2015年3月特別講習 フランスワインで楽しむパリの大皿和食

2015年3月20日大皿和食セパージュ 003

ワインは守備範囲の広いお酒。

弥生3月後半は2日間、パリで作れる簡単和食の特別レッスンをいたしました。


普段のおかずをワンヒントでおもてなし料理に昇格させるコツを。






2015年3月19日ワイン 002

①VOUVRAY LOIRE地方 2012年

②JURANCON SEC 南西地方 2013年

③SAUMUR CHAMPIGNY LOIRE地方 2013年

④PARALLELE45 COTES DU RHONE地方 2012年


2015年3月19日セッティング 011

テーブルは色を押さえて、淡い紺、グレイを基調にガラスの長方形皿をセット。

白い菊を飾った花器は、蚤の市で見つけたドイツ製の小さな水差し。

2015年3月19日セッティング 015

フランス語がプリントされた割り箸は、横浜で。


2015年3月20日大皿和食セパージュ 001

野菜もりもりの前菜3種。

2015年3月19日和食セパージュ 006

「にんじんと芽ひじき、ツナの梅ドレッシングサラダ」


2015年3月19日和食セパージュ 003

「ブロッコリーと卵、コーンのミモザサラダ フロマージュブラン風味」

2015年3月20日大皿和食セパージュ 008

「プチトマトとハムのジンジャーマリネ」


2015年3月19日和食セパージュ 020

2月に旅した島原・長崎で食べた味を再現、「あおさの温豆腐」。

旅先で買ってきた香り豊かなあおさを出汁で煮た豆腐にたっぷりと。

2015年3月19日和食セパージュ 023

いつもは巻きの堅いキャベツが主流のフランスも、春になると尖がった形の柔らかいモノが出回ります。

「春キャベツと海老のバター柚子胡椒炒め」

2015年3月20日和食セパージュ 007

1番人気は 「鶏のから揚げ ソースお好み焼風」

日本のソースをもみ込んだ鶏もも肉をジューシーに揚げ、
マヨネーズ、かつおぶし、青海苔、紅ショウガをトッピング。

「たこ焼き? お好み焼?」 テーブルに笑いがあふれます。

島原の武家屋敷通りで購入した骨董のお皿をデビューさせました。

2015年3月19日和食セパージュ 032

シメの炭水化物、〆タンは 「明太ペンネ」。

明太子をごろごろ使って、マヨ、バター、だしで味を整えました。


2015年3月20日和食セパージュ 016

最後の甘味は、「イチゴのきな粉マスカルポーネ」

マスカルポーネに生クリーム、キルシュ、お砂糖、きな粉をどっさり混ぜ込んで。



ワイングラスを持ちながら、「ビールもいいよね、日本酒もいいよね、焼酎もいいよね」と
酒談義が弾みます。

馴染んだ味わい、お箸を動かし、和食器を愛でる。


外はパリ、窓が熱気で曇る室内は懐かしいそれぞれの故郷。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野菜たっぷりですね~。
にんじんとひじきのサラダおいしそうだし、なんか私にも出来そう(笑)
にんじんってつい脇になってしまうんだけど、これだとたっぷり食べられますね。

ドイツ製の水差し、素敵ですね♪

No title

〆タン笑ったwwww((((T▽T)))
私も使わせてもらお~っと♥(笑)

色味を押えたシックなテーブルセッティングに、
鮮やかな色合いのお野菜のお料理がより一層映えますね♪
あおさの湯豆腐!@@
磯のとっても良い香りが、PC通して届きそうですよ~♪ヾ(*´Д`*)ノ

No title

パリでの和食
テーブルセッティングもステキです

「おもてなし」ってアイディアを無限に発揮できて
考えるのも楽しそうです

最近ちょっとだけワインを勉強中です

フランスの野菜

☆ chibigure さん

目の具合はいかがですか? 私もコンタクトやメガネ、シニアグラスの度数調整に毎度苦労しています。
どうかお大事になさってください。

パリのにんじん、日本のよりも不恰好で大きさもバラバラなんですが、なぜかすごく美味しいんです。
そして、シャキシャキ感が強い。これは太目のせん切りにしたんですが、ポリポリ浅漬け風でいくらでも食べられます。

乾物の芽ひじきも日本から持ち帰るのも簡単なので、ウチに常に常備です。

ドイツ製の水差し、3つとも買った場所も店も違うのにテイストが一緒なので並べるとお揃いみたいです。

標準語かと。

☆りえりん♪ さん

「〆たん」ウケましたか。北海道では使いませんか?美味しい〆たん=ラーメンがたくさんありそうですね。そういえば、ずっと前に北海道に行った時、海老のソースアメリケーヌ風の濃厚なラーメンを食べて感動しました。

あおさの湯豆腐は長崎の居酒屋さんで出会って、ぜひともパリへ連れ帰ろうと。
海産物の風味って、独特ですね。磯が目の前に広がるような。

桜子ちゃん、元気になってヨカッタです。

やっと。

☆とら猫の母 さん

頑張りすぎないおもてなしを提案したくて、気軽に「ちょっとごはん食べていって」な感覚を大事にしています。今回のも、満腹になってももたれないような。

5月にとら猫の母 さんとお会いできることになって、どきどき、嬉しいです。
いつか、猫同士も会えることを夢見ています。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク