2014年11月3日 秋のドイツ&フランス 美食の森の散歩道

2014年11月3日ブーシェルセッティング 008

秋の3連休最終日は、横浜・白楽の欧州に近い場所、ブーシェルにてコラボの宴。

ドイツの森を歩く老夫婦のように、信頼感のあるビール、ワイン、料理が手を繋ぎます。






2014年11月3日ブーセパ開始前 001

毎回、あゆみマダム手描きの看板でお出迎え。

丸山夫妻

熱い職人丸山シェフ、ほんわか優しいマダム。

この二人と働けることが、コラボの醍醐味。

2014年11月3日ブーセパ開始前 004

乾杯のビールはフライング・ブルワリーの、オクトーバー・メルツェン。

ビール注ぎ

マダムのご指導で、ゲストがひとり1本ずつ、大きなグラスに真剣に注ぎ中。

2014年11月3日ブーシェルコラボ 004

「ティーヴルスト(ドイツ風リエット)とかぼちゃの種の黒パン」

2014年11月3日ブーシェルコラボ 009

この日のワインはすべてフランス製。 テキストに地図を挟み込み、学びの部分を厚くしました。

ドイツのビールのあとは、アルザスへ移動。


2014年11月3日ブーシェルコラボ 007

「ピルツ&ツヴァイベルクーヘン」 きのこと玉ねぎのドイツ風キッシュ。

2014年11月3日ブーシェルコラボ 011

丁寧に炒められた玉ねぎの甘みが、ワインと抱き合っていく。

2014年11月3日ブーシェルコラボ 022

続いて、サヴォワへ南下します。 アビーム村のジャケール種。

2014年11月3日ブーシェルコラボ 013

「ハーブと鶏むね肉のライスサラダ」

ヨーグルトやサワークリーム、オリーブオイルなどで作られたドレッシング。

ワイルドライスやしっとり柔らかい鶏肉との相性が見事。


2014年11月3日ブーシェルセッティング 003

地中海へ周り、ラングドック・ルーシオンの4品種混醸。

ジャンクロード・マスの愛犬をモチーフにした「ヨッパライのワンコ」ワイン。

2014年11月3日ブーシェルコラボ 019

テーブルに運ばれた瞬間に大歓声が上がりました。

「いのししソーセージのグリルと豆のポートワイン煮」

2014年11月3日ブーシェルセッティング 002

北上して、ボルドーへ。

1855年ボルドー格付け委員会の会長を務めるカステジャの「大いなる情熱」。

ボルドーワインの価格急騰に反して、究極の「カリテ・プリ」を示す。


2014年11月3日ブーシェルコラボ 025

「ゼゲディン・グラーシュとクネドリーキ(豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込みとチェコの茹でパン)」

2014年11月3日ブーセパ 007

山深い南西地方で〆の甘みを。

2014年11月3日ブーセパ 012

デザートは「ナッツのアイス インペリアルスタウト掛け」

2014年11月3日ブーセパ 009

アルコール度の高い黒ビールを、その場で掛ける技に、ゲストの皆様も大興奮。

集合写真

最後は36名のゲストの皆様全員で、「はい、ビール!」




ハロウィンが終わって、11月に入り、これからノエルに向けて日々が加速する。

四季を味わいながら、帰り道にあらためて横浜が好きになる。




ご参加いただいた皆様、丸山夫妻、いつもありがとうございます。

来年も楽しい散歩道を伸ばしていきますので、よろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

11月に来日されてたのですね
すごく楽しそうです
お料理・・・というかいろいろなもののコラボが・・

フランスは1度しか行ったことがありません
行ったというか1日滞在しただけです・・・
当時はワインを楽しむ年齢ではなかったので
いつか行ってみたいです

ワインの知識は全然ありませんが
お料理もワインも好きなので
いつも楽しく読ませてもらってます

トラにも会いに来てください

☆とら猫の母さん

10月後半から2週間ちょっと、日本に行っていました。
その間に夏時間から冬時間に変わったパリですが、今年も暖冬で、日本とほぼ同じような気候です。

フランス滞在、1日では足りないですね。お花屋さん巡りなども含めて、ぜひぜひ次はなるべくのんびりとお越しください。
うちのトラにも会っていただきたいです。
とら猫の母さん家のとらちゃん、いつもおりこうさんで可愛くて、写真にも文章にも癒されています。ネコを飼ってから、猫ブログばかり見ています。
どのお宅の猫ちゃんにも、親近感がわいて、ずっと元気でいてねと祈りつつ。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク