2014年1月5日 新春を寿ぐビールとワインと欧州料理

2014年1月5日ブーシェルコラボ 005

2014年の初仕事は、今回で11回目となるブーシェルとのコラボレーション。

いつもの重厚な扉を押すと、一瞬でヨーロッパの酒場へ迷い込めます。

職人肌の頑固なシェフと、気のいいマダムが待っています。











2014年1月5日ブーシェルコラボ 001

落ち着いた照明、素朴な木のテーブル。

壁一面にビール関連の雑貨たち。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 003

お正月らしく、赤のナフキン。 今回のお土産エッフェル塔はシルバー。


料理のレクチャー

テキストに添って、丸山シェフによる料理とビールのレクチャー、のちワインの説明は私がいたします。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 025

カンパイのビールは シュナイダー・ホッペンヴァイセ。アルコール度数8・2%!



ビールのつぎかた

ヴァイツエンの注ぎ方をあゆみマダムがご説明。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 022

1皿目の料理は ニシンとじゃがいものソテー。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 031

ワイン1本目はフランスから持ち帰った白、ロワールのミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ。

シュール・リー製法。BIOで作られています。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 028

2皿目は 洋梨とロックフォールチーズのケーキ。ゴルゴンゾーラも使って、青かびの塩味がバランスよく。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 013

2本目の白ワインもフランス・ブルゴーニュで購入したもの。

ネーミングどおり、ブルゴーニュの生産者がローヌで作るヴァンドペイ。

シャルドネとヴィオニエの混醸で、今回の一番人気。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 035

3皿目は手打ちパスタにクリーミーなソースがしっかり絡んでグラタンにされた、

キノコ入りケーゼ・シュペッツレ。


手前のテーブル1
手前のテーブル2
カウンター
なかのテーブル2
奥のテーブル1
奥のテーブル2
中のテーブルおやじーず


2014年1月5日ブーシェルコラボ 010

赤ワイン1本目は、ブルゴーニュ、2011年からの新AOC。

人気のドミニク・ローラン。100%ガメイながら、しっかりジューシー。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 047

続く料理は モザイク模様の鹿のパテ。あゆみマダムの故郷長野から届いた鹿肉で。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 008

チャーミングなポルトガルの赤ワイン、「エト・カルタ」。

ドイツ在住の日本人女性がラベルを描いています。


2014年1月5日ブーシェルコラボ 066

肉好き女子は最後まで肉。豚バラと豆のがっつり煮込み。



貴腐ワインはサン・クロワ・デュ・モン。

ブルーベリーのヨーグルトデザートと一緒に。


集合写真

12時半の開宴から、あっという間の3時間半。

夕暮れ迫る、初詣で帰りの人がまばらに歩く紅葉坂で、記念撮影。





ブーシェルは春から新しい場所へ移転します。

次のコラボは、新緑の頃に。






31名のゲストの皆様、丸山さん、あゆみちゃん、今回もありがとうございました。






今夜、パリへ帰ります。

来週から、パリのCEPAGEも力強く走り出してまいります。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コラボ

11回目!の今回もまた、充実の3時間半を過ごすことができました。
コラボでワインを飲むと普段よりおいしく、たくさん飲めるのは何故?

ミホさんとブーシェルのお二人とが作り出す、あの空気感がそうさせるのでしょうか。

講義で教えていただいたとおりに、
小指は立てず、
おっさんのようにグラスは回さず、
かっこいい人を目指して頑張ります。

またの開催を楽しみにしています。

全会ご参加

☆likisuke ちゃん

ブーシェルとのコラボのきっかけを作ってくれた恩人、likisuke ちゃん。11回、全部に一度の欠席もなくご出席いただき、本当にありがとうございました。

12回目は新しい土地で、またさらににぎやかに実施しますのでこれからも盛り上げをよろしくお願いします。

今度はワインの飲み方「応用編」のトークタイムも作ろうかと思っています。
「彼と飲むなら」「女友達と飲むなら」「上司と飲むなら」・・・とかね。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク