目からの栄養

DSC07617_20130902171634238.jpg

9月に入り、セミの泣き声が大きくなり、雲には秋が乗ってきました。

この夏、目から学んだ多くの刺激を遡ります。



日曜日は焼き物の里、益子へ。










DSC07604.jpg

陶芸家で民芸運動の指導者、濱田庄司氏の世界観を「益子参考館」に見る。


DSC07623_20130902172919998.jpg

益子焼の器でいただくパスタランチ。



DSC07501.jpg

8月30日は箱根・ポーラ美術館。 「モネ、風景を見る眼」展。


DSC07506_20130902172553b4e.jpg

仙石原の自然と美術の共生、透明感のある建物に空の青がまぶしい。


DSC07492.jpg

1階のレストラン「アレイ」の大きな窓から森林浴ランチ。


DSC07119_20130902172559121.jpg

8月23日は、「工場見学部」の仲間たちと生麦のキリンビール工場へ。


DSC07130_20130902172917e1e.jpg

黒のフローズン生、初体験。



DSC07020_20130902174130297.jpg

8月21日は 4つの展覧会を見学。最初は渋谷・東急BUNKAMURA。

「レオナール・フジタ」展。



DSC07017.jpg

ムルギーのたまごカレーは、山のようなライスが印象的。


DSC07021.jpg

新宿、東郷青児美術館へ移動。マンレイなど前衛芸術を。


DSC07023_20130902174135b7c.jpg

窓からの眺めも充分シュール。


DSC07027_2013090217413866d.jpg

新宿から六本木・サントリー美術館へ。

日本の美、「生誕250周年、谷ぶんちょう」展。


DSC07039.jpg

六本木から、銀座へ。リコーのギャラリーで、モノクロのパリ。



DSC06515_201309021755068e4.jpg

8月6日の午前中は横浜で、祖母の生きた時代を。


DSC06517.jpg

同時開催の、企画展も続いて学び。


DSC06529.jpg

午後は恵比寿で写真について。


DSC06533.jpg

白黒タイルが未来へ続く。


DSC06487.jpg

8月5日は横浜・高島屋で小さな世界へ迷い込む。



DSC06493_20130902180200c0a.jpg

みなとみらいの観覧車の名はコスモクロック。



上るとき、下るとき、見える景色は同じでも、感じる気持ちはまったく違う。


夏はまもなく終わるけれど、日常はこれからも続いていく。





今の自分に必要なものを、この目で明日も見にいこう。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コスモクロックは毎日見られます

見ようと思えば。でも滅多に見ないなあ。
私にとっては、ありふれた日常の景色だけど、成程…

ところで、ミホさんの来日中の怒涛の動きを見ていると、
8月2日に多少無理をしたけど(笑)会って良かったと思う。
もう一度会えるか?と思ったけど、残念。
月末に会った同級生とは卒業後数回会っていて、
最近も会ったと思っていたら、最後が一昔前だって。
子供が小学校に入学して高校を卒業する年月だよ。
年取るはずだよね。

夏のミニ同窓会

☆南姫さん

コスモクロック、実はいろいろな思い出があります。ワインも誰と飲むかが大切だけど、観覧車も誰と乗るかで景色が違って見えるのかもしれない。最近、ずいぶんご無沙汰です。また乗りたいわ。

8月2日の再会は大感激でした。 次も間を空けずに、涼しくなった秋に集まりましょう。

南姫さんのブログでお料理に目覚めた記事読んで、なぜか嬉しくなりました。
聡明だから、なんでもできるはず。 

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク