おかえりの雪

DSC03093.jpg

弥生の空から白い粉がしんしんと降り積もった日、東京・下高井戸の親友がパリに到着。

食べることが大好きな親子。 歓迎のささやかなお昼ごはん。












DSC03086.jpg

CEPAGE創設の頃、4年間家族で毎週一緒に食事をし、遠出のバカンスにも幾度も出かけました。

先月、息子Nくんは卒業旅行で仲間とパリへ来ましたが、ひろちゃんは8年ぶり。


うちのテレビも食器棚もオーブンも、彼女たちが帰国になるときに残していってくれたもの。



DSC03100_20130315135950.jpg

「おかえり!」「ただいま!」


数え切れないほど、繰り返してきた乾杯。 

大好きな友達がパリに来てくれた喜びをかみしめる。


DSC03094.jpg

フランスの白アスパラはまだこれから。 

これはスペイン産。それでも喜んでくれる。 明太マヨと生クリームでソースを作り青海苔を。


DSC03079_20130315135959.jpg

アボカドとかに肉のサラダはオニオンドレッシングで。


DSC03098_20130315141442.jpg

「炙り」が大好きなひろちゃん。厚切りサーモンはゆずポン酢風味。


DSC03106_20130315141435.jpg

いろいろキノコとベーコンと玉ねぎのキッシュ。

Nくんがモリモリ食べてくれるのを見ているだけで楽しい。


DSC03108_20130315141438.jpg

ミニカヌレ、大行進。


DSC03109_20130315141446.jpg


サンシャルルのお菓子屋さんで買ってきてくれたメレンゲのケーキたち。


DSC03114_20130315141932.jpg

みんなで屋上のテラスへ。 雪が融けないパリはいつもより白っぽい。



ひろちゃんとなつき

懐かしがってキョロキョロの二人。

彼らが暮らしていたのは、うちから2キロほどセーヌ寄り。


ひろちゃんなつきかずた屋上

当時小学校5年生だったNくんはこの春就職。 カズタよりも4歳年上で昔からよく面倒を見てくれました。

ひろちゃんは決して小さくない女性ですが、ふたりの間に立つと小柄に見える。


この後、3人はサンジェルマン・デ・プレへ買い物へ。 私は翌日の仕事の準備。



DSC03122_20130315142739.jpg

夜は近くのビストロへ。


DSC03121_20130315142742.jpg

ひろちゃんと私はキール、息子たちはシャンパーニュで乾杯。


DSC03123_20130315142745.jpg

さまざまなサラミの盛り合わせや、


DSC03125_20130315142747.jpg

グリーンアスパラ&パルメザンや、


DSC03127_20130315142751.jpg

鴨のもも肉のパテや、


DSC03128_20130315143159.jpg

巨大なフォアグラが、子供たちの胃にどんどん吸い込まれていきます。


DSC03130_20130315143203.jpg

ここでブルゴーニュの赤ワイン。ヴォルネイの1級畑。

ボーヌのお祭りにも一緒に行ったね。正体がなくなるほど飲んだね。


DSC03131_20130315143208.jpg

イバイオナの豚肉、塊でローストされて登場。

肉、かくあるべき、の潔さ。


DSC03134_20130315143210.jpg

ホタテのポワレは苦味のあるキャベツが付け合わせ。


DSC03136_20130315143214.jpg

栗の優しさがどっさりのったモンブランと、


DSC03137_20130315143622.jpg

濃厚なチョコレートのムース。





仲良しは似る、と言われます。 ひろちゃんと私もよく似ていると言われてきました。


似ているようで、違う。違うところも全部認め合える。

自分よりもずっと優しくて、辛抱強く、タフな可愛さをたくさん持っている人。





春から遠くで社会人として歩き始める一人息子との思い出旅行。


あの時の愛犬は空の上だけど、巴里の景色は変わらない。




長野生まれのひろちゃんの、ここはもうひとつのふるさと。

一緒に居ることが、どこまでも自然。



ふたりで巴里を食べ尽くして帰ってください。来てくれてありがとう。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワタシもkazuta君とN君に挟まれて写真を撮りたい^0^
もしかしたら小柄に見えるかも~^0^
mihoとひろちゃんを見ていると、とても楽しい気持ちになる。
何となく似ているところ、確かにあるある!
よい関係が長く保てるって素晴らしい☆
mihoもkazuta君と日本へ親子旅行、ひろちゃんもN君とパリへ親子旅行。
羨ましい~~☆☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

野菜と果物もしっかり。

一見、肉とチーズなんだけど、野菜と果物もしっかり入ってますね、さすが!
私はウチごはんはすべて買い食い(?)だけど、野菜と納豆を取るように心掛けています。
3キロ減が目標でしたが、半分達成しました。リバウンドしないようにしないと。

No title

なんだか素敵なパリ旅行♪
母子同士でずっと続く友情を持ってるって暖かいですね
そして、なんて美味しそうなお料理の数々・・・
ホワイトアスパラもサーモンの炙りも見ているだけで幸せです

No title

先日のセパージュでお世話になったひろちゃんさんとN君、
ホントにカップルみたいですね〜。
ステキな思い出たくさんの旅行になりますように!

そして、わるねこ「うっちー」サイコー♪
うちのコ名無しだから「たっきー」にしよっかな(笑)

「Te」が今日からミホさんのちょっとソバに向かいました。
なにかあったら助けてあげてくださいマセ(笑)

子供たちと。

☆diadianちゃん

中学の友達、高校の友達、大学の友達、社会人の友達、パリの友達・・・いつの時代も優しい出会いがあって、たくさん楽しみをいただいています。

小さな親子ゲンカを繰り返しながらも、ふたりとも最後まで胃も肝臓も足も口も元気。
明日帰ってしまうのが寂しいです。

diadianちゃんもRちゃん、Yくんとぜひ。 パリはあちこちにワンコがいるよ。

伝えました

☆鍵コメ かれんままさん

ひろちゃんと一緒にコメント読みました。かれんままさんがどんな髪型になったのか楽しみです。あの日はお座敷だったこともあり、昼間でもけっこう皆様ほろ酔いでしたね。

ひろちゃんはとっても強いですが、私は最近はそんなにお酒は強くないんです。ちょっと前までは、ワインなら2本飲めるときもありましたが、今は1本飲むと翌日まで残ります。

二日酔いは大人げないから気をつけようとわかっていつつ、年に数回は痛い目にあっています。


うちごはんの利点

☆南姫さん

ちゃんとダイエット、結果が出ていてすごいですね。私は今週は絶対に無理です。今月も来月も、5月も楽しい来客ラッシュなので、これでダイエットは不可能。

うちごはんは和食も洋食もなるべく野菜をたくさん入れ込むようにしています。

今夜も食事に出かけてきます。ダイエットのダの字も忘れて、がっつり、がっつり。


家族以上に

☆belle-vie さん

いつも見ていてくださってありがとうございます。

この親子との関係、もう10年にわたりますが、どんなときでも力になってくれて、私たち母子を幾度も救ってくれた命綱とも言える友人。

火曜日に来て、今日帰っていきましたが、あれもこれもしたいと思いながらも何もできなかったように思います。社会人になる息子は次は彼女と来るのかな。友人は次回はダンナ同伴で来るでしょう。 ちょっと寂しくなりました。またすぐに会えるのに不思議です。

フランクフルト

☆ miyaya さん

バーゼルまでの乗り継ぎ時間に短いメールをもらいました。やっぱり遠い!って。

わるねこネーム、師匠から想定外な命名をいただきました。友の会で飲んだとき、命名の意図をつっこんでおいてくださいね。やっぱり今年はパスポート取得でしょうか、と。

「タッキー」わるねこもぜひ。 そのねこは歌が上手そう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

下高井戸

☆鍵コメ めぐみちゃん

下高井戸、すてきな街だよね。友人は明大前と下高井戸の間の、神社の近く。

私たち親子が泊まりにいくと、あのあたりの「まぐろ人」やビアバーや、鉄板焼き屋さんなど
あちこちに連れて行ってくれるのです。

ホワイトアスパラは、茹でたらざるにあげて、そのまま水気をとばしながら冷ませば水っぽくならないはずです。水で冷したりしなくていいからね。

特別な魔法は、いつもかけます。美味しくなあれ、笑顔になあれってね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ホワイトアスパラ

☆鍵コメ めぐみちゃん

アスパラ、ぜひやってみてね。きっと美味しくできますよ。

今日、私もフランス産のいい感じのホワイトアスパラをどーんと1.5キロ買ってきました。
明日、お友達の送別会をするので丁寧に仕込みしようと思っています。

下高井戸の美味しいお店の話、いつかまたたっぷりと。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク