セピア色の宝箱

DSC03496_20130401003147.jpg

今日から夏時間、日本との時差が7時間になりました。


真冬のように冷え込んだ朝、奈良から出張で来た友人とヴァンヴの蚤の市へ。







DSC03490_20130401003200.jpg

9時30分に蚤の市の入り口付近で待ち合わせ。

S美さんとの4ヶ月ぶりの再会を喜び、TOMOさんと初めまして。


DSC03503_20130401003152.jpg

1920年頃から続くヴァンヴの蚤の市は、手ごろな小物が見つかります。

我が家からはメトロで1駅。歩いても15分程度。 ほぼ毎月、来ています。


DSC03492_20130401003156.jpg

誰かに似ているような胸像や、


DSC03495_20130401003206.jpg

中近東やアジアの守り神や、


DSC03501.jpg

大人のような顔をした人形や、


DSC03505_20130401004225.jpg

空き缶だけを並べたスタンドや、


DSC03510_20130401004234.jpg

デッドストックのボタンなどなど。お宝とガラクタが次々と目に飛び込んでくる。


さとみさんとともこさんヴァンヴ

フランスの伝統生地トワル・ド・ジュイのサイト経営をしている二人は布地に夢中。


DSC03509_20130401004649.jpg

オルガンを奏でるムッシューのそばの屋台で、甘いショコラ・ショーを。


DSC03518_20130401004652.jpg

ジョルジュ・ブラッサンス公園の前のビストロでランチ。

サンシニアンの赤でカンパイ。


DSC03523_20130401004655.jpg


レアに焼かれたタルタルステーキのハンバーガー カンタルチーズをたっぷり溶かし。

大きな口をあけて、かぶりついたら肉汁がじゅわじゅわっと。


DSC03517_20130401004705.jpg

TOMOさんからのお手製のプレゼント。3人お揃いのデジカメ用ポーチ。


DSC03551_20130401005243.jpg

「移動のときの機内やホテルで履いてね」と、携帯スリッパも手作り。

大切にします。ありがとうございます。


さとみさんとともこさん 古本市

古本市を見てまわり。 


DSC03529_20130401005247.jpg

パリ関連の写真集ばかりが並んだテーブル。


DSC03530_20130401005250.jpg

風で飛ばされぬようアンティークのアイロンが重石がわりの、19世紀の地図や新聞、ポスター類。


DSC03543_20130401005823.jpg

一旦二人と別れて、自宅へ。

本日連れ帰った宝物は、1930年代のクリスタルの器。 CEPAGEのテーブルで使います。


DSC03527_20130401005826.jpg

エッフェル塔にまつわるお話が白黒写真と一緒に載っている本。


DSC03538.jpg

ひとりでのんびりお茶を飲もう、シックな茶色のマグカップ。


DSC03532_20130401005834.jpg

「6個しかないから、おまけするよ」  クリスタルのショットグラスは日本酒のヒヤに良いかも。


DSC03547_20130401005838.jpg

シトロエンに乗る友人の誕生日プレゼントに。


DSC03536.jpg

1937年発行のパリのガイドブックと、4~50年前のブルゴーニュのタートヴァン。


DSC03534_20130401010632.jpg

「義理の母は星のような存在だ。遠くで拝んでいるのがちょうどよい・・・」という壁掛け。


DSC03548_20130401010641.jpg

ピンバッジも可愛いものが見つかります。 ゴールデンレトリバーを飼っている友人へ。


DSC03545_20130401010638.jpg

通常ボトルと同じ大きさの木製の小物入れ。コルクの部分はライターになっています。




今日、ここでしか出会えないモノたち。


縁あって、私の元へ。大切な人たちの元へ。





巴里は大きな宝箱。 どんな季節も楽しいことが詰まっている。

じっとしていても、喜びは舞い込まない。 探しにいこう、手に取ろう。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本より物を大切にするのかな?

家も日本より年代物が多いよね。日本は20年も経たないうちに、一軒家は立て替える人が多いし。

木彫りのボトル

初めましての私だったのですが、直ぐに打ち解けて貰い
楽しく買い物が出来ました。ありがとうございました。
もう20年も住んでいるフランスなのに、初めだったヴァンブー
癖になりそうです。楽しかった~!

木彫りのボトル凄い素敵です。ライターだったのですね。

私の元に来た古い物たちどんな過去を持っているのか、
これから私と一緒に幸せに暮らしてもらいます。
そして、使うたびに今日のこと思い出します。


早起きの楽しみ~♪

寒い寒い日曜の朝でしたが、早起きも苦にならず、
ワクワクして寒さもなんのその。
午前も午後も思い切り楽しみましたね!

それにしても、ピノミホさんとは何回か蚤の市やブロカントをご一緒していますが、
毎回、天晴れな買いっぷり。
そのセンスと潔い決断力にいつも感心してしまいます。
お買い物の場面でも、いつものように、
かっこよく男前なピノミホさんです、ハイ^^

ぜひまたご一緒させてくださいね~!

建築物

☆南姫さん

古いものを大切にするキモチはフランス人は本当に強い。
建築物も1900年頃に建てられたものが丁寧に使い込まれています。
石と木造の違いだと思うけど、内装をなおす場合でも、パリの条例で外壁はそのまま残さなくてはならないとか、いろいろ建築に関する法律も厳しいのです。

地元の伊勢佐木町の松坂屋が取り壊されたとき、どうしてあの歴史を見てきた建物を保存しようとしないのか、涙が出た。新しいガラス張りのビルにはない、重厚さがあるのに。

私がすんでいるのは高層で、「新建築」を言われる部類ですが、それでも1970年頃に建てられたもの。

安いものを使い捨てる文化よりも、本当に気に入ったもの、いいものを大切に使うほうが心が潤います。

ヴァンヴ・デビュー

☆Tomo さん

いいお買い物をたくさんしていらして、楽しそうで良かったです。
テーブル2つ、どんな風に使われるのか興味があります。

あの日はかなり冷え込んでお茶に逃げたいぐらいでしたが、これからの季節、緑も風も気持ちよくなりますのでまたぜひ。

ポーチもスリッパもありがとうございました。S美さんのホテルでさっそく履いてみましたが、サイズもちょうどよく、履き心地も抜群。旅には必ず連れて歩きます。

2日間びっちり。

☆Florileges*S さん

パリ市内なのにどこか小旅行に行ったかのように楽しい2日間でした。
こちらこそ、いつも本当にありがとう。

蚤の市2日間、勝手に見て違う視点でそれぞれに楽しめて収穫もあって、おもしろかったですね。高価なものは何一つ買っていないけど、好きなものをたくさん手にすることができて大満足。「あのとき一緒に買ったもの」を、何年か先にも使っておもてなしをしたい。
ガラスの器でデザートを出しますから、またすぐにパリへ帰ってきてね。

要るか要らないかを決められない、迷うということは、要らないということなのでしょうね。

そのとき欲しいと思っても考えると不要なものがほとんど。だから私は迷わない。その場で判断し、手にとったからには愛用する・・・と言いつづけて、我が家は雑貨だらけになっております。

こんばんは。

ピノさん、こんばんは。ご無沙汰してます~(>_<)
ヴァンヴの蚤の市、面白そう~!
それぞれに何をGETされるのか
見てるこちらもワクワクします!
ピノさんの買ったもの、どれもステキですね~!
お友達用に買われたもの、どれも可愛くって♪
ゴールデンのピンバッチもシトロエンもいいな~!
きっと、お友達も喜ばれますね!

ひゃ〜!!!

相変わらずステキなモノたちばかりですね!
特にエッフェル塔の時計ったら!!!
お金と時間、作らなきゃデス!!

プレゼント

☆kash ちゃん

ご無沙汰しております。忘れずにブログをのぞいてみてくれてありがとう。

蚤の市で見つけられるものは、「その人だけにあげたい」もの。

私は「ばらまき用のお土産」という考えがないので、贈りたい相手を思い浮かべて何かを探していきたいです。





桜祭り

☆Kanakoyaかなこ ちゃん

エッフェル塔関連のものを見ると、いつもかなちゃんを思い出しています。
朝市のブレスレット、なかなか見つからないの。それでもあきらめずに探しておくね。

桜祭りのライブ4曲目、「何度でも」。YOU TUBEでかなちゃんの歌声を聞いたよ。

10001回目、そうだね、粘っていかなくちゃね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク