2014年春季特別講習 日本のワインで楽しむ春の和みごはん

2014年3月24日 和 セパージュ ① 008

季節を愛でる、望郷の想いをお皿に込める。 

異国で口にする和食は、緊張を緩和する働きもあります。












2014年3月26日 和セパージュ ② 001

① アルガーノ ヴェント 勝沼醸造株式会社 甲州

② おたる デラウエア  北海道ワイン株式会社 デラウエア

③ TSUNO WINE ROSE DRY 都農ワイン キャンベル・アーリー

④ 無添加ワイン 赤中口 酸化防止剤不使用 株式会社アルプス コンコード


2014年3月24日 和 セパージュ ① 011

箸置きは小さな桜。


2014年3月24日 和 セパージュ ① 013

広島の親友が持たせてくれたネコ柄のテーブルセンター。


2014年3月24日 和 セパージュ ① 016

辛口甲州と、中甘口のデラウエアの飲み比べから。


2014年3月24日 和 セパージュ ① 018

前菜は大鉢、大皿で4種類。


2014年3月24日 和 セパージュ ① 023

「きゅうりとイカとセロリのなめたけ和え」


2014年3月26日 和セパージュ ② 006

「海老と卵のポテトサラダ」


2014年3月26日 和セパージュ ② 007

「ホワイトアスパラの梅ネギソース」


2014年3月24日 和 セパージュ ① 020

「クレソンとちくわ、芽ひじきの柚子わさびポン 酢の物」


2014年3月26日 和セパージュ ② 012

お皿にとりわけ、お代わり自由で召し上がれ。


2014年3月24日 和 セパージュ ① 027

「ヒラメのムニエル にんじんしょうがドレッシング」


2014年3月24日 和 セパージュ ① 028

「たけのこ和風ハンバーグ 味噌胡麻ソース」


2014年3月24日 和 セパージュ ① 032

「グリーンピースごはん」

2014年3月24日 和 セパージュ ① 037

「新緑パンナコッタ」 最後は熱いほうじ茶で〆。






和食を作ると思い出す。

祖母の白い割烹着、母の花柄エプロン。


私の体を作りあげた二人の愛情は、いつも台所の湯気の中。





生まれ変わったら、大家族のお母さんになって毎日たくさんのご飯を作りたい。

そんな思いを包丁に込めて、これからも野菜を刻みます。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホワイトアスパラの梅ネギソース食べてみたい!

みほさんはわたしたちの胃袋を満たしてくれる大通り友の会のお母さんだよ(笑)

母、頑張ります。

☆miyaya さん  

友の会のご近所チームの皆様に、このフランスのホワイトアスパラを抱えて帰りますのでお楽しみに。

梅ネギソースは、アスパラはもちろん、トマトサラダにもから揚げにもマカロニサラダにも応用自在。

私が帰るころには大岡川の夜桜も完全に散ってしまっていると思いますが、私の分までみんなでしっかり、夜回りお願いしますね。





春~ですね

ピノミホ様
春爛漫のテーブル。素敵ですね!ホワイトアスパラガスは懐かしいフランスの春の味です。和食アレンジはさすがですね。あ~食してみたい!3月は思いのほか駆け足で、私は毎日チクチクと布と糸にまみれています。外はすっかり春なのに…
ピノミホさんのように春満喫の作品、頑張ります!

ご無沙汰しております。

みほさん、ブログにコメント書くのが久しぶりになってしまいましたが、いつも読ませていただいています。
それにしても、パリから日本、そして日本からパリに行き来される時の荷物が気になります。毎回ワインを何本も持っていくのですね。お疲れ様です。

お料理もおいしそうです。大家族のおかみさんという来世もいいですが、ぜひ、現世にて「ミホさんヴァン・ア・ビストロ」をやって欲しいです。

がんばってくださいね!

猫にゃんのセンター、喜んでもらえて嬉しい!

とらちゃん、みほちゃん、カズタ君のこと思い出しながら選んだの。

広島でもなにかねこちゃんないかなぁ♪

ホワイトアスパラ

☆Char さん

ホワイトアスパラが朝市に並ぶようになると、春が一気に加速しますね。

先日行ったドイツでもホワイトアスパラを買ってきたので、フランス産と食べ比べてみたところ、ドイツ産のほうがややお味がしっかりしているように感じました。フランス産も4月5月、もっとお値段が下がったら毎日のように食べ続けようと思っています。

春からのChar さんの新たなご活躍、ブログを楽しみに拝見しますね。楽しみながら頑張ってください。



先日。

☆Lazyelephant さん

こちらこそご無沙汰すみません。最近はFBで、Lazyelephant さんのブログの更新がUPされるので、すぐに飛びついて読ませていただいております。

先日、何年か前にLazyelephant さんとご一緒した14区のビストロに行ってきました。
その時にランチした生徒さんが、ツイッターでLazyelephant をフォローしていると言っていました。

日本へ毎度持ち帰るワインは多いと50本を超えることもあります。税金を払っても、日本未入荷のワインをこちらから持ち帰りたい想いが強くて。 日本からこちらへは、8~12本ぐらいです。和食のレッスンは2~3クラスの実施なので。
ワインをギリギリの重量まで詰め込むため、私のスーツケースは車輪が割れたり、持ち手が取れたり、毎度瀕死の状態となっています。




テーブルセンター

☆さつきちゃん

ニャンコのテーブルセンター、色も質感もそしてデザインもとっても可愛らしくて、下に敷くクロスはどんなものでもなじむような気がしました。 こんなに可愛いものを私たちのことを想って探してくれてありがとう。

広島CEPAGEまであと1か月半。毎日いろいろなことを考えています。
お皿やガラス器の写真を見せてもらったことで、より具体的にお料理を決めていけるので助かっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大歓迎です

☆鍵コメ U様

初めまして。コメントありがとうございます。

CEPAGEにご興味をお持ちいただき、大変嬉しいです。さっそく4月の空席情報をメールでご案内します。

お会いするのを楽しみにお待ちしております。これからどうぞよろしくお願いいたします。

No title

いつもとっても素敵なテーブルですね。
今回は、素敵な和食器においしそうな和食。
今、和食器に夢中な私は、興味津々で見せていただきました。
中甘口のデラウエアのワインなら、アルコール苦手な私でも飲めるでしょかね。

私は、生まれ変わったら、ピノミホさんの子供になって
毎日、美味しいお料理をいただきたいです(笑)

和食器

☆夢人さん

ヒラメのムニエルを乗せた長細い皿と、グリーンピースごはんの写真の左側に写っている皿が、立杭焼です。
他にもいろいろ、もう10年以上昔に揃えたものを長年愛用しています。

中甘口のデラウエアはアルコール度数は10%で、非常に軽いです。
お酒をあまり召し上がらない女性向けだと思います。

生まれ変わったら私の子供になってくださるなんて、うちの息子が聞いたら「やめたほうがいい」と言いますね。 息子の好物はおそらくから揚げとオムライスと親子丼なのですが、昔から彼の中の1番は「納豆ごはん」らしいです。母の料理よりも何よりも納豆ごはん。フランス生まれでもパンよりコメが好きな子です。 
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク