乗って遊びに行きます。ぜひぶらぶら一緒に歩いてくださいね。

ご長女もいよいよ大学生ですか。時の流れは本当に早い。

パリのCEPAGEは昔と変わらず、和やかに続いています。coomamanさんがまたこのテーブルに座ってくださる日をお待ちしてます。

素敵なブログ

ピノミホさん、coomamanさん、

お二人、再会できましたね^^
今度はぜひベルギーかパリで再会できますように。
そこに私も仲間に加われたらいいのに。。。
いえいえ、三人で会うのは奈良か京都か横浜にしましょうか。
実際に出会う前から、ブログで繋がっていられるのがいいですね。

Melissaさん、お会いする日を楽しみにしています。
Tomoさん、次回必ずピノミホさんをご紹介しますね。

ピノミホさんのブログは、こんな風に
いろいろな出会いを作り出してくれる素敵なブログですね!

出会いと再会と

☆Florileges*Sさん

本当に、3人集結は奈良か京都か横浜。勝手に3都に決定。

ブログを書いてよかったことは、新しい出会い、旧友との繋がりなおしの再会、できごとを落ち着いて記録する習慣がついたことです。

「きちんと」ありたいと思いつつ、なかなかその道は険しい自分なので、ブログを書きながら物事をもう一度考えつつ進みたいです。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク