2013年3月5日 春を待つ横浜・紅葉坂・パリ ~ビールとワインで世界を旅する弥生の夜

DSC02847.jpg

今回の最終コラボは地元横浜・紅葉坂。

早くも7回目の実施となるドイツ料理&ビアバー、ブーシェルにて。


重厚なドアの向こうは、欧州の居酒屋以上の熱気。

ビールとワインと料理と人と。4身一体のにぎやかな3時間半の旅。









DSC02842_20130306191028.jpg

あゆみマダムが見つけておいてくれた梅のナフキン。

落ち着いた照明と磨かれた木のぬくもり感たっぷりのテーブルに、ゲストを待つのはエッフェル塔。


DSC02848_20130306191029.jpg

18時半開場。19時開宴。 この日も満席30名様。

乾杯のビールはアルコール度数8.2%。

バイエルン州のシュナイダー・ホッペンヴァイセ。

華やかなホップ、豊かな麦芽の旨み。ヴァイツエンの枠を超えたパワフルな白ビール。


DSC02855_20130306191031.jpg

鴨スモーク&クリームチーズの小さなカイザーゼンメルサンド。


DSC02904_20130306191032.jpg

最初のワインはフランス・アルザスの自然派ルネ・ミューレ。

「シグナチュール(署名)」の名前どおり、生産者のお墨付き。

バランス感覚抜群の多品種混醸ワインは1リットルのボトル。


DSC02861_20130306192530.jpg

ノルウエー産スモークサーモン&ゆで卵のフランクフルト風ヨーグルトハーブソース。

グリューンゾーゼと呼ばれるたくさんのハーブを使った緑色のソース。


丸山さん

ビールと料理の説明はシェフ、丸山さん。

ひたむきな情熱で、ここでしか食べられないお皿を丁寧に作りだす職人。


あゆみちゃん

マダムのあゆみちゃん。まじめでおちゃめで、優しさの塊。

謙虚すぎるほどに謙虚な人柄。

コラボはいつでも毎日のように飛び交う横浜~パリメールから生まれています。

信頼できる仲間と共に働いて汗を流そうと始まったコラボの原点。


DSC02905_20130306192535.jpg

2本目の白ワインはオーストラリアのグッドワイン。

日本を拠点に活躍中のアジア初のマスターオブワイン、ネッド・グッドウイン氏が飲みやすさを追求した白。



DSC02866.jpg

アンチョビ&ドライトマト入りレバーペーストと亜麻仁入り黒パン、ラタトゥイユ添え。


DSC02907_20130306194608.jpg

フランス・ラングドックルーシオン、サンシニアンの自然派の赤。

印象的なラベルはモンペリエ在住のアーティストによる「エピキュールの豚」。

何でも美味しく食べて人生を楽しく生きようという快楽主義を説いたギリシャの哲学者、エピキュロスから由来。


DSC02869_20130306194609.jpg

玉ねぎの肉詰め 燻製ビールソース&マッシュポテト。


DSC02872_20130306194611.jpg

じっくり煮込まれた玉ねぎはデトックス効果も大。


医療テーブル①
医療テーブル②トリミング2
テーブル2
カウンター
3テーブル
4テーブル2
4テーブル

どこのテーブルもわいわい、がやがや、にこにこ、ぱくぱく。

「はじめまして」から「友達」に変わる魔法の薬を飲んでいるから。


DSC02909_20130307082317.jpg

情熱の大地スペイン・レバンテ地方の ラヤ。

ガルナッチャとモナストレル、熟成はフレンチオークで。無濾過、無清澄。


DSC02884_20130307082318.jpg

あゆみマダムの実家、長野の大鹿村から届いた鹿肉で

鹿のゲシュネッツエルテス&シュペッツレ。

干しぶどうなどをいれたワインでとろとろに煮込まれた極上の鹿。手打ちのパスタをからめて。


DSC02912.jpg

デザートワインはフランスから。天然甘口ワイン、ミュスカ・ド・リヴザルト。


DSC02890.jpg

デザートは、丸山シェフのご実家静岡産のポンカンでのマダムの手作り。

ポンカンヨーグルトケーキ。


集合写真

寒さも緩んだ弥生の夜、23時前。全員でお店の前で記念撮影。

名残を惜しみ、再会を願いながら両手で握手。




分け合うボトルと大皿。重なるグラスと笑い声。

静かになった会場で、たくさんの空いたグラスにゲストの顔が残っているように見えた。





コラボレーション。飲みながら食べながら人生の合唱。


次もこの次も、新しい歌を高らかに。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

食べたい!!

ふぉぉ~今回も、とっても美味しそうで
ため息が出てしまいましたぁ~(笑)v-411
うぅぅ~食べたかったなぁ~

ブ―シェルさんのお料理
食べつくしたいです。。。v-410

だんだんパワーアップしているね。

今回の3回を写真で見て、そう思います。あ、料理やテーブルセッティングは、いつも素敵だけど、参加者のテンションがアップしているという意味です。

満腹コース

☆うめ吉さん

3回のコラボ、どれもおなかをしっかり満たしていただけるようにお食事もワインもふんだんにご用意しようと話あったとおりに、このブーシェルもボリュームたっぷりでした。

コラボのお料理がお店の正式メニューに載ることも今後あると思います。

ぜひ皆さんでブーシェルに食事に行ってくださいませ。



夜の会

☆南姫さん

馬車道も平間もランチとは思えない熱気なのだけど、この紅葉坂のブーシェルは夜だから特に参加者の皆さんの酔いが本気だったように思えます。

次に帰国したとき、高校の仲間で一緒に行きませんか?居心地の良さ、料理の美味しさ、シェフとマダムの人柄、すべて300点満点の名店です。

人生の大合唱

今回のブーシェル、そして平間のセパージュ
とても堪能させていただきました~☆
ミホさんと参加者全員の笑顔が
“はじけ飛ぶ”ひと時をありがとうございました♪

ワインが(というか、ミホさんが)こんなに人と人を繋げるパワーを持っているとは・・・
感動、そして実感する夜でした!さすがミホさんです~
次回が待ち遠しいですv-272

2回ご参加ありがとうございました。

☆tutti さん、そしてtutti さんのご主人さま

今回も盛り上げていただき、ありがとうございました。どんなアルコールでも軽々と、ひときわ美味しそうに飲んでくださるご夫妻。あの場の空気を丸く美味しく発酵させるチカラをお持ちだといつも感心しています。

おかげで私も気持ちよく話ができ、最後はみんなが笑顔の記念写真。

どんなに美味しいワインや料理でも、分け合うからこその味わい追加が必ずあります。
絵画や映画はひとりでも楽しめますが、ワインは出来れば誰かと一緒がいい。

tutti さんご夫妻は、いつも一緒に乾杯したいお友達。 また5月もお近くへ帰ります。
よろしくお願いします。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク