2013年8月22日 晩夏を奏でるチーズ&ワイン

DSC07059_201308260852102fb.jpg

チーズ王国・立川本社のサロンにて初めてのコラボセミナーを実施しました。


24名様満席の会場に、チーズとワインを愛する方々が笑顔でご着席。












DSC07095.jpg

カンパイの泡は

オーストリアの可愛らしい発泡酒、HUGO ROSE SPARKLING。

ツヴァイゲルトとブラウアー・ブルグンダー(ピノ・ノワール)の混醸。


前菜写真

お料理、チーズの説明は久田恵理ちゃんが担当。

チーズ王国・久田早苗先生のご長女でご自身も熟成士として世界中を飛び回っておられます。


前菜は

「南イタリアからのお届けもの  手作りブラータとトマトのサラダ」


DSC07090_201308260852196ea.jpg

2本目はロワールの自然派、クリスチャン・ショサールのネゴシアン事業、

「YOU ARE SO LOVELY」 ラベルもお味もキュートなロゼ。


ローヌのアルデッシュで作った葡萄をロワールまで運んで醸したグルナッシュとシラー種。



DSC07066.jpg

メインのお料理は

「鶏もも肉と夏野菜のトマト煮込み」

鶏肉の中にはシェーブルがたっぷりと巻き込まれて。



DSC07094_20130826090544f02.jpg

3本目のワインはロワールのサンニコラ・ド・ブルグイユ。

カベルネフランを使った穏やかな液体は、程よいタンニンでさまざまな種類のチーズに対応できます。


DSC07077_20130826090546bca.jpg

お待ちかねの特選チーズプラトー。

テーブルに置いた瞬間に、「こんなにたくさん?塊で?」と歓声が上がっていました。


「ゴルゴンゾーラ マスカルポーネ」、「ダフィノアフロマジェ アイユ&エルブ」

「ロッソデランガ」「ナポレオン」


DSC07078.jpg

網ですくって、ホエー(乳清)だけで作ります、

「リコッタ ディ ブッファラ」


DSC07081_201308260905503d8.jpg

この日、お誕生日のCEPAGEの生徒さんにご参加いただいていたので

チーズといちじくでスペシャルケーキを。


DSC07096.jpg

4本目、デザートワインはフランス・南西地方から

「パシュラン・デュ・ヴィックビル」。

土着品種のクールビュとプチマンサン。


DSC07086_201308260915505c0.jpg

デザートは

「ロックフォールのアイスクリーム ベリー添え」



記念撮影

最後は全員で記念撮影。





この企画は何年も、「いつかこういうことをしたい」と温めてきたもの。

この夏、実現に向かって動いたとき、ご案内のチラシに恵理ちゃんが

「夢のコラボセミナー」と書いてくれました。



ひとつずつ、小さな夢がかなっていく喜び。

チーズとワイン、切っても切れないお友達。






ご参加いただいた皆様、早苗先生、恵理ちゃん、チーズ王国スタッフの皆様、

心からありがとうございました。



次回は山に紅葉が進む頃、美味しい秋を揃えてお待ちしております。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク