ロゼで旅する真夏のフランス ~宇治CEPAGE

2014年8月3日宇治CEPAGE 011

8月3日日曜日、半年ぶり、2回目となる宇治CEPAGEを開催しました。

奈良CEPAGE終了後、県境を越えてもうひとつの古都へ。


静かに時を開閉する木製の門に、カオリちゃん手作りのボードが飾られて。




2014年8月3日宇治CEPAGE 001

宇治のテーブルはプロヴァンス柄と真夏の太陽・濃い目のイエローを重ねて。

2014年8月3日宇治CEPAGE 003

10名のゲストがゆったり座れる大きなテーブル。

2014年8月3日宇治CEPAGE 007

お部屋のあちこちに飾られた南仏風の小物。

フランス駐在時代に、パリや地方の蚤の市をたくさん回られたO夫妻。

2014年8月3日宇治CEPAGE 014

奈良CEPAGEと同じ5種類のロゼはすべてパリから。プロヴァンス風料理も同様に。

今回は男性のご参加もあり、10名で10本のボトルが空きました。

2014年8月3日宇治CEPAGE 015

和のテイストの大皿に盛り付けた「生ハムとねぎのマリネ」


2014年8月3日宇治CEPAGE 020

奈良は緑でしたが、宇治は京都産・黄色を使った「ズッキーニのツナボート」。


2014年8月3日宇治CEPAGE 031

懐かしい再会や、ずっと会いたかった初めましてなどなど、ロゼ色のグラスを手に会話が何よりのごちそう。

パリでO家に拾われた、ミュウちゃん。高貴なグレイと純白の美猫。


集合写真 ①

3時間の宴、盛り上がって終了。皆様の頬がバカンス明けに見えました。

この日はO家ご当主Kさんもワインを開けたり、お手伝いをしてくださいました。

集合写真 ③

大阪からご参加の生徒さんたちと。

集合写真 ②

福井県、滋賀県、大阪府、地元京都、宇治・・・ お集まりいただいたゲストの皆様に心から御礼申し上げます。

元気なサポートをしてくれたカオリちゃん、ケイコちゃん、今回もありがとう。

カオリちゃんはこの夏から、「PARFUM」という名前のランチとカルトナージュを楽しむ教室を始めました。

CEPAGEとは姉妹サロンです。応援よろしくお願いします。





昨年11月の奈良、今年2月の宇治、それぞれに時期をずらして開催した関西CEPAGE。

この夏は、ぎゅっと充実度を高めて、連続2日間の「夏祭り」。



3度目の関西も、地産地消とフランス食材、ワインの融合を目指していきます。

秋の遠征は、11月に広島が決定しています。

一緒に飲みたいワインを持ち、笑顔で食べていただきたい料理を作りに、どこへでも。





パリは永遠の移動祝祭日。

CEPAGEも、あなたの巴里になりたい。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

参加したかったです!

ピノミホさん、カオリちゃん、ケイコさん、

宇治セパージュ、お疲れさまでした。
夏らしい素敵なテーブル、私も参加したかったな~。

ウエルカムボードもワインのエティケットの柄で、
リボンの渡し方はエッフェル塔のシルエット風?
とってもおしゃれ!

カオリちゃんの新しい挑戦、応援しています。
みんなでがんばりましょう~^^/

抜群の連動で

☆Florileges*Sさん

奈良セパージュが、前回よりも片付けも何もかもスムーズで、すぐに宇治に移動できたおかげで、宇治の支度も当日も余裕を持って迎えられました。

カオリちゃんが作ってくれた新しい宇治ボード、とてもモダンで良かったです。

Florileges*Sさんのベルメルやメガネケースのレッスンも私もいつか参加したい。

頑張るみんなの後押しのおかげで、CEPAGEは成り立っています。
次は寒くなる時期に、奈良&宇治がまた楽しみです。







いっぱいの笑顔

皆さんの笑顔が、どんなに楽しかったか物語っていますね。

とても明るく楽しそうな夏らしいテーブル、素敵です。

広島ではどんなテーブルが良いかしら・・・と重ね合わせながら拝見させていただいてます。

11月広島セパージュ、楽しみにしてまーーす。

次の広島

☆さつきちゃん

奈良も宇治も、初回よりもさらに内容も進行も、働く自分たちの気持ちも今回2回目はさらにイイモノをご提供という決意が深くなっていました。

広島2回目も、前回を必ずしのぐ楽しさでの実施にします。

王子様とさつきちゃんが熱いフォローをしてくれるので、安心です。
また広島に行けることが何よりも嬉しい。広島の空気は抜群の癒し効果だもの。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク