ビールとチョコと優しさと  ~ブリュッセル&アントワープの旅 其の壱

IMG_1293.jpg

連休の多い5月のヨーロッパ。

5月23、24日の週末、隣国ベルギーへ旅してきました。


遠足に行く子供のように、数日前からワクワクの気持ちを抱えて。





IMG_1294.jpg

パリ北駅から、赤いTHALYSに乗ればブリュッセルまではノンストップ、1時間半。

ガイドブックを広げて、うとうとしているうちに列車はホームへ滑り込む。

この3月にパリからドイツ・デュッセルドルフに異動したKご一家がホームで待っていてくれた。


IMG_1296.jpg

すぐの再会を大喜びし、まず歩いて向かった先はジュ・ド・バル広場の蚤の市。

フランス、ドイツ、オランダなど近隣諸国から流れてきた雑貨が並ぶ。

ご家族そろって

デュッセルドルフからもパリからも、ブリュッセルはちょうど中間地点あたり。

1泊2日の家族旅行に私を混ぜてくれたNさん、A子ちゃん、Hちゃん、Yちゃん。

IMG_1320.jpg

蚤の市で1時間ほど興奮しながら雑貨を掘り出し、一路アントワープへ。

最初のお昼は「三辰」で、ちらし寿司。

IMG_1337.jpg

ベルギー最大のゴシック建築、1352年創建のノートルダム大聖堂。

「フランダースの犬」の舞台となった町にネロとパトラッシュが聞いた鐘の音が響く。

IMG_1325.jpg

柔らかい光がステンドグラスから差し込み、

IMG_1328.jpg

ネロが見てみたいと熱望していたルーベンスの「キリスト降架」。

最期に見ることができ、この絵の前で亡くなったと言われる。

IMG_1336.jpg

2003年、教会前広場に設置された「ネロとパトラッシュの記念碑」は希望と友情の証。

IMG_1338.jpg

チョコレート屋さんのウインドウには、日本語の文字。

IMG_1339.jpg

ブリュッセルのワッフルは、生地の表面カリっと。軽い食感。

IMG_1341.jpg

アントワープ市内の一軒家ホテルに宿泊。

早めに到着し、午前中の蚤の市での収穫をA子ちゃんと広げてみる。


IMG_1344.jpg

ホテルを出て、トラムに向かうとき見た夕方の空。

幅広の雲の帯に、小さな雲が乗っている。

ビール

シュヘルド川のそばのシーフードレストランで夕食。

IMG_1355.jpg

アスパラとホタテのポワレや

IMG_1356.jpg

ホワイトアスパラのリゾットや、

IMG_1357.jpg

ラングスティーヌなど、5人でにぎやかに囲むテーブル。

外はゆっくりと陽が暮れていった。




子供が巣立ち、ひとりになって、欧州を旅する機会は昔より少なくなった。

ベルギーも、十数年前、日本から来た母と当時小さかった息子と旅して以来。



ロフトの上から、Hちゃん、Yちゃんの可愛いおしゃべりが聞こえる中で、

穏やかな安心感と一緒に眠りに落ちた。





2日目に続く。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1時間半で隣国へ行けてしまうなんていいですね!!v-353
本場ベルギーワッフル食べてみたいです~
クリームたっぷりで美味しそう!!

子供の頃見ていた「フランダースの犬」
ネロとパトラッシュが
絵の前で天に召されてくシーンを思い出すと
今でも泣けてきます~

ほし~いい

エスカルゴの形の、エスカルゴプレート!
エスカルゴ、大好き!だけど、日本では、役に立たないのかな・・・
と思い直したNicoleでした。

ホワイトアスパラガス。
春の味覚ですね…。
Nicoleも、今回のパリでレストランで見つけて、即オーダーしました。

次回は、Miho先生と、乾杯できますように♬

食べ物の写真を見ておいしそうだな~と

少し前に節食障害気味になりましたが、食欲回復と同時に食べ物の写真をおいしく見られるようになりました。平たく言うと、食べたいなと。生きていく上で大事だね~。
もしかして、ビールも少し飲めるようになる気がする。まあ、焦らずに行きます。

いきなり甘党

☆うめ吉 さん

普段辛党のワタクシも、ベルギーではワッフルを楽勝に完食でした。
パリから1時間半、横浜から名古屋に行くぐらいの感覚です。
パスポートコントロールもないので、国境を越えるという気持ちはせず、電車に乗って、次の駅が外国。

今回久しぶりに行ってみて、こんなに近いならもっと頻繁にベルギー国内をあちこち旅してみたいなあと。

アントワープの絵のそばに、日本語でもネロとパトラッシュの解説が置かれていました。
あのアニメ、パリに帰ってからYOU TUBEで少し見ましたが、最後までとても見られません。



エスカルゴプレート

☆NIcole さん

パリで一般的に見かけるエスカルゴプレートは金属製でシンプルですが、これは初めてみました。焼き物の裏を見ると、17世紀から続くフランスの窯元みたいです。
6枚で売っていて、友達と3枚ずつ分けました。エスカルゴを焼く以外の使い道としては、絵の具のパレットのように、このくぼみにいろいろなお塩やマスタード、わさびやしょうがなどをのせて焼肉などのときにテーブルに出したり出来そうです。

ホワイトアスパラ、3月から出始めてこの5月の終わりでそろそろおしまい。
もう少しの間、もっともっと食べておきたいです。

私もNIcole さんと早く乾杯したいです。

自然な食欲

☆南姫さん

おっしゃるとおりで、生きていく上で「食欲」というのはとても大事。
今までどんなに苦しい時でも食べることで救われたこともたくさんありました。
近年、私の「食欲亢進」状態はハドメが効かなくなっておりますが。
ベルギーのビールはフルーティーなものがたくさんあったので、ビールの苦みやアルコール自体が得意じゃない人もきっと飲めるのかも。
無理せず、体が欲した時にちょっぴり飲むぐらいでいいかもしれないですね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク