雨上がりの空 ~ブルゴーニュ・ボーヌへの旅 其の壱

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 024

パリから東京へ帰国して、10年ぶりにフランス上陸のまこちゃんと一緒にブルゴーニュへ。

彼女の爪のトリコロールに気合を感じる、カンパイの旅。





2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 004

土曜日の朝、GARE DE LYON駅からTGVに乗りました。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 009

ボーヌの駅から徒歩で街の中心にあるプチホテルへ。

途中見つけた、可愛いレンタサイクル屋さんの看板。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 013

ホテルにチェックインの後、すぐに向かったのはマルシェ・オ・ヴァン。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 044

10種類のワイン飲み放題+2杯のグランクリュ、グラスお土産つきの25ユーロのコース。

マルシェオヴァン

まずは地下から。 私たち以外に誰も居ない、貸し切り状態の大人のワンダーランド。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 018

朝市で調達しておいたおつまみ。 パリから持参した紙皿にセットすれば、どこでもプチ宴会。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 017

まこちゃんとは、日本でも常にカンパイをしてきました。今回のカンパイは喜びひとしお。

館長と

3年前それまでの館長ジル氏がリタイアし、今はクリスチャン氏が館長を務めます。

グランクリュ

グランクリュは50clだけ、機械でグラスに注がれます。

久しぶりのコルトン・シャルルマーニュに、うっとり。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 054

ボーヌは小さな城壁に囲まれた街。ワイン関連グッズのお店がたくさんあります。
ぶらぶらお散歩のあとは、カフェでのんびり。

時計を見ないで、たわいもないことを話す。


2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 058

突然、大粒の雹が降ってきた。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 063

10分ほどで空は回復。ホテルへ一旦戻り、19時に予約したレストランへ。

階段を降りると、古いワインカーブをそのまま内装に利用した空間。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 065

シャンパーニュでカンパイ。 あらためて、まこちゃん、フランスへお帰りなさい。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 072

エスカルゴやオマール、食べたいなと思うものを躊躇せず注文。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 079

メインはスパイシーな味付け最高の牛肉タルタルと、

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 078

ここに来ると必ずいただく、トリュフのパルメザンリゾット。

上に乗っているだけでなく、リゾットにも刻んだトリュフがたっぷり。

2014年6月28日まこちゃんとボーヌ 初日 084

帰り道、21時半ごろになっても、まだ空は明るい。



この10年、まこちゃんと私は、人生も仕事もいろいろあった。

それでも、またこうして、ここに一緒に来れるんだね。



小さなホテルの部屋のベッドに並んで転がったら、5秒で互いに眠りに落ちた。

友達はみんな、かけがえのない「恩人」。

あなたが居てくれたから、今の自分が笑っています。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私(たち)より年下かな?

まこちゃん、妖艶な感じだね。
あー人生で一度位、妖艶な女になってみたかったわ。
真逆の魅力(?)だからさ~・笑。

まこちゃん

☆南姫さん

彼女は私たちよりも、3歳下です。しっかりしてるけど、やっぱり可愛い妹的なところがたくさんあるの。

まこちゃんがパリに居たのは彼女が30代前半~中盤だった頃だけど、当時から目立つ存在でした。

妖艶ね、同性から見ても、なかなか中年になっても「艶」を持つ女性って少ないかもしれない。
その中で、彼女は常に自分自身の手入れを怠らないのが凄いところだと思う。

南姫さんは確かに妖艶とは違うけど、知性が突出してるんだから別の意味で凄いこと。
私も人生で一度ぐらい知的な人ねーって言われてみたいです。


ありがとう!!!!!

ピノちゃん

この日のマルシェのジャンボンペルシエ、サラミ、生ハム、チーズ
忘れられない(≧∇≦)
最高のブルゴーニュワインディングだったよ

ちょっぴり偉くなって(笑)また訪れたマルシェオーヴァン
感慨深かったわ

素敵な旅のプレゼントありがとう♡

また、きっと。

☆まーこちゃん 

ぱぱっと朝市で買ったおつまみを、まこっちがあんなに大喜びするとは想像を超えた反応でした。
ほとんど貸し切りの地下カーブ。楽しかったね、しみじみ。

グラスのリンスも・・・ちょっとじゃなくて、かなり、そうとう、偉くなったよ、まこっち。

また行きましょう。ワインがあるところならば、どこへでも。





プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク