溶け込むアート

2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 004

犬の落とし物に気を付けながら、上を向いて歩く巴里散歩。

仕事がひと段落した土曜日の夕方、サンジェルマン・デ・プレへ。


「最後の一滴」という名前のワイン屋さん。







2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 002

パリ最古の教会の前でバスを降り。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 003

脇道を覗きながら、ぶらぶらと。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 006

カフェのテラスは大賑わい。

2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 008

ビストロの柱の美しいモザイク。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 009

落書きもポスターも、調和して混在。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 010

小さなレストランの入口ように見えるコインランドリー。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 014

無数のギャラリーが軒を連ねるセーヌ通り。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 011

工事中のブティックの壁。味気ないビニールに覆われるのではなく。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 013

モノクロ写真展も入場無料。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 016

この日の目的、HARUKO FUJII画伯の個展が開かれているギャラリーに到着。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 028

美しいお着物姿で熱心に絵の解説をなさっておられました。

CEPAGEの生徒さん、チエコちゃんの伯母様にあたります。
今回は、チエコちゃんのお母様とご一緒に姉妹で渡仏。こうして個展を開催。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 022

ベルギーの風景や、


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 023

みそぎの巡礼地ロカマドールなど、独特の色使いと筆の勢いに魅了され。



藤井画伯とちえこちゃんのママ

数日間の会期中は毎日違うお着物でゲストを迎えるという先生。
チエコちゃんそっくりのまろやかな笑顔のお母様。

感性をパレットに溶かしながら生きるお姿、芸術の巴里で見た日本女性の強さ。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 047

再び細道を歩いてみる。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 046

フランスのキャラクター、タンタンも思案中。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 048

陽が長くなってきた。もうすぐ春分の日がやってくる。


2014年3月15日 ちえこちゃん伯母様個展 051

この週末は、バスもメトロも公共交通機関はすべて無料。

大気汚染のひどさから、自家用車での外出を控えるようにとの政府の配慮から。


95番の二両連結のバス、窓辺に落ちていた一輪の花。

どこかの誰かの優しさの残り香。


テキスト

明日から2泊3日で、ドイツ・デュッセルドルフへ行ってきます。

パリ、日本以外での初の海外CEPAGE。


心地よい緊張感で、テキストを仕上げました。





「プロ」の定義は職種によって大きく異なる。

自身の仕事に何を目指すか。




グラスとお皿に込めたいものは、純粋に「伝えたい気持ち」。


CEPAGEを始めて15年目の春、国境を越え、楽しみを連れて。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございますっ。

今頃、もうドイツですか(=゚ω゚)ノ?
初の海外CEPAGEに向けての準備も大変だったであろう忙しい中、
足を運んでいただいて本当にありがとうございました。
母からも電話があり、『とても素敵な女性!また帰ったらゆっくり話すわぁ〜』と大喜びで言ってました(^o^)
母も伯母もみほさんとの出会いに感謝☆
どんな女性もみほさんの魅力に惹きつけられる!素晴らしいですっ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

よろしくお伝えください。

☆ちーちゃん

素敵な伯母様、お母様をご紹介くださってこちらこそありがとうございました。

次回はお時間をお作りいただき、お食事でもご一緒させていただきたく。

お母さまからいただいたおせんべいが「男前」っていう名前で、ドイツに行く電車の中で食べました。
伯母様も、お母様も、そしてちーちゃんも皆さん美しいけど男前だなって思いながら。

デュッセル村

☆鍵コメ y-じゅんちゃん

デュッセルドルフ、おぼろげな記憶がどんどん蘇ってきた。 ケーのあたりの賑わいも懐かしく、駅から日航ホテルがそういえば近かったね。和食やさんやスーパーの充実度は昔よりもはるかに凄かったです。

デュッセルドルフのCEPAGEの様子のあと、観光その他を記事にするから待っててね。懐かしい景色もたくさん撮ってきたよ。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク