黄金色の金曜日

DSC05088.jpg

週の平日は慌しく過ぎていきます。 金曜日の夜はほっとして少しだけリラックス。


今夜は同じパリ15区に住む仲良しの友人Kちゃんと一緒に古くからあるビストロへ。



DSC05092.jpg


アンティークの雑貨が一面に並ぶ印象的なインテリア。


白髪のオーナーは、昔から変わらない笑顔でオーダーを取ってくれます。




DSC05100.jpg

ロワール・ソーミュールの発泡酒で乾杯! 

2000年産で9年経って黄金色に熟成し、泡立ちもキメも最高の状態でした。




DSC05122.jpg

手書きの黒板から3品を選びます。


Kちゃんは横須賀の出身で、私と同い年。

同じ時代を神奈川県で過ごし、大学卒業後はアメリカでの生活経験もあり。

時事問題や経済の話題、堅い話から柔らかい話までストレートに話し合える友達。
いつもニコニコして人生を楽しんでいます。




DSC05104.jpg

Kちゃんが選んだ前菜は、季節のキノコと海老のポワレ。



写真が暗かったので調整してみましたが、明るくしすぎました。反省。


DSC05105.jpg

私はカリカリのナッツの衣をつけて半生に焼いたマグロをいただきます。




DSC05108.jpg

ここのお店はワインリストがとても充実しています。

今日は特にオフリストで、マコンで作られるBIOのシャルドネをお勧めいただきました。


濃厚な香りとほろ苦味、旨みが飲んだ瞬間からふくらみます。

温度が上がるとさらに味わいが増すように思えました。




DSC05111.jpg

メインはKちゃんは サーモンを。



DSC05110.jpg

私は かさごに牡蠣とフォアグラが乗ったお皿を。


「痛風一直線」という言葉が脳裏をかすめましたが、気にしない、気にしない。



DSC05116.jpg


デザートは ふたりとも同じものを選択。

温かい栗のケーキです。

お皿の上のアートを感じて、ふたりでニッコリ。




DSC05121.jpg

砂糖とチョコが骨董のジャムの瓶に入ってコーヒーと一緒に置かれます。




メガネデザイナーと

狭い店内、隣の席との間隔はとても近く、この日はパリでメガネの展示会が開催されていた関係で
世界中からおしゃれなバイヤー、デザイナーが集結。


ドイツの有名メガネデザイナー、マリオン・フロスト女史と仲良くなりました。

マリオン、オーナー、そして私で記念撮影。


「フランス出張があると必ずこの店で食事をするの。10月は日本にも行くわ」 マリオン談。







DSC05129.jpg


楽しく笑って閉店時間まで遊ばせていただき、帰り際にはオーナーが外まで優しく見送ってくれました。


そっくりな息子さんが現在は店を取り仕切り、老オーナーは以前よりものんびりムードですが、長い年月、彼の人柄で昼、夜、満席であり続けます。







もう10年ぐらい、外食したときにいただくお店のカードをスクラップしています。

リピートする場合には書かないので、最近はそう増えもしないのですが、
新しい感激があったら、以前の欄に書き足したり。






美味しい時間の思い出が、これからもここに記録されていけますように。



































































































































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お腹が空いてきたよー

みほさん!またまた美味しいもの食べてる!!
写真写りがちょっと残念ですが、、それでもよだれが出そう。お店の雰囲気もいいですね。アンティークでcozyな感じで。
パリのビストロで昔からずっと同じ美味しさを持続しているお店って貴重よね。それに息子さんが後を継ぐなんて、オーナーは幸せでしょうね。
みほさん、ほんとお友達が多くてエネルギッシュで、私の平凡な毎日にカツを入れてくれます。
今度また私を夜のパリへ連れ出してくだされ~!

写真の調整

☆K-coさま

ブログを書くようになって、いろいろみんなから教わって、写真を縮小や調整することも挑戦してみてるんだけど難しいねー、今回なんて、初めて明るさをいじってみた!料理、1枚だけまずやってみれば良かったのに、
5枚全部変換して、あちゃー、明るすぎってびっくり。

美味しさ、少し伝わったのなら良かった。このお店、クラシックなのにお料理はいつも新しいスタイルなの。既存のものに甘んじないところが凄いの。

夜の街へ、いつでもお連れしますよ。秋の夜長ですもの♪

 


聞いてもいいぃ?

ピノちゃんこんばんはv-484

ピノちゃんとオーナーはもちろんフランス語v-498で、でしょうが、
マリオンさんv-499とは何語でお話したんですか?
と、そんな事が気になった私v-16は、
日本語v-496しか話せない役立たずでございますv-393

v-483のお店の写真、難しいですよね、
写す前に露出を少しプラスv-41にしておくと、いいかもしれませんよ。
調整で明るくし過ぎた時はコントラストも強くすると、いいかも。
私もいつも試行錯誤でございますv-390v-356

英語です

☆小鞠ちゃん

マリオンと私の会話は英語でした。
才女Kちゃんはドイツ語も出来るのでドイツ語で話しかけてマリオンがびっくりしてました。

露出を強くですかー、デジカメの操作はいまだにわからず、説明書も失くしてしまったのでカンでいじってますがそういうことが私のオンボロデジカメでも出来るのか。

フランスのレストラン、ディナー時は特に室内が暗いです。
家の中も間接照明のお宅がほとんどですね。

小鞠ちゃんのお花やお料理の写真を見習って頑張ります!








いいなぁ!

ご無沙汰しております!!なかなかコメできないけど、ちょくちょく覗いては、パリの香りを楽しませてもらっています☆どこにいても、素敵な毎日で羨ましい!!でも、それの素ってmihoさんのバイタリティーだったり、好奇心だったり、人柄だったり、魅力だったりするんだろうなぁ…。このブログを覗いていると、私はすごい人と飲んだくれてたんだなぁ…と改めて思ったりします(笑)あ、私もまだ浴びるようにワイン飲んでますよ!(笑)いつか、また、ご一緒させてもらえたら幸せ☆次の日本でのセパージュも満席なんですね…。悲しいけど…。でも、mihoさんの日本での大成功、とても嬉しく思っています☆また、あえる日を、ホントに楽しみにしてますね♪

いつもありがとう。

☆printempsさん

こちらこそご無沙汰ごめんね、その後ご両親様はいかがですか?

ワイン、浴びるほど飲んでいるんだね、あなたらしい!

CEPAGE日本のことも気にかけてくれてありがとう。
いつか必ず優しい笑顔で席に座ってください。

魔女の箒もいつでも用意するから、一緒に飲みに行こうね。

No title

こんばんわ。
あっ!また美味しいものを召し上がってますねぇ。
赤ワイン→お肉、白→お魚、なのかと思っていましたが、お魚→赤もアリなんですね。
お店のカードのスクラップ、素敵ですねぇ。私も今度から真似させて頂こうかな?
(って最近はめったに外食しなくなってしまったのですが・・・。)

ブログにコメント、ありがとうございます。
その件も含めてメールしておきました。

ワインの色

☆BIWAさま

写真がぼけてて、紛らわしかったですね、この日のワインは「白」でずっと通しました。
もちろん、赤でお魚と、というのも品種によっては充分可能な組み合わせです。ロワールの赤にしようかなーって迷っていたときに、オーナーが「いいのがあるよ」って出してくださったのが、この白だったんです。

このカードのスクラップ帳、りこちゃんからのプレゼントなんですよ。
彼女もいろいろ記録していると思います。
カルトナージュに行ったときに、ぜひ見せてもらってください。



No title

うっとりするわぁ~!
一番上の写真やグラスの向こうに見える黒板の文字(英語読みローマ字読み以外の読み方を知らないワタシ^^;)
単純なワタシは「Oh ! これぞパリ~~♪」 
mihoの周りにはステキな女性が多いですねぇ♪
皆さん、共通して才色兼備な方で☆

今回の写真、ワタシ好きですよ♡ 粒子の粗い感じがヨーロッパの映画を思わせます^^

それにしても、10年間で3冊のスクラップブック…
え~~と、簡単に計算して、週2日の外食を10年間すると「ギョエーーーー960!!」
すっ・・・スゴイ。 週2日って事は無いでしょうから、延べ1000軒。。。。
美味しいもの食べつくしたでしょ^^
今日は「休肝日」って思ってたけど、mihoのブログを読むようになってから、「休肝日」が無くなってきたよ^0^

オーナーもステキ

このお店ステキですねー
アンティークの雑貨を近くで見てみたいです。
お料理も美味しそうなものばかり。
デザートは、主役のケーキが真ん中に来ないところが、いかにもパリらしくて小粋です。

ミホさんは一段と国際的になってますね。私、ものすごい人と友達なんだ~ って改めて思っちゃいました。

ところでデジカメの操作方法は、もしかするとネットで調べられるかもしれませんよ。
メーカーのHPでカメラの商品名か型番が分かれば、そこからたどっていけるかも。
最近、日本の電子機器は取説がついてなくて、ネットで見るようになっている物も増えているらしいです。
私は紙の取説派なので、ネットで見るのはどうも苦手で。(余談でした)

そこまでは・・・

☆diadianちゃん

外食の機会は確かに多いけど1000軒はどうだろう?
以前はパリ市内どこへでも、郊外でも遠征したの。
今は、酔っても気持ちよく安心して帰れる近距離が基準で、15区内で食事する機会がとっても多いのです。

さすがに昨日は私は休肝日にしたよ。夕方シードルの瓶が冷蔵庫の中から私を呼んでいたけど、こらえました。






なるほど。

☆おかみ さま

そうなのです、ケーキの盛り付け、真ん中に置くことしか考えなかったのですがこれを見てなるほどと思いました。
小さいレストランなので専門のパティシエがいるとは思えず、料理のシェフがお菓子も作っているようですが、ここは特に焼き菓子が美味しいです。可愛いお店なので、いつかおかみさまがパリ再訪時にはご一緒しましょうね。

「ものすごい人」では無いです、「ものすごく食べる人」には異論ありません。

デジカメの件もありがとうございます!早速ネットで品番で調べてみます。説明を読んでもわからない可能性大ですが。根本的にオンチで
「やたらめったら」なボタン操作で何度も機械モノを破壊してます。







No title

なに、あのcozyなお店の美味しい体験から5日も経ってしまったの~~!?
ぼさぼさしてる場合じゃないんだけど、未だに新パソコンと格闘する気になれん。
おまけに、折角撮った写真の数々が一瞬の操作の誤りでぱーになってしまい、泣くに泣けない・・・
こんな私に「才女」の称号を贈って頂き、冷や汗が噴き出て全身汗疹でかゆいわよ。
貴女からはいつもいつも生きる活力を分けて頂いているだけでなく、それこそ博識で間口の広い会話のチャンネルを持っているのに、さらに日々努力されている謙虚な姿勢に、己の生き方を律する機会を与えてもらっているような気がします。
デジカメまでダメにした私ですが、また一緒にくつろぎ時間を共有してくださいな。
「才女」が聞いてあきれる「妻女」より

パソコン難儀の件

☆やっぱり才女なKさま

パソコンまだ復旧できてないの?データも飛んだまま?
それは悲しい・・・じゃあ、次は激励会、立ち直る会として飲みましょう。

あれから自分のメガネが妙に気になり、度数も合わなくなってきたところだし、次は老眼鏡?いえ、まだ近眼用でおしゃれで派手なメガネを作ろう、と決意したところ。

秋の夜長のシャンパン談笑タイムもまた近日中によろしくねー!







プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク