2014年1月特別講習 日本の人気ワインとパリの冬和食

2014年1月セパージュ 和食 ① 004

今年最初の特別講習、1月後半に4日間。

日本から持ち帰ったワインと、パリで作れる和みのお箸ごはん。


インドのクロスに、中国のマット、南仏の皿に和食器を組み合わせ。














2014年1月セパージュ和食 ② 003

① 四恩ローズ(白) デラウエア   四恩醸造株式会社  2013年

② アルガブランカ クラレーザ    勝沼醸造株式会社  2012年

③ 四恩ローズ(赤) マスカット・ベーリー・A 四恩醸造株式会社 2013年

④ JAPAN PREMIUM マスカット・ベーリーA サントリー 2011年



2014年1月セパージュ 和食 ① 009

前菜3品をまず、テーブルに。

「ポワローネギの和風マリネ とんぶりマヨネーズ添え」


フランスではスープ煮にするネギを、和風の出汁で煮含めて冷やし。

とんぶりのプチプチした食感がアクセント。


2014年1月セパージュ 和食 ① 014

「魚貝とアンディーヴ、わかめのジンジャーサラダ」

ハムと一緒にグラタンに使われるアンディーヴ。日本ではチコリ。


2014年1月セパージュ 和食 ① 013

「青菜とカニカマの錦松梅ポン酢おひたし」

日本からお土産でいただいた贅沢なふりかけ、錦松梅。

白いご飯にかけるだけでなく、おひたしの味付けに使ってみました。


2014年1月セパージュ 和食 ① 016

前菜3品を、小皿に取りわけ。


2014年1月31日和食 005

カンパイの四恩ローズは、にごり、微発泡。日本酒を飲んでいるかのような自然な味わい。


2014年1月31日和食 008

「高菜と玉ねぎのキッシュ」


2014年1月セパージュ 和食 ① 021

「タンドリー・サバ」

ヨーグルトにカレー粉やおろしにんにく、しょうが、レモン汁を混ぜ、サバを10分漬けてオーブンで焼き上げます。



2014年1月31日和食 009

「ひじきハンバーグ なめたけソース」

たっぷりの刻み野菜、芽ひじきを混ぜ込んだハンバーグ。



2014年1月30日ハッタリレシピ3月号写真 006

「ツナと山ごぼうのロール」

満腹でも、簡単巻き寿司はきっと別腹。


2014年1月セパージュ 和食 ① 028

鎌倉で買ったネコ柄の蕎麦猪口を使って、

「きなこアイス ジンジャーコンフィ乗せ」





フランスに暮らしていても、一日一度は必ずご飯を炊く。


野菜を切るとき、鍋をかき混ぜるとき、思い出すのは祖母と母の言葉。



「穏やかな気持ちで、温かいお皿を、タイミングよく。」





家庭ならではの、素朴な一品。

寄り添うワインも、自然な「葡萄酒」。


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

錦松梅、CEPAGEでお役にたててうれしゅうございま〜す♡
今年は本場のCEPAGE参加できますように・・・(祈)

見かけたことあるなと思ったら、
会社の近くの蕎麦屋さんもこのネコちゃん柄の猪口使ってる〜♪

ありがたくいただきました

☆miyaya さん

立派な錦松梅、ありがとうございました。有田の器もこれから大切にお漬物入れとして使わせていただきます。

ネコちゃん柄のお猪口は長谷観音に近い、和雑貨を扱っているお店で見つけました。他にもたくさんの蕎麦猪口が並んでいて、お店の方が「これが一番人気なんです」とおっしゃっていました。

トラを飼いだしてから、ネコ柄のものにやたらひかれてしまいます。




プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク