2014年3月 ロワールワインと春の軽やかフレンチ

2014年3月4日 セパージュ 001

春から夏にかけて、窓を開放して風を感じながら飲みたいロワールワイン。

幸せの黄色いミニガーベラが、大好きな人に向かって咲いています。












2014年3月12日セパージュ 002

ロワール地方の4つの地区から1本ずつ、

①VOUVRAY TOURAINE地区 

②MUSCADET SEVRE ET MAINE SUR LIE PAYS-NANTAIS地区

③SAUMUR CHAMPIGNY ANJOU-SAUMUR地区

④SANCERRE CENTRE-NIVERNAIS地区


2014年3月12日セパージュ 007

着物の織のようなクロスに紫の丸皿を。

ナフキンリングは日本の戦友まこちゃんからいただいた「銀メダル」風。


2014年3月10日 セパージュ 008

冷えたアワモノ、穏やかな午後のカンパイ。


2014年3月5日 セパージュ 003

アミューズは「ソラマメと小イカとグレープフルーツのマリネ」

フランボワーズヴィネガーを使って。


2014年3月12日セパージュ 012

前菜は「サーモンとブロッコリーのケークサレ」

レーヌクロードのマーシュサラダとご一緒に。


2014年3月12日セパージュ 015

めいめいにお取り分け。 クリームバルサミコを絞りだす練習もしていただきました。


2014年3月5日 セパージュ 007

メインは今月の1番人気。

「鶏むね肉のミラノ風カツレツ ほうれんそうタルタルソース」


2014年3月14日セパージュ 024

チーズはワインと同郷のロワール産、

「SAINTE-MAURE DE TOURAINE」

製造番号が記された藁が真ん中に通っている灰まぶしのシェーブル。


2014年3月10日 セパージュ 011

断面は真っ白。フレからドゥミ・セックの状態。


2014年3月10日 セパージュ 013

デザートは「イチゴのホワイトチョコケーキ」




好天続きの毎日で、フランスはいつもの年よりもずっと木々の開花も早まっています。



フランスの庭、ロワール地方。

悠々と流れる大河のように、グラスと笑顔を携え、たゆたえども決して沈まず。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがと

ピノちゃん
お知らせありがとう♪
そしてブログにも登場さてもらってありがとう♡(照)
(毎度読み逃げしてますが)(^^;)

折しもソチだったからね
頑張ったあなたに 金メダル 銀メダル 銅メダルを!!!
って発想(笑)

素敵に登場されもらいナフキンリングも喜んでいることでしょう♪

これからロワールの似合う季節だね
ケークサレ、私も作ってみたいな~
おいしそうだー(♡。♡)

素敵です♪

素敵なアミューズ!
真似して作ってみたいです☆
本当にすべてが素敵で可愛くて美しくて、毎回うっとり拝見しております。
テーブルにミニガーベラも元気が出そうでいいですね。
お花屋さんをのぞいてみようと思います。

パリは温かい毎日なのですね。
実は4月に母と娘でフランス(パリも)へツアーで行く予定なのですが、
まだ少し花が咲くには早いかなと思っていたので、木々の開花が早まっているなんて嬉しいです。
蚤の市に行く時間はないのですが、こんな可愛いチーズナイフをボンマルシェあたりで
探してみようかなと思っています!
みほ先生がお食事されていたH.KITCHENにも!

たくさんのメダル

☆まこっち

今回のナフキンリングもそうだけど、まこっちからCEPAGEと私にいただいたもの、本当にたくさんあります。
この紫のガラスのナイフレストも大活躍。明日からの海外遠征にも透明ガラスのを持っていきます。
まこっちに一緒に行って応援してもらう気持ちで。

日本のCEPAGEを始めるときには、テキストのボードとか、バッグハンガーとか。パンのレッスンを始めたころにはオリジナル焼き鏝もいただいたね。 全部が宝物。

パリはすっかり春になり、今日も近くの公園で桜が満開だった。桃色の季節、気持ちもピンクで可愛くいこう。

いつも本当にありがとう。

4月のいつですか?

☆かれんままちゃん

4月にお母さま、お嬢ちゃまとパリへ?4月後半は私は日本ですが、その前ならぜひお会いしましょう。
ヴァンヴの蚤の市は土日の午前中。 H KITCHENも相変わらず大盛況のようです。

チーズナイフはパリの町中の雑貨屋さんで見つけました。

ツアーの詳細、日程などわかったらメールをいただけますか? 楽しみにお待ちしております。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク