確かめ合う志

DSC06232_20130812065619df8.jpg

この夏も、過去の自分に帰る再会が続いています。

見慣れた夜景に、もう一度酔う。


古い乗り合いバスを改造したバーから見た、横浜ベイブリッジ。










DSC05938.jpg

7月21日は大学時代のプチ同窓会。英文科で一緒に学んだ仲間。

みなとみらいのレストランの個室でカンパイ。


DSC05939_2013081206562279d.jpg


Mちゃんはニューヨークからの一時帰国。Cちゃんは初めて会う7歳の息子Rくんを連れて。
Kちゃんは同じ横浜にいたのに26年ぶりかしら。


DSC05941_201308120656245b6.jpg

怖いものが何もなかった女子大生時代。

みんなの記憶を寄せ集めて「そうだったそうだった」「あんなこともあったっけ」。


みんなで


かつて話題にならなかった老親のこと、子供のこと、自分自身の健康を案じるようになっている今。

卒業時の謝恩会同様、人生の謝恩会も時々ね。


DSC06279.jpg

奈良・京都の旅から戻り、川崎CEPAGE前半の週末を越え、

2年半ぶりに命の恩人と再会。 関内・馬車道の黒の止まり木にて。


DSC06283.jpg

3年前に乳がんの手術を受けた日、術後の1晩はICUで過ごしました。

麻酔が醒める痛み、体中に繋がれた管、手も足も動かせず情けなさと苦しみが最大だった夜。


ご自身の「これから」を淡々と語り、私の涙をぬぐい続けてくれた救命担当ナースのチエミちゃん。


DSC06286.jpg

「人を救いたい、この手で救いたい、だからもっと学びたい。活躍の場を探したい。」

 この先、自分の手で生きていけるのかが不安だった私の耳に静かに響いた天使の言葉。


DSC06296_20130812071547da5.jpg

朝が来て担当看護師さんが交代になるとき、元気になったら飲みましょうと約束をした。

放射線治療のあと、パリへ戻る前に一緒に飲んだ2010年の11月。

この日は古いポルト酒を、ふたりで、ゆらゆら。 

最後にチラっと弱音を吐いて「死にそうになったら・・・」間髪いれずに「助けますよ」と返された。



DSC06352.jpg

8月2日は高校の同級生とインターコンチ31階の絶景中華ランチ。

この開かれた海に包まれて育った私たち。


DSC06361.jpg

「アジアンビューティー」コースのお食事、美肌彩茶でカンパイ。


DSC06370_2013081207342121c.jpg


3人の共通点は、近年命に関わる大病をした、働く独身、親を扶養していること。

Tちゃんとは高校卒業以来。Yちゃんは去年の夏以来。

顔を見るまで心配しあっていた。みんな元気、なぜなら魂が強いから。


DSC06373.jpg

「涼しくなったら、高校に一緒に行ってみよう」

駅から続く丘を歩けば、懐かしい学び舎が今もそこにある。

自学自習が校風だった。 学ぼう、習おう、自らの足で生きるため。







今日から東北・石巻へ、母の見舞いに行ってきます。

息子と並んで、新幹線やまびこで、シウマイ弁当とビール。






人生はラクじゃない。いつまでたってもラクにはならないらしい。

それなら訓読みにしてみます。 ほら、いつも楽しくなってきました。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気を付けて行ってきてね~

8月2日に会えて嬉しかった、高校の同級生の南姫ことTちゃんでした~(^o^)/

たくましいユニット

☆南姫さん

極上のレストランをセットしてくれて本当にありがとう。
30年以上ぶりに会ったのに、会っている間にジワジワと高校3年生の頃に戻っていく自分を感じました。

苦しいことがあっても、自分で浄化していくしかないね。これからも共に頑張ろう。

東北は朝晩、気持ちいい気候です。日中は関東より5度ぐらいは低いかな、陽射しは変わらず強烈。 たんぼの稲穂が綺麗です。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク