2014年11月8日 瀬戸内海の秋 広島&巴里 ワインと紅葉の散歩道

_K8P1223.jpg

5月に続いて2度目となる広島CEPAGE。

親友夫妻の多大な協力を得て、12名のゲストをお迎えしました。


日本の四季を色鮮やかに感じる美しい地、広島。

紅葉のように、皆様が頬を染める3時間半。










_K8P1147.jpg

志郎さん作のウエルカムボード。エッフェル塔と宮島が並んで。

_K8P1220.jpg

もういくつ寝るとノエルが来るの? 

志郎さん、さつきちゃん

フランス伝統生地、トワル・ド・ジュイのカフェエプロンをオーダー。

会場はSPACIA

 志郎さん&さつきちゃんが準備から当日、後片付けまで全力で。

_K8P1229.jpg

赤いバラは愛情、友情、どちらも豊かに。

2014年11月8日ボトル 002

フランス10大産地から、6つの地方を選びました。

乾杯の泡は、プロヴァンス。

アミューズ

アミューズ・グールは「生ハム柿」「リエットのカナッペ」「さつまいものポタージュ」

_K8P1415.jpg

1本目の白ワインは、アルザス地方、ネコのラベル。

_K8P1381.jpg

一皿目の前菜は 「鶏ささみとキノコの梅バルサミコマリネ」

フランスパンを持つ千代子さん

広島を代表するパン屋さん「アロフト」のフランスパン。

当日早朝に焼きあげたものを、ゲストとしてご参加の社長夫人が運んでくださいました。

_35E1768.jpg

2本目の白は、コート・デュ・ローヌ地方、シャトーヌフ・デュ・パープ。

法王の3重王冠にクロスした鍵の紋章。

_35E1710.jpg

2品目の前菜は 「地中海風ケークサレ」 トマトとバジルのソースを珊瑚のように搾り。

_35E1892.jpg

1本目の赤は、ボルドー。

シャトー・ラグランジュが隣村サンローラン村とキュサック村に新たな畑を持ち、2012年、初リリース。

_35E1840.jpg

メインは 「スパイシーミートボール クスクス添え」

パルメジャーノ・レッジャーノや、モロッコの調味料アリッサ、干しブドウもご一緒に。


2014年11月8日ボトル 006

2本目の赤は、南西地方。 黒ワインの異名を取る濃厚カオール。

_K8P1530.jpg

チーズはバスク地方、羊乳の「プチ・バスク」。

ジロールでクルクル、お花のブーケをめいめいに回し放題で。

_K8P1596.jpg

黒サクランボのジャムを添えて。

_35E1942.jpg

デザートワインは、ロワール地方。 皆様に大好評だったボンヌゾー。

_35E1996.jpg

デザートは「りんごのパウンドケーキ タルトタタン風」。

パリから名古屋に帰ってお菓子教室主宰中のリカちゃんにレシピ・作成をお願いしました。

_35E2022.jpg

最後のお茶は、ルピシアのフランス限定。 さつきちゃんのご提供。

集合写真

フランス周遊の旅、終着点は巴里から広島。

ワインが島を繋ぐ、人を繋ぐ。


_K8P1186.jpg

この街に、またすぐに。

優しい風が吹く広島は、巴里の隣りにあるみたい。



この日の写真は、プロのカメラマンYご夫妻にご提供いただきました。

温かい画像が大切な思い出になりました。ありがとうございます。



笑顔満開で、すべてのワインとお皿に盛り上がって下さったゲストの皆様、

今回も広島の実りへと楽しく導いてくださった志郎さん、さつきちゃん、


私は広島がとても好きになりました。 

また、逢いに帰ります。 ワインと、魂の栄養を抱えて。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とっても愉しかったですねぇ。
素敵な時間を、どうもありがとう。

みんなもとても喜んでくれてます。
また来てね。
母がお手伝い参加すると張り切ってますから。笑

老後は、パリのセパージュでもアシスタントさせてねぇ。

チーズのお花

チーズの花すてき!!!!!
セパージュのテーブルにはアイデアが一杯。
そのアイデアが、テーブルに華を飾るのですね。
鶏肉ささみとキノコの梅バルサミコマリネ
色のコーデイネイと味のコーデイネイト凄いです

素的な食卓、美味しいそうなワイン。
我が家の食卓にも取り入れたいです。

カフェエプロン素的に締めてくれてありがとう。

感謝!!

みほちゃん
今回も魅力満載巴里の香りをたくさん広島に届けてくれてありがとう!!
素敵な参加者皆様のおかげで、
楽しい幸せな時間をいっぱい戴けました!
感謝!!
次回が待ち遠しいです。

広島のシェフ

☆さつきちゃん

前回も素晴らしかったけど、今回も何も言わなくても先行して動いていただき、料理の流れやタイミングが良かったのはすべてさつきちゃんのおかげです。

前日、一緒におしゃべりしながらの仕込みも楽しかった。さつきシェフ、ありがとう。

次回はさらにお母様のお力もお借りして、みんなでおそろいのエプロンですね。
老後はもちろん、南仏で毎日一緒に6時間のランチでしょう。

ビタミン・エプロン

☆Tomo さん

今回もTomo さん作の華やかなエプロン、大好評でした。毎度ぎりぎりの納期でわがままな
お願いを聞いてくださり、本当に助かっています。ありがとうございます。

チーズのお花、前回もテット・ド・モワンヌという牛乳のチーズで、このジロール器でくるくるしました。とても好評でしたので、また今回は羊乳の別の味わいのくるくるをしました。

チーズもそうですが、テーブルで何か、お皿にトッピングもゲストご自身でしていただくと盛り上がるような気がしています。

なにからなにまで

☆ shiroさん

前回以上に今回はさらにリラックスしての広島CEPAGE。
志郎さんとさつきちゃんの段取りのおかげです。
おふたりがお声掛けしてくださった今回のゲストの皆様も素晴らしい方々でした。

椅子や食器の運搬からワインの管理、当日のゲストの皆様への気働きも、頭が下がる思いでした。私を講師としてというよりも、友達としてこれほどまでに温かく迎え入れて300%の力でお世話してくださるお二人に、御恩は一生かかっても返せないと思います。

年に2回は広島に行きたい。その目標を来年度も持ち続け、パリでも横浜でも頑張ります。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク