大陸を越える音

DSC01455_20121214134115.jpg

先週土曜日、まもなくパリから遠いところへ転勤する友人宅におよばれ。

セーヌの夜景が眼下に広がるリビングのピアノに置かれた楽譜。














玄関ホールにて

この日もふたりで。玄関ホールの鏡でパチリ。

息子と二人の写真、こんな機会でしか最近は撮りません。


DSC01442_20121214134017.jpg

お引越し準備も始まっているはずなのに、いつも美しいM家のリビングのコーナー。


DSC01438.jpg

学生時代からベルギー留学、そして現在に至るまでピアノと音楽を愛し続けるN子ちゃん。

この日2台のピアノで、先生と連弾で先生が作曲なさったオリジナル曲を披露してくださいました。

初めて聴くN子ちゃんの音。 まじめで優しくがんばりやさんな性格が、音に昇華して響く。



DSC01434.jpg

DEMOISELLEのロゼシャンパーニュ。


DSC01445_20121214135743.jpg

M家の明るい未来を祈って、乾杯!


DSC01440_20121214135741.jpg

ご主人が準備なさったカナッペ。


DSC01448.jpg

おめでたい紅白のセッティングのテーブルへ。


DSC01458_20121214135734.jpg

バーニャカウダ、野菜は新鮮、たっぷり。


DSC01460_20121214140815.jpg

Yさん作のミミガー。ベルサイユのマルシェで材料を調達なさったそうで、ポン酢の味付け。
コラーゲンたっぷり、コリコリ。


DSC01467_20121214141041.jpg

具沢山、松前漬け。 N子ちゃんは青森県のご出身。ご実家から送られる土地のものを惜しげなく大放出。


DSC01464.jpg

切干大根のサラダや、


DSC01463_20121214140818.jpg

山くらげの和え物、


DSC01465_20121214140826.jpg

こちらはY子さんの特製ダレでいただく馬刺し。お酒がすすむお皿がずらり。


DSC01466_20121214141038.jpg

うずらの卵やメンマも入った煮物。 丁寧で芯がぶれないN子ちゃんらしい味。


のぞむくん参戦

日本は明け方。大学が決まって東京へ戻ったM家のご子息Nくんがスカイプで参戦。


DSC01480.jpg

シャトーヌフデュパープの1999年があいて、


DSC01470_20121214141044.jpg

メインはアフリカ料理。オクラと牛肉の煮込み。

トロトロの優しい粘り、スパイシー。


DSC01472_20121214141923.jpg

チーズいろいろ。「いぶりがっこみたいだね」    スモークがかかったものも。


DSC01477_20121214141929.jpg

お土産にお持ちしたケーキをその場でデコレーション。


DSC01479_20121214141932.jpg

ブッシュドノエル、満腹でも食べていただける軽い仕上がり。中にはマロングラッセを巻き込みました。


DSC01443_20121214142833.jpg

バトームーシュが折り返す、自由の女神のグルネル橋。 

パリの女神は、どこへ行ってもずっと女神。



DSC01474_20121214141927.jpg

N子ちゃんのピアノの練習の譜には、可愛い合格シールつき。

またいつか、世界のどこかで魂を揺さぶられる演奏を聴かせていただく日が来るでしょう。





CEPAGEに通っていただいた数年間。 プライベートでも家族で親しく。


大陸を越えて欧州へ戻るときにはみんなが、私が、ここで待っています。




活躍の場は限りなく。

赤道を越えて、遥かなる地への旅立ち。


どうかずっと元気で、幸せな音を奏でる日々で。
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミホさん、しっかり子育てもしていて、すごいよね。
それにしても、料理が旨そうですね。
お米はあまり食べないのですか?

お米

☆南姫さん

私はぜんぜんしっかり子育てしてないです。ひとりでは何もしてやれない分、周りの友人たちがどうにか息子が前に進めるように温かい刺激をくださっているので助かっています。

南姫さんと私が同じ校舎で同じ空を見ていた年齢と、今の息子の年が一緒です。
人間形成って目に見えないさまざまな要素が少しずつ何かを積み上げていくのかな。

自分はあれから30年も生きているのに、まだ迷いも多いです。

お米は毎日食べてます。パンを食べない日はあっても、私は米を食べない日はないです。
この日もアフリカンのシチューにもお米が添えられていました。

日本のお米もときどき持ち帰るし、パリでも「かがやき」や「みのり」という外国産の米が入手可能です。白米と明太子、白米と塩辛、白米とおじゃこ。そういう組み合わせが大好きです。





やっぱり

そんなに友達の多い母を持って、息子さんは幸せですよ。
目線入れてるけど、格好良さそうだね。

お米を毎日食べていると聞いて、何か安心しました。
フランスパンだけでいいのよ、だと少し寂しいので。

No title

パリは寒そう~☆
横浜は今日、半袖て歩いてる人を見かけました!!

素敵なお食事会が続いてますね!
ピアノの楽譜のシール、子供の頃のレッスンを思い出しました。
シールを貼ってもらえるのが嬉しかった。

この記事を読んでいて何故だか中島みゆきの時代が浮かんできました。
古くてすいません。

母の友達

☆南姫さん

息子は私に顔が似てるのよ。高校生のときの私みたいに、ちょっとドラ猫風な顔。小さいころはキティちゃんみたいに平たくてまんまるで。かっこいいっていう部類じゃない。ひょろりーんとしてる。

私の友達みんなに可愛がってもらって、この子は幸せだと思う。
家ではアイソなしで私とも話も弾まないけど、およばれしたり、うちでの宴会では本当によくしゃべる。

フランスパンだけで・・・よくないです。お米、絶対不可欠。
おしょうゆ、おみそ、梅干を毎日摂取してるよ。THE日本人でしょ。

まわるまわるよ。

☆likisuke ちゃん

ノエルのおデート服も購入なさって準備万端のようですね。

横浜を半そでで歩く人が?普通の人よりも平熱が高い人なのかしらー。

楽譜のシールって一般的なんですね。大人でも子供でも「大変よくできました」は嬉しいね。

中島みゆき先生、私も大好きよ。今から本日の仕事の仕込みですが、ベストアルバム「大吟醸」でも聞きながら頑張ります。さっき「時代」をかけながら、自分のブログ見てみました。
たしかにハマる。 あとね、「宙船」も好きな曲です。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク