幸せの帯を締めて

2013年9月30日バレエ 椿姫 058

大阪の仲良し、リカちゃんがニューヨークの帰りにパリへ寄ってくれました。

着付け師として自分の店を構え、奮闘して10年記念の一人旅。


パリでのお祝いは、オペラ座・シャガールの天井の下。

演目は「椿姫」。









2013年9月30日バレエ 椿姫 007

少し早く到着し、オペラ座内のブティックを見学。


2013年9月30日バレエ 椿姫 011

フランス舞踊学校の創立300周年記念グッズ。


2013年9月30日バレエ 椿姫 019

1時間前に開門。 大理石の階段は常に厳か。


2013年9月30日バレエ 椿姫 034

ホールには、昔の有名舞台の衣装が展示中。


2013年9月30日バレエ 椿姫 057

私の着物は、葡萄柄。 リカちゃんがプレゼントしてくれました。

シルバーの帯も、えんじの小物も。


2013年9月30日バレエ 椿姫 072

「オペラ座で、ミホさんと着物を着てバレエを見たいんです」と言っていたリカちゃん。

夢を叶えるためにチケットを探してくれた別の友達の協力もあり、この日を迎えました。


2013年9月30日バレエ 椿姫 041

幕間に、オペラ座内を歩き。リカちゃんは笑って泣いて大感激中。



2013年9月30日バレエ 椿姫 066

頑張った10年にカンパイ。


2013年9月30日バレエ 椿姫 077

フィナーレの挨拶、拍手の嵐はやむことなく。


2013年9月30日バレエ 椿姫 079

絵画や彫刻と違う、動く芸術。



2013年9月30日バレエ 椿姫 082

夜のオペラ座は、巨大なデコレーションケーキ。



2013年9月30日バレエ 椿姫 003

リカちゃんが、取り出したすがすがしい青い箱。

ニューヨークのティファニー本店で買ってきてくれたマグカップ。

「ミホさんと私と、1個ずつ。おそろい。」






華やかな舞台裏には、コツコツ、日々の鍛錬がある。

リカちゃんが、自分自分に課した挑戦が結実しようとしています。



感激やさんで、泣き虫で、願掛け好きで、いつも一生懸命。

彼女が結んでくれた帯は、不思議なぐらい心地よかった。




リカちゃんは、夢を着付ける人。

これからも、いつまでも。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

極道の女

姉さん、かっこよすぎです!岩下志麻ばりですぜ!
この日はさぞやフランス人男に言い寄られたのではないですか?

きもの似合う人いいなー、私が着たらモロ都はるみ~

さて、明日の晩楽しみー!
与力があったら最近お気に入りのマンダラン・オリエンタルのバーへお連れしたいですー!

No title

バレリーナのライトがとっても素敵。

そして、艶やかなお二人に見とれてます。
御着物すごくお似合いです!!
ここのこもった贈り物ですねぇ。

着物っていいなぁって、改めて実感。
いつか京都を着物で歩きましょうね!!


美しい☆☆☆

ピノちゃんこんばんはv-483

オペラ座での着物姿v-335
なんて素敵なんでしょうv-352
うっとりv-398でございますv-354

写真を撮らせてv-212下さいって声かかりませんでしたかv-411

イキだねえ

昔風な着物もいいけど、これはまたモダンで。
上のミヌさんのコメント、笑ってしまいました。
私には書けないけど、なるほどね(ふふふ)

おたのもうします

☆ミヌちゃん

今頃エステで磨きに磨いているところでしょうか。

久しぶりの密会、楽しみに参上いたします。マンダラン・オリエンタルのバー?行ったことないです。
さすが姐さん、どこまでもついていきます。 


オペラ座のブティック

☆さつきちゃん

オペラ座は通常、舞台開演の1時間前に正門が開くのですが、横のブティックはいつでも、そこだけでも入れます。
雑誌や書籍やDVDの他に、トゥシューズの形のポーチとか、可愛いものがたくさんあります。
バレリーナのライト、最初、売り物と思えなくてデコレーションかなと。 他にもオペラ座の真紅の椅子のちょっとミニサイズなども売っていました。

今日もリカちゃんと蚤の市に行って、カフェで着物の季節感の話をいろいろ聞きました。
今回いただいたのは真夏は着れないけど、秋や冬に、これを着てまた広島で和食をいただきたいなあと思いました。






写真撮影

☆小鞠ちゃん

「一緒に写真を」と、50人ぐらいの方に言われたと思います。 着物に興味を持っていただくのは嬉しいことでした。

日本でも着物でバーに行けるようになりたいです。 べろべろに酔いつぶれることなく、最後までお行儀よく飲めるような気がして。



としごろ。

☆南姫さん

ミヌちゃんのコメントね、今夜は彼女とお出かけです。
パリで、大学のOB会で知り合った先輩なの。 もう長い長いおつきあいで、非常に男前の酒飲み。

若いころの振袖と違って、この中年以降の補正もいらないぐらい肉体的に貫禄がついた時期の着物、気恥ずかしさもなくラクに着れるからいいですね。

お正月は今回息子と日本へ帰る予定なので、着物に白いかっぽうぎもいいなと考え中。



No title

黒地の着物も素敵ですね。みほさんにお似合いです。私も今回の帰国は婚礼があるので、黒留に挑戦しようかなと思ってます。荷物がかさみますが・・・ 帯もシルバー系が品があって良い感じです。友達が着物でパリ観光に、美術館で並ばなくてどうぞと言われたとか。私もあるパーティに着物姿で車で行ったら、VIPパーキングに案内されました。着物姿は襟を正して、折り目正しく、きちんと感がいいですね。

眩いです☆

なんと優美な着物姿のmihoさんたち・・・
とってもお似合いです!
この日の観客たちはラッキーですね

この日の主役はデュポン&モローでしょうか?
私も早くオペラ座で心ゆくまで
バレエを楽しんでみたいですv-410

黒留袖

☆優子さん

優子さん、お着物姿、ぜひFBにUPしてくださいね。

私も昔々嫁ぐときに母が作ってくれた黒留め袖を持っていますが実家に置きっぱなしで一度も着たことがありません。
いつか着る機会がこれから先、あるかどうか。

美しいものを観るときは、美しい格好で、というのが失礼がないお作法かもしれません。
私がたまにするおしゃれは、自分の意識にきちんと折り目をつけてくれるので、洋装も和装もどちらも大切ですね。




しっとりと。

☆tutti さん

はい、この日はオーレリー・デュポンとエルベ・モローのペアでした。
最後に、お互いにたたえあってお辞儀した姿が、まさに究極の美しさでした。

バレエがお好きなtutti さんご夫妻。ガルニエのオペラ座も、バスティーユも、ほかの小劇場も楽しい演目が秋から冬には多いです。早くゆっくりお越しください。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク