水が運ぶ街 ~千葉県・佐原への旅

2014年5月2日 千葉・佐原 001

江戸情緒の残る小江戸・佐原へオトナの遠足。

水運を利用し、「江戸優り」と言われるほど栄えていた街。

連休後半突入前の、静かな駅舎で地図を受け取り。















2014年5月2日 千葉・佐原 020

利根川に繋がる小さな小野川がゆったりと流れ、江戸~明治の建築物が残る。


2014年5月2日佐原 001

老舗の蕎麦屋・小堀屋で名物「黒切り蕎麦」。

日高昆布で色をつけた蕎麦は磯の香り。


2014年5月2日 千葉・佐原 015

日本地図を作った伊能忠敬の出身地。

記念館を見学。川沿いの標識もこのとおり。


2014年5月2日 千葉・佐原 025

30分に一度、橋から水が川に落ちる「ジャージャー橋」。


2014年5月2日 千葉・佐原 034

可愛らしいおばあちゃまたちが船頭を務める川下り船。

舟を操って農業をしていた女性を十数年前に再雇用して始まったそうです。


2014年5月2日 千葉・佐原 029

舟からの眺め。川を滑る初夏の風。


2014年5月2日 千葉・佐原 050

江戸までこのあたりの海産物が運ばれ、江戸からはまたさまざまな商品が持ち込まれた。


2014年5月2日 千葉・佐原 059

日本酒の蔵、「東薫」見学。

屋内に飾られた大きなこいのぼり。


2014年5月2日 千葉・佐原 067

昭和40年代の大きなタンクが美味しい酒を醸し続ける。


2014年5月2日 千葉・佐原 002

佐原の街は石屋さんが多い。

その中でも特に目を引いたのは、これ。





横浜から、2時間弱、同じ関東圏内にこんな素敵な場所がある。

国内の、時代を遡る旅の楽しみ。 近年特に分かってきた気がします。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今年はこいのぼり見忘れた

横浜から2時間弱で、こんな素敵な場所があるのね。
一体私とどっちが日本に住んでいるのかわからないほど、
いろんな場所を観光しているね。
先日も地球の裏側(?)から手配して貰って、ありがとう。

こいのぼり

☆南姫さん

先日はこちらこそ、正面からがんがん話しまくりで大変楽しい時間をありがとう。
深読みしなくていい関係って最高だなとあらためて感じました。
もともと何でも言っちゃうタチだけど、同級生の前では特に激しく「素」だわ。

佐原は静かでいい街でした。以前行った川越に近いかなと思ったけど人出が全然違う。

現在東北の旅の最中だけど、こちらも静かでいい感じです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

成田のちかく

☆鍵コメ y-じゅんちゃん

佐原に向かうとき、ああ、成田が懐かしいと思いました。羽田とパリが繋がってから、成田便を使うことがなくなり。 

佐原はとてもいいところで、とくに平日だったこともあり、ゆっくり散歩ができました。
見上げる空も、流れる雲もすべてがのんびり。
ぜひお時間のあるときに行ってみてください。

素敵なイタリアンの一軒家レストランもありましたよ。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク