はじまりの都 ~奈良の旅 其の壱

P1040997.jpg

日本滞在最後の3日間、いにしえの古都へ旅してきました。

万葉集や百人一首を背景に、1300年前の道を歩く。

自分自身の小ささをあらためて省み、これからなすべきことを探しに。









P1040979.jpg

復元が進みつつある平城宮跡。

朱雀門から大極殿に向かって広大な敷地が広がります。


P1040973.jpg

正門である朱雀門を抜ければ、太古の風景に吸い込まれ。


P1040967.jpg

平城京歴史館で、遷都くんにご挨拶。


P1050003.jpg

猿沢池の背後、細い路地に格子戸が並ぶ「ならまち」。

身代わり申が、軒先にぶらさがり。


DSC04696_20130603125257.jpg

夏祭りのご馳走「柿の葉寿司」を老舗の平宗のお座敷で。


DSC04704_20130603125300.jpg

夜は、古民家の料理屋さんへ。


DSC04713_20130603125304.jpg

すでに入梅、日本のロゼは柔らかい。


DSC04708_20130603125307.jpg

ホタテの酢味噌和えや、


DSC04715_20130603125311.jpg

黒むつの湯葉蒸し。 時計をはずす時間が続く。


DSC04711_20130603130001.jpg

焼き茄子そうめん。 みょうがの香りは日本の夏の入り口。


DSC04717_20130603130005.jpg

2軒目は焼き鳥屋さん。


DSC04722.jpg

メニューに「心」と書かれたハツ。

焼酎をロックでいただきながら、魂のリラクゼーション。




奈良紀行は2日目に続きます。




DSC04750_20130603130011.jpg

おまけの1枚。



昨日早朝、パリへ無事戻りました。

沖止めの機体から階段をおりるときに見えた日の出。


水無月の出発は、光から。





日本で今回も皆様にお世話になりました。

すぐに夏に戻るまで、パリでさらなる精進に励みます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

奈良って、京都のような煌びやかさは少ないけど、とても重みのある歴史を感じる場所ですよね。

遺跡もたくさんあるし、私もゆっくりと訪れたい場所かな。

そして、実は遷都くんファンなの。
遷都君んが誕生するときは、賛否両論と色々あったようですが、あの愛くるしい目が可愛くって、大好き。

お料理も美味しそう。
三輪そうめんかな?

パリは寒いですか?
いま、ローランギャロスの錦織とナダルの試合見てるけど、観客の方々がジャケット着ていたりストールしてます。
日本より寒いのかなと・・・みほちゃんを思い出しながら見てるの。

寒暖の差で体調崩さないようにね。きをつけて・・・

せんとくん

☆さつきちゃん

おっしゃるとおり、京都と奈良はそれぞれに違う魅力にあふれているね。今回3日間、ずいぶん歩いて、見られるだけ見たけど、まだまだ見たいお寺も遺跡も神社もたくさんある。

しみじみ思ったのは、日本の子供は幸せだということ。修学旅行で、こんなに美しい都を見学できるんだもの。でも、子供の頃って何も覚えてないし、興味も湧かないのよね。今思うと、本当にもったいない。

さつきちゃんお気に入りの遷都くん、あちこちにいらっしゃいました。衣装が変わると雰囲気も変わるよね。ゆるキャラの中で、私もこの方をひいきにしたいと思った。

この晩のおそうめんもきっと三輪そうめんだと思うけど、2日目の午後に三輪そうめんの本場に行きました。

ローランギャロス、フランスのテレビでは錦織くんの中継無かったの。フランス人の試合が同時間にあったから。確かに日本では半そでで過ごしていたけど、こちらでは、ストールと軽いコートが必要な気候です。今日も天気は良くなりそう。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク