2014年9月特別講習 アジアの風とフランス珠玉ワイン

2014年9月25日アジアご飯 003

9月後半、25日と26日にアジアンテイストの「おかず」にワインを寄り添わせるレッスンを。

つきだしは「いちじくとカプリスの胡麻ソース」。

ロワールの優しい発泡酒SAUMURと一緒に秋の宴の始まり。










2014年9月25日ワイン 002

①SAUMUR   LOIRE地方 

②MARIUS MICHEL CHAPOUTIER   LANGUEDOC-ROUSSILLON地方

③VINIFERA TOURAINE   LOIRE地方

④LIMOUX   LANGUEDOC-ROUSSILLON地方


2014年9月25日ワイン 008

テーブルを一足早く紅葉させ。

2014年9月25日アジアご飯 006

「蒸し鶏とレタスの梅サラダ」 コリアンダーを散らして。

2014年9月25日アジアご飯 011

「アンディーブとムールとわかめのマヨわさび和え」

2014年9月26日 レアワインとアジアご飯 007

「きのことたけのこのマリネ」 

パルメザンチーズと生ハムの毛布をかけて。

2014年9月26日 レアワインとアジアご飯 010

家庭でのおもてなしは、不足しがちな野菜をふんだんに食べていただくチャンス。

2014年9月26日 レアワインとアジアご飯 011

「いんげんとひき肉のピリ辛味噌炒め」

ショウガやにんにく、オイスターソースで濃いめの味付け。 スパイシーなワインと。

2014年9月25日レアワインアジアごはん 003

「なめたけきゅうりそば」

胡麻油できゅうりに下味。 お好みでラー油をかけても。


2014年9月26日 レアワインとアジアご飯 020

「ライチと桂花陳酒のゼリー」

2014年9月26日 レアワインとアジアご飯 024

お茶は生徒さんからいただいたルピシアのTOKIO。

緑茶にイチゴのフレーバーがほのかに。




「とりあえず」の言葉の後は、日本ならばきっと「ビール」。

それを「ワイン」に変えてみる。



ワインボトルを開け慣れる。 グラスを持つ手が自然になる。

ナイフ&フォークでも、お箸でも、料理の国境を越えておつまみを準備。



ワインの魅力は、意外なほど広い守備範囲。

今晩の、明日の1本があなたを待っています。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク