長夜月の土曜日

2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 012

パリがもう一度、この夏を振り返るような陽気になった週末。

久しぶりに会う友人とのディナーは、7区のサンドミニック通り。












2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 006

待ち合わせまで、ぶらぶら30分ほどこの界隈をお散歩。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 007

本屋さんのモノクロ絵葉書や、


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 008

メガネ屋さんのディスプレイを眺めて。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 009

通りの向こうには小道が続く。



2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 013


息子同士が中学時代同級生だったママ友、k-coさん。

久しぶりの元気な再会、ドラモットのシャンパーニュでカンパイ。



2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 015

パンとバター、イワシとクリームチーズを合わせたペースト。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 016

前菜は、イカのカルボナーラ風。

細切り、半生のイカがアツアツの容器で軽く熱が入る調理法。

ふんだんなチーズと黄身、ベーコン、挽きたて黒コショウ。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 019

赤ワインは、ブルゴーニュ。 ピノノワールの軽妙なタンニン。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 020

タルタルステーキの上には揚げパンが直立。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 029

大きなポット入りの、クレーム・キャラメル。


2013年9月21日けいこさんとトゥーミュー 036

k-coさんと、次のメトロの駅まで歩いて帰ろうとする。

途中で、帽子を忘れたことに気づき、ひとりで早足で店へ引き返した。







振り返ったら、パリのマドモアゼルが金色に笑っていた。


この秋も、この街は、たくさんの勇気をくれる。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パリ☆

ピノちゃんこんばんはv-483

ピノちゃんが語って下さるパリv-498
いつも溜息が出るほど素敵v-352

二度行きましたが三度でも四度でも行きたい街ですv-441

かづちゃんv-254のお誘いを受けたのが、
9/17-23だったのですが今回は行けなくてv-393
でも、ピノちゃんお忙しそうだからまたお会いできなかったかも、ですねv-390
と言う事で三度目は大事にとっておきますv-391

素敵なパリの夜。
イカのカルボナーラって、どんなお味ょう?とても美味しそう!
私にとってエッフェル塔はみほちゃんよ。いつも輝いてね。

東京のスカイツリーをとても素敵に見れるスポットあるの。こんど一緒に行きましょう!

金色に笑ってた。

とても素敵な表現ですね。
輝く笑顔、が何色に見えるか?

色としての金には、余計な匂いが付きすぎているように思われ、好きな色というには抵抗がありましたが、この表現は大変良いですね。

美味しい白ワインはだいたい黄金色だしねえ…(^。^)

何度でもどうぞ。

☆小鞠ちゃん

かづちゃん、パリにいらしてたのですね。私は日本から戻って仕事が始まり、ばたばたに過ごしておりましたので、
まったく存じ上げなくてお役に立てず恐縮でした。

小鞠ちゃんも、前回のようにパリ短時間の強行軍ではなく、次回はのんびりお過ごしください。

真夏の太陽のパリも綺麗ですが、落ち着いたこの季節が一番パリらしいかなと思っています。

スカイツリー

☆さつきちゃん

エッフェル塔が私、なんて、嬉しいことを言ってくれてありがとう。 広島の女神にそう言われたら、私もダラっとしてる場合じゃないです。

イカのカルボナーラはね、あつあつの器に生のイカの極細切り、その上にチーズと卵の黄身とベーコンと粗びき胡椒。
ほんのちょっと生クリームも垂らしてあったのかも。
パスタの代わりにいかそうめんを使ってできる。日本ならイカ、新鮮だし美味しいからぜひ試してみて。

スカイツリー、上ってみたい。今までチャンスもなく、この先もないかしら。いや、いつか。まずはさつきちゃんおすすめの絶景の場所から鑑賞させてください。実は高いところ好きなの。

桃色の笑顔

☆銀の雨さん

「あなたの夢がかなうように 祈る心に銀の雨が降る」 
今週はパリはいいお天気が続いておりますが、次に雨がしっとり降った時には、この曲を聴こうと思います。

笑顔の色は、たくさんあって、オレンジに笑える日も、黄色に笑える日もあります。

今日はこれから日本のワイン&和食レッスンなので、テーブルには藍色の笑顔があふれるはず。

美味しいワイン、確かに艶やかでうっとり、くるくる回すとそこに吸い込まれそうな小さな渦を見るのがたまりません。




プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク