左側の席

DSC01431_20121212142702.jpg

先週の金曜日、パリ5区にある今、注目のビストロにお招きいただきました。

保険関連の荘厳な建物の地上階、灯り控えめな夜の巴里。











DSC01411.jpg

ムーリスの3つ星シェフ「ヤニック・アレノ」がオープンしたビストロ。

パリ近郊の食材を使って、店名も「パリの大地」。


DSC01412_20121212142702.jpg


ベルサイユ宮殿のようなきらびやかなムーリスの店内も素敵ですが、このビストロのモダンなインテリアも
まるで東京・丸の内を思わせるクールな雰囲気。


DSC01413.jpg

I御夫妻と、息子と私、4人でシャンパーニュで乾杯!

2ヶ月ほど前、生徒さんのお宅のパーティーでお知り合いになりました。

そのときの自己紹介で「18になる息子がいます」と言った私。

「近いうちに息子さんも一緒に食事に行きましょう」とIご夫妻がこの日を作ってくださいました。



DSC01414_20121212142701.jpg

ハムやサラミの盛り合わせをつまみながら、少々緊張気味な息子。

俳優のようなI氏、モデルさんのようなKちゃんが息子にあれこれ語りかけてくださいます。


DSC01418_20121212142701.jpg

「ポワローネギのラヴィゴットソース」


DSC01419_20121212143817.jpg

丸ごとにんじん!とびっくりした

「にんじんのグラッセ」 すーっとナイフが入り、にんじんそのものの甘みがあふれます。


DSC01420_20121212143817.jpg

「パテ・ド・カンパーニュ」もしっかり厚切り。


DSC01417_20121212143817.jpg

東京~パリ、行ったりきたりの美食家ご夫妻。

「ピノがお好きでしたよね?」とI氏が選んでくださったのは

ボルドーのシャトー・ラトゥールがブルゴーニュで作る稀少な1本、

DOMAINE D’EUGENIEのヴォーヌ・ロマネ。

息子には贅沢すぎる経験。


DSC01421.jpg

「ホタテとキャベツのポワレ」 半生に火入れされた新鮮なホタテが野菜のベッドで休憩中。


DSC01422.jpg

「牛フィレのステーキ」 表面強火で焼かれ、中から肉汁があふれだす。


DSC01423_20121212143816.jpg

付け合せのポテトは手切りでしょう。 これだけでも食べにきたいと思うほど。


DSC01424_20121212144717.jpg

I氏の海外でのご経験、Kちゃんとの出会い、魅力的な人生論を伺いながら、息子も私も夢心地。

さくさくの生地に、上質なフランボワーズがみっしり並んだミルフイユ。


DSC01425_20121212144717.jpg

プロフィテロールには、その場でショコラがかけられます。


DSC01426.jpg

フォークの形にココアを振ることは知っていても、マッシュルーム型は新鮮。



DSC01427.jpg

気がつけば2時間半。


完全武装の防寒で外へ出ます。



3人で

Iさん、Kちゃんに挟まれて喜ぶ私と、


カズタも一緒に

カズタも、人生の目標を高く持っておふたりにいつかご恩返しをしよう。



DSC01432_20121212145521.jpg

Iご夫妻とメトロでお別れ。 帰り道、見上げたモンパルナスタワー。






左利きの息子は、私の右には座りません。

食事のときに、腕があたるから。




オトナの社交場パリは、パートナーと出かけることが多い。

私の左側に、いつの間にか座っている息子。



エスコートという言葉に程遠くても、大切な誰かを見つけるまではママの隣でね。






Iさん、Kちゃん、美しい夜をありがとうございました。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

次回行ってみたいです!

 ステキなお店ですね♪
次回のPARISの時は前もって予約を取っていってみたいです。
 野菜のベッドで休憩中のホタテくん、気がついたら実保ちゃんの
お腹の中でビックリでしょうね(笑)
 これ、食べたいです!

 どんな格式の高い店でも連れて行くと、それなりに対応出来る
様に親を見て育っているものなので、機会が有ったらだきるだけ
デビューさせると良い経験になりますね。

 異年齢層の方との会話も場数ですね。
かずたくんはママの社交性をきちんと受け継いでいるはず!
楽しみです。

No title

エレガントで素敵な会食ですね。
お友達ご夫妻の温かさが伝わりました。

カズタくんを交えて、シャンパーニュで乾杯なんて、かっこよすぎる。
エスコート、いいなぁぁ。
私たち母親にとって、男の子はちょっと特別だね(笑

それにしても・・・デザートもめちゃくちゃ美味しそう!!


美味しかった~♪

ミホさんへ

こうして写真を見直すと美味しさと楽しさが蘇ってきました☆
カジュアルなビストロとは言え、グレーが基調のお洒落な雰囲気でしたねー。
バゲットも本のように並べて「見せる」感じがまたヤニックワールド?!

カズタくん、大人の中にも交じってもしっかり自分の意見を述べられるし、しっかりしてますね。
スマートで優しい息子にエスコートされて食事に出かるなんて夢だなぁぁと妄想が膨らみました。

これに懲りずにまた遊んでくださいv-10

次回のパリでぜひ。

☆ Melissa さん

いろんな方から聞いていて、期待以上に素晴らしいお店でした。Iご夫妻は「ウチの食堂」とおっしゃるほど、通いなれておられました。

ひとつひとつのポーションがちょうどいい分量で、コンセプトどおり、食材の良さを存分に味わうことのできる空間でした。

「異年齢層の方との会話」、 Melissa さんのお子様たちのようにカズタも育っていけばいいなと思っています。まだまだ半人前ですが、「人好き」なところは私とよく似ているのでこうしてお誘いいただければ、嬉しそうについてきます。

ありがたいこと。

☆さつきちゃん

私が何か言っても、そっけない反応だったり聞こえてないふりをしたりするカズタだけど、尊敬できる大人の方々が明快に「これからの道」を示してくださると素直に聞いています。

この日の会食は終始グローバルな話題で、地球のどこでも生きていく可能性を持てるような気持ちになっていたみたい。親以外の言葉の効能は本当に素晴らしい。

このお店、デザート、どれも美味しいからさつきちゃんともいつか一緒に行こうね。

ごちそうさまでした

☆ KEICO ちゃん

サイトや雑誌で見ていた以上に、モダンな空間でドアを押したときから気分の高揚感がすごかったです。どのお皿も美味しかった。 シャンパーニュもワインも贅沢な夜を本当にありがとうございました。

まだまだ何もわかっていない草食系なだらっとした息子に、刺激を与える言葉をたくさんかけていただいたこと。 あれから数日たちますが、Iさんの目ヂカラにカズタは感動しっぱなし。

こちらこそ、懲りずにどうか末永くよろしくお願いします!


星が降る街

☆ダイヤモンドクラッシュさん

横浜はウロチョロしても、お江戸には近年たまにしか伺わないので東京駅の地下でどこから地上に出たらいいのか本気で迷子になったりします。

丸の内のイルミネーションも近年大変美しいようですね。

パリは食いしん坊を育てる街。わたくし、いまだに育ち続けております。

パリ上空を通過ではなく、次回はぜひ翼を休めにお立ち寄りください。

No title

素敵すぎる☆
ネギ、人参、キャベツ、ホタテ…うちの冷蔵庫にも入っているけど、
お皿に横たわる姿は別物。
食後の写真、4人とも穏やかな笑顔が輝いていますね。
豊かな時間を過ごしたという証拠だね。

はぁ~~(ため息)kazuta君、ナイスガイだわ!
yuyaと食事は考えられない。
マックもラーメンも牛丼も、二人並んではあり得ない我が家です^0^

男の子の母

☆diadianちゃん

「ああ、こういう発想が必要なんだな」ってどのお皿も楽しかった。味が確かなのはもちろん、シンプルなのに納得できる、作り手の意思がきっちり表現されているお料理だった。

食後の写真ね、外はおもいきり寒かったけど、おなかも心も満ち足りてた。
カズタも思うこといろいろあったみたいで、あれから自分がしなくちゃいけないことを少しだけ
動いて実行してた。

カズタはちっともナイスガイじゃないよ。ナイスガイには遠い遠い。yuyaくんが高校生ぐらいになるのが楽しみだね。なんだかんだ言って、すごーくかわいがっている息子なのだから、たまにはyuyaくんとサシでデートしてみたら? 横顔に惚れなおすかもよ。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク