2013年5月28日 横浜・紅葉坂・パリ ぶどうの房の仲間たちとドイツ料理とワインの夕べ

DSC04608.jpg

地元横浜、桜木町、みなとみらい、野毛からもほど近い紅葉坂。

分厚い木の扉には、この日も手描きのポスター。


5月最後の火曜日の夜、ドイツ料理の名店「ブーシェル」とのコラボレーション。









DSC04621.jpg

あゆみマダムが用意してくれたパリらしいナフキンに、銀のエッフェル塔を仲良くセット。


DSC04678.jpg

乾杯のビールは

「SCHNEIDER MEINE SOMMER WEISSE」

私の夏の白ビールと訳せる、バイエルン州の爽やかな1本。

DSC04630_20130601103623.jpg

「ベアラオホ入りマウルタッシェン シュヴァーベン風じゃがいもサラダ添え」

行者ニンニク入りで、クマネギのペースト付きのドイツ版餃子。



DSC04686.jpg

白ワインはこの2本。

スペイン・トロの「ALUBE VERDEJO」 2011年。

ヴェルデホ種を使った個性ある味わい。


「WINE MEN OF GOTHAM」 2008年。

オーストラリアのハイコストパフォーマンスワインは、シャルドネとセミヨンの混醸。

DSC04636_20130601105440.jpg

「アスパラガスのバターソースと自家製ロースハム」



DSC04642_20130601105442.jpg

「ヒューナー・フリカッセ バターライス添え」

鶏肉とアスパラガスのクリーム煮こみには、まん丸の愛。


DSC04659_20130601105446.jpg
DSC04658.jpg
DSC04663_20130601110408.jpg
DSC04662.jpg
DSC04661_20130601110405.jpg
DSC04660.jpg

4つの大きなテーブル、ゲストの皆様ははじめましても旧知の仲も。

ワインを注ぎあい、料理を分け合い、あっという間にお友達。



DSC04684_20130601110409.jpg

赤ワインはこの2種類。

「ANATHEME」はフランスから運びました。

ラングドック・ルーシオンの土着品種アラモン主体で作られる自然派ワイン。

アナテームは、「破門」を意味し、従来のスタイルを打ち破ること。

「BON TERRA」はカリフォルニアのジンファンデル種。こちらも自然派。



盲腸詰めと丸山さん

丸山シェフが大きな大きなお皿を抱えて、各テーブルを回っています。

腸詰・・・これは、なんと牛の盲腸詰め。


DSC04647_20130601111224.jpg

切り分けると断面にはじゃがいもが見えます。

「ザウマーゲン ザワークラウト添え」



DSC04655_20130601111231.jpg

「猪のソーセージと焼き野菜」


DSC04687_20130601111235.jpg

デザートワインもフランスから。イル・ド・ボーテ(美の島)を呼ばれるコルシカ島。

ミュスカ(マスカット)から作られる粒選り摘みの甘口白ワイン。


DSC04666.jpg

デザートはマダムのお手製。「ストロベリーケーキ」はチョコと生クリームとイチゴが3層に。


DSC04668_20130601112411.jpg

最後にシェフに続いて、あゆみマダムもご挨拶。

正直で素朴な人柄から発せられる一言も、回を重ねるごとに旨みが乗ってきました。



DSC04669.jpg

開始から3時間半。豪快に食べて飲んだ27名のタフに生きる楽しいオトナの皆様。


DSC04622.jpg

「一番上の段の真ん中は、ミホさんの似顔絵なの」


皆様を見送ってシェフとマダムと握手を交わす瞬間、また絆が深まった。






珍しい食材を経験し、好きなワインの範囲を拡大。

新たな出会いと、自分を解放するグラス。





時差のないバスに揺られて、葡萄畑を一緒に巡るコラボレーション。



ご参加いただいた皆様、いつもありがとうございます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

回を重ねるごとに。

☆鍵コメ おかみさん

日本でCEPAGEを始めた夏、2009年の7月もとても暑かったのをよく覚えています。そのときからおかみさんには、パリのセパージュ同様に支え続けていただいていますね。

「旭屋」や「はる」の同級生のお店コラボや、この「ブーシェル」「ダルクロ」の地元コラボも、終わるとすぐに次を考えたくなるほどに盛り上がり、今回も片づけをしながら、8月の日程を決めてきました。

パリへ戻って、また空気感が異なる街で、足場も一生懸命固めていきます。

夏には再び日本で、おかみさんとの横浜散歩も楽しみです。
メール、待ってますね。



ぶどうの房

まつげの長いかわいいぶどうの粒!!
今回も楽しくおいしく学びました。

昨日も私の夏の白ビールを飲んできました。
新しいメニューも美味しかったです☆

夏のコラボを今から楽しみにしてま~す!

連続出席記録更新

☆likisukeちゃん

ブーシェルでのコラボには、likisukeちゃんが座っているテーブルがあることが大前提となっています。いつも本当にありがとう。

でしゃばらないのに、存在感が充分にある。そんなlikisukeちゃんを私も見習って飲もうといつも感じています。

クラシックなビールも美味しいけど、私の夏の白ビール的なのも、すごくいいね。地ビールをあれこれいただくようになって、それがわかるようになりました。

まだパリは朝6時なのに、すでにビールが飲みたくなってきました。





プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク