如月の夜には

DSC02034.jpg

アンヴァリッドの王冠型のドームが静かに輝く金曜日。

如月最初の夜は、横浜からの友人とディナー。









DSC02035.jpg

パリ7区の静かなメトロの駅。 


DSC02040_20130202214257.jpg

エッフェル塔が見える商店街を曲がり、


DSC02039_20130202214254.jpg

青いムスカリの鉢が並んだお花屋さんを眺め、


DSC02041.jpg

梶原サダキシェフがいつでもにこやかに出迎えてくださる「LE CLARISSE」へ。


DSC02043_20130202214953.jpg

一番奥の丸テーブルにご案内いただきます。 ここが一番お気に入りの席。



DSC02044_20130202214955.jpg

横浜のお姉さま、YさんとCさんと一緒に乾杯!

私と近い年のお嬢様がおられるYさんは、究極のエレガントマダム。

15年のおつきあいになるCさんは、いつでもどんなときでも力になってくださる。




DSC02046_20130202214958.jpg

アミューズのサクサクの海老から、


DSC02050_20130202215000.jpg

絵画のようなホタテのポワレ。ムースやジュレが、一口ずつお味に変化をつけてくれます。


DSC02048_20130202215003.jpg

ワインリストを見せていただき、


DSC02064_20130202215727.jpg

「軽めのピノで」というYさんとCさんのご希望で。 香りが華やか、酸のバランスが絶妙。


DSC02052_20130202215729.jpg

再びカンパイ。 お二人は、日本のCEPAGEにもいつもご参加くださっています。


DSC02054_20130202215731.jpg

一見、舟和の芋羊羹のようにも見える「自家製フォアグラ」。

表面をキャラメリゼしてあり、あぶった柿とゆず味噌で。おかわりしたくなる。


DSC02056_20130202215733.jpg


「タラのポワレ 生姜のコンフィと、ドライバナナを添えて」

少しエスニック風な魚料理も火入れ抜群、強めに効かせた胡椒が見事。


DSC02059_20130202215736.jpg

「子牛肉のロースト」には、紫蘇入りのポテトや蕪のスープ煮が。

このお店では、いつもシェフのおまかせコースでいただくことにしています。


DSC02060_20130202220658.jpg

デザートは「黒糖のアイスクリームと洋梨のコンポート」。


DSC02063_20130202220700.jpg


「オレンジのムース」は、ふわふわ。


DSC02065_20130202220702.jpg

最後は、コーヒー以外にほうじ茶かそば茶もおすすめいただけます。



ほぼ季節ごとにパリか横浜でお会いしているお二人。

いつもご馳走様です。ちっともご恩返しができませんが、元気でまだまだ頑張ります。


DSC02070_20130202220707.jpg

Yさんのお嬢様の嫁ぎ先で扱っておられるという、しそシャリ梅。

タルタルソースに混ぜて、フライにかけても絶妙です。

上品なお懐紙もたくさんいただきました。


DSC02067.jpg

大きな栗の甘納豆を3種類のショコラで包んだ「渋皮栗ショコラ」。

実にさりげなく、常に心を配ってくださるCさんの優しさそのものの甘味。





パリが大好きなお二人は、フランス語学校のお友達同士。

それぞれに「セリーヌ」「コレット」というフランス名をつけて楽しんでおられます。



過去に30回以上のパリ滞在経験をお持ちですが、来るたびにパリ熱を高めて帰られる。

お二人の愛する「巴里」に、私の存在も含まれますように。




月末には横浜で、またすぐの再会予定。

春が着実に、近くなっています。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今宵も素敵なディナーですねぇ。

栗のチョコレート、もう目がズームになりました。
お心のこもったお土産は、日本の風を感じさせてくれるものばかりですねぇ。
緑茶と白いご飯に合いそうなものばかり・・・

この素敵なゲストの方々は・・・もしや、あのエッフェル塔を眺められるお部屋に、以前ご滞在されてらした、パリ上級者の方々でしょうか?

みほちゃんのお友達は、とても素敵な方ばかりだねぇ。

目指す30回o(^-^)o

ピノちゃんおはようございますv-481

ようやっと2度目のパリv-498を果たしたばかりの新参者でございますv-391
でも2度行くと分かる事がたくさんありますねv-354
次回は自力でピノちゃんに会いに行けるかもv-410

今回も私がもうちょっとしっかりしていればご一緒できる時間も伸びたのではv-361
と今更ながら自分の不甲斐なさを反省ですv-390

こんな素敵な時間↑をピノちゃんとご一緒できる日を夢見てv-282
今日もお仕事頑張りますv-91

和洋折衷

料理でも、お菓子でも、和洋折衷は最強な気がします。
いいとこどりで。
多分、近くの百貨店で扱っているだろうから、
今度お使い物に考えてみよう。
今まで、有明のハーバー一本やりだったから。

パリの達人たち

☆さつきちゃん

エッフェル塔のそばのアパートにいつも滞在する横浜のお姉さまたちです。 パリ祭の花火もその部屋から見せてもらいました。

Cさんはパタンナーという洋服の製図をするお仕事で、いつもとっても忙しい方だけどパリにはマメに年に2回は必ずいらしているの。カズタが小さい頃、小学校の学芸会の洋服もCさんがパリ滞在中にぱぱぱーっと作ってくれたこともある。

いつかパリで、さつきちゃんにもYさんとCさんをご紹介するね。大切なお友達が繋がっていくのは本当に嬉しいこと。

次はゆっくりと。

☆小鞠ちゃん

パリは何度いらしても違う顔を見せる街だと思います。

次回はツアーではなく、ぜひ個人旅行でゆっくりとしたプランでお越しください。
そのときには、このレストランにご一緒しましょう。

何十年か先には小鞠ちゃんも「今回が30回目のパリ」とおっしゃる日が来るような気がします。




おつかいもの

☆南姫さん

有明のハーバーもなぜか無性に食べたくなるときがあるね。私はそごうで売ってる「鎌倉カスター」もものすごく好きなの。

この栗のお菓子は横浜の高島屋で今日、友達が買ったとFBに書き込みがありました。
私も次回帰国時には必ず買いに走ります。

デパ地下は空腹で行くと危険。お惣菜コーナーもやたら美味しそうだもの。





ル・クラリス!

ピノミホさん、

懐かしいル・クラリス!
ピノミホさんが私の大台!?誕生日をお祝いしてくれたお店ですね^^
美味しくて、粋な演出をしてくださる素敵なレストランでした。
今回もおしゃれで美味しそうなお皿の数々。。。
久しぶりにフレンチが食べたい!と心から思いました。

そして、渋川栗しょこら!
渋川栗に最近はまっている私、早速検索してみます^^/

日本からの大切なお客様、素敵なマダムのお二人、
セリーヌとコレットという呼び名も素敵です。。。

エッフェル塔

ライトアップされたエッフェル塔を見ると、
やっぱりまたパリに行きたいな~と思います。
お友達のお二人のような大人に憧れます。

日本人シェフのお料理は写真でみても、繊細で美しいですね。
大人の時間がしっかりとあるパリは、
生活にメリハリが利いていて、なんだかうらやましい~♪

また行きましょう

☆Florileges*S さん

1年半前のことが、昨日の昼下がりのように感じます。おめでとうの乾杯させてもらって、こちらこそありがとう。 また次のパリでぜひご一緒しましょう。 

渋川栗ショコラ。甘さ控えめの和洋菓子、どちらかというともちろん和菓子寄りなので、いろいろなお席に、贈り物に、おもてなしに良いお菓子です。

セリーヌとコレット、いつか横浜か川崎のCEPAGEでご紹介しますね。

夜は特に。

☆likisueちゃん (改名かしら?)

パリの夜は、大人がひらひらと遊べる時間。この店はランチもディナーも、自然光と照明のバランスも美しいのでどちらも別の空間として楽しめます。 次はぜひ。

今回はコレットもセリーヌもソルドは特に大きな収穫はなかったようだけど、ここ以外にもお食事に出かけたり、パリに決して飽きることなく毎回楽しんで帰られます。

3月のブーシェルのコラボにはおふたりもご出席なので、ご紹介しますね。
今までも何回かlikisukeちゃんと同じ空間で飲んでいたはずです。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク