猫が招く家

2014年6月20日セパージュ 011

息子がひとりで横浜へ帰って半月が過ぎました。

トラに話しかけながら、仕事を終えて宴会の準備をした金曜日。


常に人に囲まれているトラは、人見知りをまるでしない。

この日も、リアル・招き猫。







2014年6月20日吉田家高橋家宴会 002

大人はロワールのソーミュールの泡、子どもはシャンポニーでカンパイ。

2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 004

みんなが好きな居酒屋風ごはん。


2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 008

ブロッコリーにアボカドやカニカマ、コーンや玉ねぎ、ハムなど、具だくさんのサラダ。


2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 010

ズッキーニと茄子の揚げびたし。 大根おろしに黒七味をふって。


2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 015

写真を撮る間もなくみんなのおなかに消えた「餃子ピザ」の後は、にらじゃが。


トラを囲んで

窓辺の「別荘」に入れたトラに子供たちが群がっていく。

途中からは、別荘から出して一緒に転げまわる。


2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 017

沼津の鯵の干物も焼きました。

2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 021

もちろん、日本酒もスタンバイ。 Y家からいただいた銘酒「白鷺の城」。

2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 023

チキン南蛮は、から揚げと同じく我が家の人気メニュー。

2014年6月20日吉田家高橋家宴会① 026

白ワイン蒸しの鮭と、出汁を効かせた卵のそぼろでいくら混ぜご飯。

「おいしいよー」と3歳のKちゃんに言ってもらう。


集合写真

三脚にタイマーもセット、トラもカメラ目線で、いちたすいちは、にーっ!


2014年6月20日子供たちの絵 001

AくんとRちゃんが帰り際にくれたエッフェル塔の絵。



若い若いご家族、Y家とT家。

みんなしっかり堅実に子育てし、パリの暮らしも精いっぱい楽しんでいる。



世代を越えて、テーブルを囲む。

教わることが、常にこちらのほうが多い喜び。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

心がほっとするご飯

ピノミホさん、こんばんは。
またまた今日もおいしそうなメニューがてんこ盛りですね。
ピノミホさんのお料理は、とってもおしゃれで
でも、ほっとする優しさがありますよね。
きっと、ピノミホさんのお人柄なんでしょうね。

トラちゃん、いい表情してますね。
すっかり大人のにゃんこちゃんになりましたね。
トラちゃんは、別荘に入れるんですね。
うちのアッサムは、絶対にダメなんですよ。
どうしたらそんなにお利口さんになれるんでしょうか。

トラ別荘

☆夢人さん

いつも温かいコメントありがとうございます。猫のことについても、たくさん教えていただき感謝しております。

トラの別荘は、前回私が帰国した時、日本で通販で買ってこちらへ持ち帰り組立てました。日本と違ってこちら、窓に網戸がなく、うちのリビングからバルコニーに出た場合にはそこから、転落する恐れもあり、今まではトラがリビングに居る時には大きな窓をあけることが不可能でした。さすがに暑くてそうも言っていられず、対策を考え、
窓の幅にぴったりのこの「別荘」を購入しました。別荘のドアはいつでも開けているので
トラも好きに出はいりし、2階建てなので眺めも良いらしくかなり気に入っています。
「トラちゃん、ハウス。メゾン。」と言えば、ひとりですごすごと入っていきます。

アッサムちゃんは入らないんですね。立派なベッドや広い居場所があるし、なんと言っても夢人さんご家族にめいっぱい可愛がられてますから、別荘は不要なのでしょう。

トラは幸せモンだにゃ~

顔付きが少し変わったかな?

そうかにゃ。

☆南姫さん

はい、トラはみんなに可愛がってもらって大変幸せなネコです。
私も一日300回ぐらい、可愛い可愛いを連発しています。甘やかし放題。

顔つき、ちょっと大人になってきたでしょう。9か月って人間だと15歳ぐらいみたいなので、
人間で言うと高校生か。大人のようでまだ子供。そして、なまいき。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク