誰かと繋ぐ手

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 002

子供の頃、祖母に買ってもらった万華鏡が宝物だった。 

ひとりで長い時間、くるくる、くるくる、変わっていく小さな世界を見ていた。



東京駅の天井は、21世紀の万華鏡。

光が漏れる、何かが動く。









2015年1月29日母の手 001

1月29日木曜日、朝から宮城・石巻の母のもとへ。

5か月ぶりに手を握り、私をわからなくなってしまった母に笑いかける。

2015年1月29日お寿司 001

翌日の東北は雪の予報。叔母の家の孫たちも風邪をひいていた。

泊まる予定を日帰りに切り替え、1時間だけ、お寿司屋さんの小上がりで叔母と話をした。

こっくり煮えた子持ち鰈。 祖母も母も、煮つけが上手だった。


2015年1月29日お寿司 007

三陸の海を感じるお寿司。 

「みほも身体に気を付けて。また待ってるよ。」

駅まで送ってくれた叔母の優しい言葉をバスの中でかみしめる。

深夜に横浜に帰り着く。 

2015年1月30日千成寿司 002

1月30日金曜日、昼過ぎまでベッドにもぐっていた。

夕方、息子と地元の仲良しと3人で保土ヶ谷のお寿司屋さんへ。

2015年1月30日千成寿司 006

柚子の香りが利いた、貝類のぬた。

2015年1月30日千成寿司 009

お刺身から、和え物、煮物、焼き物、そして握っていただくまで、日本酒は心地よい友。

まわらないお寿司を初めて経験した息子は、大人の定義を少しだけ知る。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 004

1月31日土曜日、東京ステーションホテルのダイニング、ブラン・ルージュでランチ。

パリで20年前にお隣さんだった、ありちゃん。

てるこおかあさまの80歳のお誕生日お祝いに、私も招いてくださいました。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 013

「BLEU」と名付けられたコースのお品書きと共に味わう極上フルコース。

鯛のポワレに添えられた、春菊香るリゾット。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 018

コースの他に、ありちゃんが事前にアレンジしたのは、ご家族の思い出の味。

お肉ほろほろのビーフシチューは、お父様、おじい様もお好きだった1品。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 020

赤いプレート、白いお皿。昭和の良き時代を彷彿させるおめでたいカレー。

お母様は元気に、完食しておられました。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 030

てるこお母さまは、私の母と同じ石巻のご出身。

次の7月もありちゃんと一緒にパリへいらっしゃる予定。

ご承認をいただいて、大好きな笑顔を掲載します。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 033

ありちゃんが、私のために用意してくれた「頑張って」プレートのデザート。

2015年1月31日東京ステーションホテルダイニング 035

3人でニッコリ。 てるこお母さま、これからもずっとずっと元気でいてください。

2015年1月31日みなとみらい ゆまちゃんと 005

同日、夜はみなとみらいでお友達家族とお孫ちゃんも一緒に不老長寿の豚肉料理。

2015年1月31日みなとみらい ゆまちゃんと 007

2色の鍋に、野菜もお肉も、最後はうどんも中華麺も。

2歳のユマちゃんがすーっと手を繋いでくれた。 

2015年1月31日磯村水産 010

2次会は、24時間営業の海鮮居酒屋でホタテを焼く。

一日食べ続けた土曜日、生きる力は食にあり。



日本の24時間は、パリの1日とまったく異なる。

冷え込みは厳しくても、ここには青い空がある。


毎日、誰かと握手をしよう。 信じるものが見えてくるから。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

短い時間でもお母様と一緒にいられて良かったですね。
私の母はまだ元気ですが、残ってる時間を大切にしないと…
徒歩数分の場所に住んでいるのですが(笑)
それでも、時間が過ぎるのは同じですもんね。

お忙しそうですが、お体お気をつけて!

素敵な笑顔❗

初めまして。
私は、仙台の樋渡と申します。
母がてる子おば様と親友の仲です。亜理左ちゃんにはいつも素敵な時間と多くのサプライズで元気を頂いています!
三人の笑顔がとても輝いていて、見ているだけで幸せになり、また嬉しくなりました❗ありがとうございます❤

No title

たくさんの美味しいものを
楽しんでますね
見てると食べ歩きに出かけたくなります

羨ましい距離感

☆chibigureさん

お母さま、お元気で、そして徒歩数分の距離にお住まいなんですね。
それはどちらもとっても心強くご安心ですね。
うちの母がおかしくなり始めたのは、私がパリに行ってしまって10年目の夏でした。
50代から一人暮らしになり、時々パリにも来ていたし、元気にしているものと思っていたら、少しずつ壊れていってました。
元気な時にしてやれなかったこと、いろいろありすぎて切ないです。

今回の日本滞在もあと1週間となりました。もう1回大きな仕事をして、あとはトラにお土産を買って、底冷えのパリへ帰ります。

仙台から

☆樋渡恵久子さま

初めまして。嬉しいコメントありがとうございます。
樋渡さまのお母様とてるこお母さまがご親友、そしてありちゃんともご友人なのですね。

私はありちゃんがパリに住んでいた20年ほど前に、同じアパルトマンの14階と18階に暮らしていて、それ以来、ずっと姉妹のようにおつきあいしています。

偶然なのですが、てるこお母さまが石巻の渡波のご出身で、うちの母も石巻の河南、河北で育ち、現在は日和山に入院中です。

石巻から仙台へ、ミヤコーバスでさくらのデパートの前で降りてJRの駅舎に向かう歩道橋を歩く時、いろいろなことを考えています。
いつか樋渡さまもぜひ、パリにもお出かけください。



横浜よいとこ。

☆とら猫の母さん

1月末の横浜、美味しいもの召し上がりましたか?
次回は横浜で、猫談義をご一緒に!

明日は降雪予報ですが、交通網などマヒしないといいですね。
とら猫の母さん家のトラちゃん、あったかい場所でのびのびですよね。
うちの子にもあと1週間で会えるので、そろそろお土産買いだめしなくては。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク