いつでも出発点

DSC05803_20130818082306c45.jpg

夏は自己啓発の時間を必ず持つと決めています。

自分で事業を興していく以上、進化がなくては発展もない。


飾り巻き寿司を学んで、自分の手で生み出せるものを増やしたい。

パリから日本へ到着した翌日、早速人形町の個人の先生のお宅へ。





DSC05796.jpg

贅沢にマンツーマンで4種類の飾り巻きを教えていただきました。

カエルさんもニコニコ顔。


DSC05799_20130818082304075.jpg

桃の花は、花びらの細巻きを組み立てていきます。


DSC05805_20130818082309107.jpg

チューリップは工作に近い。明太子とヤマゴボウ、2種類の味の花ができあがり。

レッスンの後は、先生がご用意してくださった自家製味噌のお味噌汁や小鉢でお昼。



DSC06300.jpg

7月31日は、横浜・吉野町の欧風料理「みーしゃ」のマダム、正代ちゃんのパンレッスンを受講。

製パン士の資格をお持ちのマダムは、きっちり丁寧に美味しいコツを明確に教えてくださいます。



DSC06309_20130818091407fbd.jpg

25cmの棒状のパン・オ・レザン・ノアの焼き上がり。

パリから武蔵小杉に帰った仲良しの生徒さんA子ちゃんと一緒の嬉しいお稽古時間。


DSC06317.jpg

自分で作ったものはすべて持ち帰り、正代ちゃんが作ったサンプルで楽しいランチ。


DSC06323.jpg

シードブレッド。 ひまわりの種と白ゴマのパン。

パリへ戻った秋には、煮込み料理、シチューとよく合いそう。


DSC06312_2013081809141239d.jpg

正代ちゃん手作りのカプレーゼサラダと、


DSC06315.jpg

加藤シェフの極上ズッキーニの冷たいスープ。

正代ちゃんの手でこねられたパンはふわふわ。この人にまた、もっと教わりたい。


太極拳

8月8日の午前中は、上大岡で人生初体験の太極拳。

病気の後で、右腕、右肩がこわばり気味の数年。ゆっくりの動きで全身をほぐしていく。


ともちゃん

先生は、高校の同級生ともちゃん。

中国駐在時代に学んだ太極拳と、カラーアナリストの道をまっすぐに進み大活躍中。


まぶしいほど、仕事を楽しんでいる彼女。 ともちゃんの背中を見ながら私も手を伸ばす。



DSC06685.jpg

8月10日は新宿・すしアカデミーで飾り巻き寿司講座を受講。


DSC06686_201308180933494a0.jpg

世界各国、日本の遠隔地から参加の12名の生徒さんたちと、2名のインストラクターの先生。

個人の先生とはまた違った良い意味での緊張感。


DSC06688.jpg
DSC06695_201308180933582be.jpg
DSC06703_20130818093400f31.jpg

桃の花とバラは、先月人形町で作っているので難しさを感じない。

シャリの計量や、巻き込み方の違いなど、自分でいかに応用できるかを考えつつ学ぶ。

四海巻きは初めてで原理を理解したつもりでも、できあがりにはズレが生じた。


及川先生と

主任インストラクターO先生と。 サポートのK先生も優しい方でした。

この先、帰国のたびに2級、1級と受講を続けていきたいと思う充実の講習。



認定証


ひとつずつ、何かができるようになる喜び。

子供の頃の夏に、絵日記のページが増えるように。





8月末には再び人形町の先生に個人レッスンを受けてきます。



未来は自分の手で創る。

いくつになっても、スタートラインには新鮮な気持ちで。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました。

ピノミホさん
その節はありがとうございました。
もう人に教えていらっしゃる方に、何をお伝えしたらいいのー?と
ドギマギしましたが、楽しいひと時を過ごさせていただき感謝です。
パンは作り始めると奥が深くて、思い通りにならないことも多いですが
あの、オーブンから漂うなんともいえない香りは焼く人の特権かな、と思っています。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

謳歌♪

ピノちゃんこんにちはv-278

日本での時間を本当に有意義にお過ごしですねv-354
暑さなんてなんのそのv-363v-363

毎回毎回ピノちゃんパワーv-91に脱帽ですv-323

何をするでもなくだらだら毎日を過ごしている自分が恥かしくなっちゃいますv-393
と言いつつ只今もだらぁ~っとしておりますv-404

夏後半、次はどんなピノちゃんが拝見できるのか、わくわくしちゃうv-441

ありがとうー!!!

ピノミホちゃん、忙しい一時帰国の合間を縫って太極拳に来てくれて
本当にありがとう!!!

フランスの風を運んでくれて、クラスの皆も楽しいひと時に
沸き立った1時間でした。
さすが、、ものすごーーいパワーを届けてくれて、、感激です。

あの日、福ちゃんもピノミホちゃんに逢えたことはとても大きな意味が
あったのでは・・・・出逢いの不思議に心から感謝です。

フランスで太極拳。。ピノミホちゃんがいたら、絶対実現しそう♡
飛んで行くわよ(^_-)ー♡

No title

すご~~い!! 桃、カエル、バラ・・・・・・
素晴らしすぎるぅ~~。
ただ単純に細長く切ったマグロを入れて巻くことさえ出来ないワタシ。
手巻きでさえ、ゴハンや具が多すぎて、口に入らない大きさになる始末^^;
四海巻き、あんなに綺麗に卵焼きは焼けません。
つまりワタシは材料を揃える事すら出来ないんだわ~~。
いつか目の前で作ってご馳走してネっ!

山形での記事にほろっしました。
人との繋がりをとても大切にしているmiho、素敵です。

巻き寿司きれいだね

半世紀近く頑なに料理をしなかった私が、少しするようになったのは、
ミホさんの影響も大きいんですよ。
やってみたら簡単やん。
いえ、簡単なものしか作っていないからですが。
それでも、自分で新鮮な野菜を選んで、
作りたてってだけでも美味しいモンです。

頑張ってるね~

みほちゃん相変わらず前向きだなあー。アタシも見習わなきゃなー。
おととい一足先にこっちに戻ってきました。ちょっと肌寒い。v-12

私も今年こそはみほちゃんの巻きずし教室行きたいわん!

残りの夏も満喫してきてー!!!

すしに合うワイン教えてください。

すしにはどんなワインが合いますか。いくらにはシャンパンだめですよね。昨日はどうもありがとうございました。

No title

ピノミホさん
日本でのCEPAGEに何度か参加させていただきました。
ここのところスケジュールが合わず、、、(涙)
美しいブログにいつも感心させられますが、
この言葉に感動!

未来は自分の手で創る。
いくつになっても、スタートラインには新鮮な気持ちで。

なぜか涙が出てきました!! 清く強く美しい!!
またCEPAGEにうかがいますねー。

またお願いします!

☆Masayoちゃん

ありがとうございました。とっても勉強になりました。
「みーしゃ」でいただくパンがおいしい秘密が少しだけわかりました。

食べるものは作る人の手の愛がこもる。
正代ちゃんがパンをこねる姿は本当に美しかったです。

贅沢なレッスン、また次回もぜひお願いします。

暑さが続いて。

☆小鞠ちゃん

横浜も尋常じゃない暑さですが、関西はもっとなのでしょう。

昨日、東京に出たらもっと暑く感じました。そしてゲリラ豪雨もあり、そのあとはまた蒸して。

どうか夏後半まで小鞠ちゃんもお元気で。私もあと少しの滞在、楽しみます。


楽しかったよ

☆tomokoちゃん

太極拳、どきどきしながらだったけど、本当にじわーっといい汗をかけて、気持ちよかった。
体内から浄化されるってこういうことなのね、と思いました。

ともちゃんが、動いて話して笑って働いている様子を見て、強いし優しいなと思いました。

ご縁もつなげてくれてありがとう。

パリ出張太極拳、待ってますよ。必ずきてね。


巻き寿司の楽しみ

☆diadianちゃん

ご謙遜してるけど、何を作っても器用なdiadianちゃんなら、この飾り巻き寿司もキレイにできると思うよ。B型の私でも、どうにかこうにか、先生の動きをじーっと見てあわてず巻けば巻ける。

もう一度、30日にも別の巻きを習いに行くのでパリへ帰って自分のキッチンで猛特訓して
パリのみんなと巻いてみます。

材料は日本みたいに完璧にはそろわないけど、あっちにあるもので工夫してみる。

冬に旭屋さんの厨房で一緒に巻こうか。葡萄巻きを!

嬉しいな。

☆南姫さん

南姫さんが忙しい中で、お料理をするのに私が少しでも影響したならば、それはそれは嬉しい。そんな嬉しいことを言ってくれてありがとう。

やってみたら簡単、それです。そこです。簡単でも自分の手から生むお皿は美味しい。
「聡明な女は料理がうまい」っていう本が昔あったよね。それ、南姫さんでしょ。



涼しいベルサイユに。

☆ミヌちゃん

またしても日本ですれ違いの日々で、ミヌちゃんはもうベルサイユの人なのね。

私は9月に帰るから、待ってて。秋になったパリでたまにはよもやま話しましょう。
また笑えるネタを抱えていくからね。

飾り巻きも、シンプルな巻きも、一緒に作るときっと楽しいよ、飲みながら巻こうね。
この秋は必ず。

お寿司にあうワイン

☆びあさん

先日はこちらこそ、ありがとうございました。緊張して伺ったのに、皆さんがとっても温かくてすぐに楽しくなり、いつもどおりの仕事ができました。
びあさんが正面に座ってくださったおかげだと思います。

おすしに合うワインは、ネタによって違いがあると思いますが、おっしゃるとおり、いくらなど魚卵系は生臭く感じることになるので実は難しいですね。シャンパーニュは一応オールマイティーだと思いますが、リースリングや、ソーヴィニヨンも白身にはよし。マグロやハマチなどは厚みのある白がいいと思います。

実はフランスには「SUSHI」という名前で売られているソーヴィニョン主体のワインがあります。今度、もってかえってきましょう。 そして、私の巻き寿司、飾り寿司でそれを飲んでいただきましょうね。

またお待ちしてます!

☆AKI さん

ご無沙汰です。ご活躍はまぶしく、そして友人としていつも誇らしく思っています。

お忙しい中でブログも見ていてくださって感謝です。
パリでも日本でも、助けてくださる皆さんのおかげで元気に頑張ることができています。

なかなかお会いできませんが、ぜひ次こそ。
本当の友達は会う頻度よりも、連絡をとりあうまめさよりも、信頼する確かさだと思っています。AKI さんとは、これからもずっと、そうありたいです。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク