青空が笑う日

2014年4月9日レゾンブル パッシー 006

アルマ橋を渡るとき、エッフェル塔から雲が生まれていた。

夜もいいけど、昼もいい。

セーヌの風を肺いっぱいに吸い込んでみる。











2014年4月9日レゾンブル パッシー 037

緑に覆われたケ・ブランリー美術館の最上階へ。


親子3代

この日、待ち合わせしたのはパリ郊外在住の可愛い生徒さんご一家。

お母さまY子さんは日本からいらして、2週間ちょっと、フランス滞在。


EちゃんとY子さんはCEPAGEへ、Aくんは子供パンレッスンにご参加いただいてます。
親子3代で私と関わってくださる大切なお友達。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 010

専用のエレベーターでレストランに到着。 ガラス張りの屋根、壁の横にはエッフェル塔が至近。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 018

コースのメイン、Eちゃんと私は牛ほほ肉の煮込みと春野菜を選択。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 021

デザートは、パリブレスト。キャラメルクリームが手前に添えられて。


テーブルでえみちゃんと。

開放感あふれる、ゆとりある空間でゴキゲンランチ。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 030

食事のあとは、テラスに出てエッフェル塔を背景にたくさん写真を撮りました。

Y子さん、ごちそうさまでした。お土産もありがとうございました。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 005

EちゃんとAくんは、夕方からサッカーがあるため、先に帰宅。

Y子さんと二人でぶらりとお散歩。 炎の彫刻を眺めながらメトロへ。


メトロの駅、ゆりこさん

横浜に詳しいおしゃれなお姉さま。ミハマのサンダルがとってもお似合い。


シェーズロング

9番線でミュエットまで。 さっそく雑貨屋さんをチェック。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 043

パッシー通りを、右に左に。試着室であれやこれやと盛り上がり。

パッシープラザの裏手、「THE COOL」で、お茶タイム。


ブロカント前

小道を入った古道具屋さんも気に入っておられました。


2014年4月9日レゾンブル パッシー 050

再びメトロに乗って、セーヌを超える。

窓に張り付き、喜びを素直に表現してくださる。

モンパルナスで郊外線に乗り換えるY子さんを改札でお見送り。





一緒に楽しむ、一緒に笑う。

パリの「お供」は、自分も楽しい。


気に入った眺め、気の利いた小物を、同じように良いねと言ってくれる人と味わう。





ゲストの目の輝きが、パリを常に塗り替えてくれる。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一度行ってみたい

ミホさん覚えてくれていましたか。
年度が替わり職場の移動もあったりでバタバタしていました。
時々チェックはさせてもらっていましたが、何時も目の保養になっています。
妻に昔の知人がパリにいることを紹介しました。
ヨーロッパは遠いので一度も行ったことがありませんが、
フランスに行ってみたいねと言っています。その時にはよろしくお願いします。
以前、エッフェル塔を観るベストポジションを教えてもらったのを思い出しました。
5月に広島ですか。車で1時間半位ですが近いようで遠いような。
7月半ばから8月上旬にかけてであれば白桃のベストシーズンなんですけどね。

パリ行きたい

この美術館、前回行かれなかったんだー。
緑が多くて素敵ですね。
パリは都会なのに空が広くて気持ちよさそうです。
だんだん、また行きたくなってきました。

親子3代につながる関係、素敵ですね。
世代を超えて愛されるCEPAGEー☆

横浜のコラボ、楽しみにしています!

お待ちしてます

☆倉敷の友さん

奥様にもご紹介いただき、光栄です。ヨーロッパは確かに遠いけど、昔と違って今は直行便で13時間。
映画見て雑誌読んで熟睡できれば、機内もそうそう苦痛ではありません。

倉敷の友さんにお会いしたシンガポール便に比べると倍近い飛行時間ですが、ぜひ季節のいいときに
パリにお出かけください。

エッフェル塔を観るベストポジション、きっと私は「裏エッフェル」をお話したのだと思います。

岡山と広島はけっこう遠いんですね。今回だけではなく、これからも季節ごとに関西地区、広島で仕事ができたら、と考えています。白桃、よく冷やして。。。思い出すとよだれです。

ケ・ブランリー

☆ likisukeさん

この美術館は新しいだけあって、照明や陳列もモダンです。地上階にはカフェもあって、最上階のこのレストラン同様、パリの人々が美術を身近に味わいつつお茶を飲んでいる。

次のパリではぜひ行ってみてください。冬場になると、美術館を覆っている木々も枯れた味わいになりますが、今はここだけ、パリの小さな森になっています。

今回ご案内した生徒さんのママは、私たちよりほんの少しお姉さまで、辻堂にお住まい。そして、 likisuke ちゃんが卒業なさった大学に、お勤めです。(音楽関係)
いつか、日本のコラボでご紹介できると思います。

5月3日のコラボ、気合十分でいつも以上に盛り上がる予定です。よろしくお願いします。






私のために(笑)?

ミホさ~ん!
懐かしい我が家の近所の写真の数々・・・胸がきゅんとなりました。また行かなきゃ。

もちろん

☆Ms.てびち さん

この記事もそうだけど、少し前の、ワインの展示会に行った帰りに乗った94番のバスの中から、てびちさんのお住まい近辺が見えて、「どうしてるかなー」って思いだしていたところでした。

沖縄CEPAGEは10月~11月に実施予定ですが、その前に皆さんでパリ集合で、ぜひ。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク