2013年1月 泡で寿ぐ華やかな新春 発泡酒6本勝負と無国籍おつまみ

P1040092.jpg

新しい年の始まりは、気持ちがぐっと上向きになる元気なアワモノレッスン。

蝶ネクタイ風ナフキンのテーブルで交わす「おめでとう」のご挨拶。












P1040094.jpg

シャンパーニュと同じく瓶内二次発酵で作られる

① CREMANT DE LOIRE

② CREMANT D’ALSACE
 
③ CREMANT DE BOURGOGNE

密閉タンク内二次発酵(シャルマ方式)で作られる

④ MONPARNASSE VIN MOUSSEUX 

⑤ LAMBRUSCO DELL’EMILIA

⑥ OPERA ROSE



P1040070.jpg

年末に、サンジェルマン・デ・プレの雑貨屋で見つけたエッフェル塔と凱旋門の柄のお皿。

ベージュの大判のナフキンは朝市でまとめ買い。


P1040128.jpg


「寿ぐ」 ことほぐ。 美しい日本語を晴れやかな気持ちで。


P1040095.jpg

最初の一皿は

「海老の冷製茶碗蒸し」 キャビア風魚卵とハーブを飾って。

かつおぶしで濃い目に丁寧にとっただしを利かせて、2回漉して滑らかに蒸し上げます。



P1040137.jpg

さまざまな地方のクレマンの中で、アルザスのクレマンは一番生産量が多い。


P1040134.jpg

3種類のおつまみを同時にテーブルに運び。


P1040114.jpg

「プチトマトの胡麻バルサミコマリネ」

湯剥きしたプチトマトは食感がぶどうにそっくり。


P1040115.jpg

「ブルーチーズポテサラ」ディルがお味のまとめ役。

P1040098.jpg


「黒豆クリーム」

戻して炊いて含ませた、甘さ控えめの黒豆をクリームチーズとあわせて。


P1040140.jpg
P1040141.jpg
P1040145.jpg

1品ずつ、アンティークの牡蠣用のフォークで召し上がっていただきました。


P1040148.jpg

ブルゴーニュのクレマンに合わせたお皿は今月の一番人気、

「しいたけとアンチョビの和風パスタ」。

オリーブオイルでガーリックとアンチョビと生しいたけを炒め、めんつゆと食べるラー油で味付け。

ゆであがったパスタにぱぱっとからめるだけで出来上がり。


P1040151.jpg

うちから近い駅、「モンパルナス」という名のアワと一緒に

「白菜とツナのアボカドコールスロー」。

柔らかいキャベツがなかなか手に入らないパリ。白菜をせんぎりにして生でサラダに。

アボカドやおろしにんにく、砂糖やレモン汁でピュレを作って直前に和えます。


P1040106.jpg

イタリア・エミリアロマーニャの弱発泡の赤に合わせたのは

「牛肉とさくらんぼのビール煮」

泡繋がりでビールを使った料理。トマト風味に醤油も加えて。


P1040154.jpg

地中海に沈む夕日のようなオレンジのロゼ、オペラ。


P1040187.jpg

デザートは

「バナナキャラメルプリン」

完熟バナナを使ってゼラチンを使わずに。

バナナのペクチンと牛乳のたんぱく質が、ムース状の味わいを。



P1040171.jpg

紅茶は今月始めに訪れたロンドンから、INFUSEの麻子のオリジナル、

「FLOWER CHAMPAGNE」。


P1040120.jpg

ころころまんまる、ラナンキュラス。




CEPAGEでは、自己紹介の時間に「最近あった良いこと」を話し合っています。



雪に閉ざされ、しんしんと寒さ堪える睦月のパリ。

負の方向に心が動かないように。




少しずつ陽は長くなり、春に一歩ずつ近くなっています。


今日もグラスを持つことのできる喜び。



遠くの、近くの、誰かに感謝して。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

泡泡。・。・。・・。・・。・。・。

ピノちゃんおはようございますv-481

新年にはじける泡v-272楽しそうv-441
今年もピノちゃんの素敵なテーブルと目にまで美味しいお料理v-271
たくさーん堪能させて頂きますv-411

今年はまずピノちゃんのお顔を拝見できてv-398素晴らしいスタートちなりましたv-354
日本でもお会いできる日を目指して今日も頑張りますv-91

コメント欄で質問しちゃいますがv-435
パソコンv-216のメールのアドレスが変わったお知らせ届いてすかv-361

No title

素敵で斬新なアイデアがぎっしり詰まった美味しそうな食卓ですね・・・
見ているだけでワクワクします♪
ラナンキュラスもかわいらしぃ。部屋にお花があると明るい気持ちになりますね
最近、お花かってないなぁ・・・と気づきました。買いに行ってこようかな

No title

今回も素敵素敵。ナフキンホルダー、とっても上品でいいねぇ。ナフキンの色とよく合っている。そして、可愛いフォークに思わず微笑んでしまったv-238家の子達も、元気に活躍してくれてマース。兄弟がパリにいる感じね。

お料理も興味があるものばかり。
さくらんぼのビール煮、これも思いつかなかったわ。
頂きたい一品!!
黒豆のクリームチーズも会いそうねぇ。

FLOWER CHAMPAGNE、私も大好き!!
香り豊かで、お味もしっかりしていて、どなたにお出ししても美味しいと言ってもらえるの。

それから、今回の泡の飲み比べも面白そう!!
シャルマ方式って知らなかったけど、瓶内二次発酵との違いを味わってみたいなぁ。

No title

きゃん♡ 泡物オンパレード♡ 参加したいよ~。
冬にいただく冷製茶碗蒸しって、新鮮かも~♪
黒豆とクリームチーズ、へぇ~なるほど流石~^0^
あーー! yuyaの自由研究だわぁ~!
確かバナナと柿にあるLMペクチンでゲル化。
実験の産物は試食したけど、実保お手製のバナナキャラメルプリンは
ぜひ食べたい!
白いラナンキュラスってかわいいねっ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今年もよろしくお願いいたします。

☆小鞠ちゃん

今年もこちらこそよろしくお願いします。3日はほんの一瞬でしたが、お会いできて感激でした。立派な昆布も、ほかのお土産もいろいろありがとうございました。

この1週間ぐらいPCの調子が悪く、メールの送受信もうまくいかないときがありました。メルアド変更のお知らせメール、もしかして迷惑メールにまぎれたものを私がどさっと削除してしまった可能性があります。恐縮ですが、再送していただけますか?

次の帰国時にPCを変えて環境整備をしようと思っておりますが、それまではビクビクしながらこのPCでブログを続けられれば、と。


生花のエネルギー

☆ belle-vie さん

いつも見ていただき、ありがとうございます。1月10日から始まったこのレッスンも、毎日にぎやかで、アワでみんなが盛り上がることを確認できました。

寒い季節はお花屋さんの軒先にもビニールのカバーがかかるパリ。ベランダに花を置けない今だから、余計に部屋の中に生花をおきたい気分です。

ラナンキュラスは意外ともちがよくて助かっています。


フォーク兄弟

☆さつきちゃん

同じ蚤の市で入手したものなので、年代は少し違っても、なんとなく仲間だね。
使ってくれてありがとう。

ナフキンリングは10年ぐらい前にロンドンで買ったの。こういうものって、なくさないし壊れないし、ずっと使えるから、そのときはちょっと高価だなと思っても長い目で見ると使わなくなるアクセサリーよりもよっぽどいいかも。

とはいえ、テーブル周りの小物も気がつけばどんどんたまる。数日前、箸置きを整理して使わないものは処分しました。食器も、リネン類も同様に、見直しも必要だね。

自由研究

☆ diadian ちゃん

実験気分で、本当かなあと作ってみたら本当に固まるね。バナナの熟度によって、かたまり具合も変わってくるのもわかった。
どうしても、作ってしばらくたつと色が美しくないから、それならキャラメルを最初からいれればキャラメルの色が出るかもとやってみたの。

だいたい、私の作るごはんはデザートにたどりつく前におなかいっぱいらしいです。
なので、デザートは軽く軽く、の傾向にあります。

ラナンキュラスって黄色もオレンジも赤もかわいいけど、白も清楚で好き。



感激です。

☆鍵コメ 千絵さん

はじめまして。とっても嬉しいコメントをありがとうございました。
ぜひお友達になってください。 初夏のパリ旅行、時期が決まったらお知らせくださいね。
私が横浜に帰っているときではなく、パリにいるときにいらしていただけますように。

CEPAGEへのご参加ももちろん大歓迎です。あとでご予約方法についてメールします。

「Kちゃん」のお話、「変わることだけでなく、変わらないことの大切さ」、本当にそうですね。
異国の地で、病と向き合い、決してそれだけではない人生を大事に歩く。Kちゃんを見習って、私もしっかりしよう、と思いました。すてきなお話をお聞かせくださってありがとうございました。

千絵さんがパリに来られる初夏には、緑が急に濃くなり、快適な空が広がっているはずです。
お会いして、握手する日を楽しみに明日からもまた頑張ります。

はじめまして

はじめまして!
junといいます。
yukoさんのブログにお邪魔して
こちらを紹介していただきました。
素敵なテーブルコーディネートですね。
お料理もすごい!!
今年こそは主人とパリ旅行を考えているのですが、
旅行中にケーキのレッスンを何回か受けて帰りたいと思っています。
もしどこかご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
日本語が話せなくてもいいです。
私は全くフランス語はわかりませんが
同時通訳のアプリの入った携帯電話を持っていくつもりです。
よろしくお願いします。

ケーキの先生

☆junさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

和菓子やチーズは私自身がお稽古に通っているのでご紹介もできるのですが、ケーキの先生は残念ながら私は直接どなたも存知あげないのです。

パリにはたくさんのお菓子教室があると思いますので、ネットで検索して探してみてください。

うちの生徒さんもいろいろ通われているようです。日本人の先生も、フランス人の先生もおられるようですが、私は直接の連絡先を知らなくてお役に立てずに申し訳ありません。

フランス滞在が充実したものになりますように。


発泡酒は美味しいよね、確か

2年以上禁酒してますが、泡が出るお酒(ビール含む)が
美味しかった記憶があります。
とっくにお酒は解禁されていますが、
飲むとバリバリ食べてしまうので、その意味で危ないです。

アワモノ好き

☆南姫さん

そんなに長いことお酒を飲んでいないんですね。なんとなく強そうなイメージあるけど。
私は放射線治療期間も禁酒をしなかったので、もうこの先も、飲める限り飲み続ける。

発泡酒は全部好きで、以前はビールはそれほど飲まなかったのに、最近横浜でビールを飲む機会が増えて、ちょっと変わったビールがたくさんあることを知りました。

おっしゃるとおり、お酒を飲むと食欲も増して気も大きくなります。
どんなときでも「まあいいか」と思える、私の解放剤ですから。



2013年

2013年のレッスンが始まったんですね!
白のラナンキュラスと花瓶が素敵です。

牛肉とサクランボのビール煮のサクランボはどんなサクランボ?
未知の味っぽくて興味が湧きました。

麻子さんのお紅茶、ググッたら日本でも購入できるんですね。
美味しそうなので今度チャレンジしてみます☆

お腹空いた~(笑)

ピノちゃんのテーブルは、本当に小物や食器も含めて全部素敵な設え!
エッフェル塔と凱旋門もお皿も良いね~。色合いがシックなのが素敵。

likisukeちゃんと同じく、煮込んだサクランボに興味津々です。
山形にはサクランボカレーやサクランボドレッシング、それから
お漬物まであったよ。お漬物は梅に近かったわ。

「最近あった良いこと」いいね、いいね~!
美味し物を食べながら、楽しい話題は何よりのご馳走だもの。

サクランボ

☆ likisuke ちゃん

このとき使ったサクランボは、こちらでは、「グリオット」っていうもので、アメリカンチェリーみたいなもの。種を抜いて使うのだけど、こちらでは便利なことにPICARDっていう冷凍食品の専門店があって、そこで種を取ったグリオットの冷凍が袋入りで売っているの。肉がある程度柔らかくなったタイミングで、サクランボを投入して煮込む。

日本のサクランボとはちょっと違うので、日本で作る場合には、瓶詰めや缶詰がきっと元町ユニオンか、みなとみらいの成城イシイにあると思うので探して使ってみてね。

麻子の紅茶、ぜひ飲んでみてください。ごく自然でかつエレガントな香りです。



パリ柄のお皿

☆さち姉さん

このお皿はそんなに高価なものではないけど、一瞬で気に入って迷わず買って帰ってきました。帰りバスの中でヨタヨタしながら、4枚ずつ入った箱を2つ抱えて。
右腕にあまり重たいものを持ってはいけない(リンパ浮腫のため)といわれたことも、もうすっかり忘れ気味です。

生徒さんたちも買いに行ったみたいで買えた人もいたし、売り切れでした、と報告してくれた人もいました。

サクランボドレッシング、今度作ってみます。お漬物までサクランボで作るとは面白いですね。

No title

いつもブログ見せていただいております。
テーブルセッティング、とても素敵ですね!
お料理もと~っても美味しそう!
このお皿、一目ぼれしちゃいました♡
デプレの雑貨やさんとのことですが、よろしければお店の住所と名前を教えていただけませんでしょうか。
来月パリへ旅行予定なのです。
生徒さんたちが沢山買いにいかれたようなので売り切れかもしれませんが・・・かなりツボなお皿です♡

雑貨屋さんの場所

☆kaoringo さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

お皿は、RUE DE RENNESの、真ん中あたりの小さな映画館のそばの名もない雑貨やさんで買いました。お店の名前や正確な住所がわからなくてごめんなさい。
モンパルナスから、サンジェルマンデプレの教会に向かって、左側になります。

靴屋さんが並んでいるレンヌ通りで、この雑貨屋さんの隣はたしか紅茶屋さんだったような気がしてます。

最初のほうのクラスの生徒さんは何名か買えたらしいですが、後半のクラスの方々は売り切れだったと言っていました。未確認情報ですが、レアールやパッシーの雑貨屋さんでも扱われているとのことでした。 ご旅行のときに、上手く見つかりますように。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク