2013年10月 フランス・レアなワインと秋本番ほっとフレンチ

2013年10月CEPAGE レアワイン② 001

日本より一足も二足も早く、巴里は秋色に変わっています。

紅葉の中に葡萄の葉っぱがなじむテーブルへようこそ。








2013年10月CEPAGEレアワイン ③ 007

フランス全土から、ひとひねりあるワインを集めました。

① PINOT BLANC VRAI 2011年 LOIRE地方 

  アルザス発祥の、ピノ・ノワール、ピノ・グリからの変異種ピノ・ブランで造られる自然派VDP。

② CHATEAU DE CRANNE 2012年 BORDEAUX地方

  ソーヴィニョン・グリを50%、ソーヴィニョン・ブラン、セミヨン混醸の厚みのある白。

③ DUC DE BELMONT 2011年 COTEAUX BOURGUIGNONS

  2011年11月からの新AOC。 品種はピノ・ノワールとガメイの混醸。

④ BOURGUEIL 「MERCI LA VIE」 2012年 LOIRE地方

  保存料無添加、自然発酵。「人生に感謝」のネーミング。



2013年10月CEPAGE レアワイン 033

アミューズは、この季節ならではのキノコ。

「ジロール・ベーコン」 軽くソテーして、シェリーヴィネガーで風味付け。


2013年10月CEPAGE レアワイン 036

前菜も秋を焼き上げました。

「キノコとツナとひよこ豆のカレーキッシュ ルバーブドレッシングのサラダを添えて」


2013年10月CEPAGE レアワイン 012

焼き立てのスパイシーな香りと共に。


2013年10月CEPAGE レアワイン 016

直径32cmの巨大なルクルーゼの浅鍋で、湯気も一緒にテーブルを盛り上げます。


2013年10月CEPAGE レアワイン 019

葡萄のカップにはパルメザンチーズ。刻みパセリも用意して。


2013年10月CEPAGE レアワイン 044

欧米の大きな大きなピーマンは、それひとつでロールキャベツ並みの存在感。



2013年10月CEPAGE レアワイン 046

今月のチーズはバスク地方の羊乳、「オッソ・イラティ」


2013年10月CEPAGE レアワイン 025

グロゼイユのジュレと仲良く。



2013年10月CEPAGE レアワイン 027

デザートは「アールグレイプリン」。

濃く煮出したロイヤルミルクティーと卵でゆっくりオーブンで蒸し焼きに。






街路樹はすでに落ち葉に変わりつつ。

ドアを開け、コートをお預かりするとき、冬がすぐそこに居る。








明日から日本へ行ってきます。

今回は初めての「奈良CEPAGE」を皮切りに、仕事と通院と通学と旅と出会いと。



夏から伸びた髪を少しだけ切って、気合を入れたい秋仕様。





















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紅葉な食卓

ミホ先生、こんばんは(日本時間)。すでに日本にお着きになったでしょうか。
お味を想像しながら、この記事をなんども見直し、読み直しました。
なんか不思議な感じです。その不思議さを、言葉足らずながら、説明してみたいと思います。

素敵なテーブルコーディネート。彩りもそうですし、色の合わせ方も素敵。お料理も選ばれた器でサーブされ、並んだワインも個性派ぞろい。
にもかかわらず、どこか気楽な、楽しさに溢れています。
参加者のお写真がないので想像するしかありませんが、カジュアルな装いで、これらのお酒と料理を口にしたら、とても贅沢な時間が過ごせそうです。反対に、きっちり、めかしこんだ装いでワインを一口飲むのにも五感を総動員し、やや緊張しながら味わっても、それはそれで楽しそう。
気楽であること、それはゲストが食卓で構えないでいいこと。でも、驚いたり、感心したりも道中にちゃあんと用意されていて、それは言葉の辞書的意味に正確に、その日のコースなんでしょうね♪
オードブルの前の…なるほどアミューズとはこのよーなものか!と思いました。
デザートで、ココットに入ったプリンをちまちまと頂くのも、ナイフとフォークをお皿の上で操りながらハフハフ食べるメーンと違って、童心に帰れる感じです。
ごちそうさまでした^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ワインの季節

10月はオクトーバーフェスのビールを浴びてましたが、11月に入った途端にワインに惹かれます。

パリのセパージュ、いつも写真で楽しんでいますが、いつかは出席してみたいです。満員で入れないのかな?
日本でのコラボ、楽しみにしています!

お待ちしております

☆鍵コメ はなっちさん

コメントのお返しが遅くなってすみません。無事に着地しております。
横浜の気候がちょうどよくて、まだ上着いらずですね。

1ヶ月ぶりの再会、楽しみにしてます。お仲間と楽しい午後を盛り上げてください。

ステキな分析

☆ FAY さん

こんにちは。福岡も秋本番でしょうか。嬉しくなるコメントありがとうございます。
昨日までちょこちょこ飛び回っていて、すっかりコメントのお返しが遅くなったことお許しください。

パリのCEPAGEのテーブルは、おっしゃるとおり、ゲストの皆様にのびのび楽しんで、たくさん笑っていただく時間になればと毎日思って実施してます。1クラス8名ですが、同じメンバーで囲むことは二度となくて、毎回が一期一会。それゆえ、自己紹介も毎回あります。
緊張はまったく必要なく、互いの発言を好意的に受け取りながらワインと向き合っていただく3時間です。

FAY さん、もしもレシピにご興味があれば、鍵コメでメルアドを教えてください。テキスト、添付でお送りします。欧米の巨大野菜で作っているレシピなので、日本と少し分量は違いますが、簡単な作り方をご参考にしていただければと思います。

オーブンの天板で蒸し焼きにするプリン。これは、母の味で、甘さも控えめ。もっと大きく作ってもいいぐらいです。

羨ましいお話

☆鍵コメ いその爺さん

こんばんは。お返事がとてつもなく遅くなり、すみません。元気に横浜中のみならず、日本各地を飛んで歩いております。

おうちのお話、お聞かせいただきありがとうございました。
いっそ、横浜のプロヴァンス、横浜のフォンテンヌブロー、横浜のシャンパーニュ地方でもなんでも目指してみてくださいませ。いその爺さんのセンスで、そこをフランスに。

私もこの築30年近い実家をどうにかしたいところですが、リフォームするなら、スケルトンしかないわと思うこのごろ。数年前に上階からの水漏れで壁は綺麗にしていただいたので、まだまだこれでもよいかと迷い。

ワインのシーズン

☆ likisuke ちゃん

ビールと言えばまっさきに likisuke ちゃんを浮かべるほどにジョッキが似合う人ですよね。
10月はあちこちでご活躍、何よりでした。11月はジョッキからだいぶ華奢なグラスに変わって
さらに深い飲みをどうぞ。

パリのCEPAGE,もちろん大歓迎。おかげさまで毎月全クラス満席ですが、ご帰国になる方も、新しく駐在になる方も、日本からのご参加の方々も、いろいろおられてにぎわってます。
スケジュールは、たとえば12月のノエルの会は11月12日に一斉送信で予定をお送りする方式で、先着順でご予約いただきます。12月はいつもよりもクラス数も多くなります。

likisuke ちゃんのパリ再訪が決まるの楽しみにお待ちしてますね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク