りんごとねぶたの里へ ~青森への旅 其の壱

2014年5月7日青森 009

石巻から仙台へ戻り、青森へ北上。

陸奥湾に臨む青森港に、大きな吊り橋とニッカのシードル工場A-FACTORY。









2014年5月7日青森 001

新青森の駅にて。こんなボードがあれば必ず写真を撮るのが私の習性。

2014年5月7日青森初日 シードル&和食 022

ねぶたの博物館、「ワ・ラッセ」見学。

2014年5月7日青森初日 シードル&和食 021

代々のねぶた師による見事な紙と電光の芸術。

ねぶたの前で

8月には、この北の街に活気がみなぎる。 

2014年5月7日青森初日 シードル&和食 031

港には静かな遊歩道があり。

陸奥湾をのぞむ

青森県観光物産館 アスパムの13階展望台。

左に津軽半島、右に下北半島。遠く北海道も見える。

2014年5月7日青森初日 シードル&和食 027

震災後、JRや旅行会社のポスターの言葉に注目。

旅することで見えてくること。

2014年5月7日青森 024

陽が落ちると一気に街は青い森になる。

2014年5月7日青森 022

津軽のりんごから作られるシードルの製造工程。

2014年5月7日青森 023

大きなタンクに作り立てのシードル、各種。

2014年5月7日青森 014

のどをうるおす、軽い発泡果実酒シードル。 青森から遠くフランス・ブルターニュを思いつつカンパイ。

2014年5月7日青森 016

弘前高杉馬肉のカルパッチョにはリンゴが刻まれトッピング。

2014年5月7日青森 019

青森県産ホタテのガレット。

2014年5月7日青森 031

2軒目は日本酒の飲める店。

「田酒」「喜久泉」「豊盃」の飲み比べ。

2014年5月7日青森 035

ホタテ半成貝のお刺身。 稚貝から1年以内のもの。磯の香り、たっぷり。

2014年5月7日青森 032

函館をしのぐ、イカのお刺身。 陸奥湾、おそるべし。

翌日は津軽の大昔を巡る旅へ。 其の弐に続く。


2014年5月14日機内 010

おまけは、パリの空港からの夏空。

青森から横浜に戻り、すぐに翌日広島へ。広島から横浜へ戻り、昨日夕刻パリへ帰り着きました。



来週から始まるパリのCEPAGEの準備を整えつつ、日本の記録を続けます。

今回も大勢の皆様にお世話になりました。ありがとうございました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パネルの顔だし、ここでもやってるやってる。笑。

パネルが、そこにある限り。

☆さつきちゃん

尾道のパネルもいくつか先の記事で登場するから待っててね。

駅と観光地にはたいがいあるね。フランスは、日本ほどはこういうのないんだけど、たまにワイン産地であります。もちろん見つけた瞬間にダッシュして顔入れてるわ。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク